スタッフブログ スタッフブログ

コマースデザイン スタッフブログ

「楽天3980円ライン」出店者の何%が参加?開始後どうなった?検証レポート

こんにちは、坂本です。

突然ですがクイズです!楽天の「3980円以上で送料無料」が予定通り3/18に始まりましたが、出店者全体のうち、何%の店が参加したと思いますか?楽天の方針変更で、送料無料ラインの「除外設定」もできるようになりましたよね。調べてみたら、驚きの結果でした!詳しくは本文をご覧ください。

これまで坂本は、楽天の「3980円送料無料」について、公取とプラットフォーマーの関係データ経済圏をめぐる各モール&携帯キャリア大手の争いなど、大局的な見地から記事を書いてきました。
関連記事:2020年、EC業界の展望と「中小事業者は何を考えるべきか」前編

今回は、これらの動きの中で「一般のネットショップがどんな状況になっているか」「楽天の動きによって普通のお店はどんな問題に直面しているのか」といった局地的な部分についてもご説明したく、この記事を書くことにしました。(一緒に「コロナショックその後」についてもレポートしてみます)

といっても、記事の内容は、おおむね弊社のコンサルタントが手分けして作ったものです。現在、弊社のコンサルタントは、クライアント店舗に状況をうかがったり、相談対応や提案を行ったりしてバタついているので、坂本が代理でまとめている次第です。

細かい情報も色々あるのですが、この記事では、ざっくり全体的な動向をお伝えしていきます。

詳細を見る

ベテラン店舗は注目。意外と弱い「スマホ対応」、典型的な対応漏れはココだ!

スマホ対応

いま、Eコマースは「スマホで買う」のが主流ですよね。だから、店側も、PCよりもまずスマホページをきっちり作り込む必要があります。

・・が、分かっているのと実際にできているのとは違うんです。私達は普段、中小事業者に対してECコンサルティングをしていますが、実は、「スマホ対応できているつもりで穴だらけ」というケースが少なくありません

たとえば、今月から月商数千万規模のお店のコンサルティングが始まりましたが、その店については、まずは「スマホ対策」からご支援中です。なぜなら、これまでも店舗さん自身で勉強されてはいたのですが、スマホ対応漏れが沢山見つかったからです。

目下「本当にやるべきスマホ対応」をガリガリ進めているところです。徐々に効果も表れ、私たちとしても手ごたえを感じてます。そう、スマホ対応漏れは伸びしろですから、やればキッチリ売れるんです!

ということで今回は、ベテラン店舗の「典型的なスマホ対応漏れ」について、弊社の過去の記事を紹介しながら解説していきます。スマホ表示を簡単にチェックできる、作業効率アップツールも紹介しますので、ぜひご活用ください^^

詳細を見る

都内の山で、「餅つき」してきました!【コマースデザイン登山部活動報告】

登山部餅つき

こんにちは、コンサルタントの鳴瀬です。

世間はコロナの影響で、いろいろ大変ですね。当社でも私を含め多くのメンバーが在宅勤務しています。自粛閉塞ムードであまり最近外出できていない、という方も増えていると思います。
子どもたちも休校の影響で家にいることが多いようですが、公園などで遊ぶのは、環境的にもよいようで、最近は外で遊ぶ子もよく見かけます。

今日は、私も、落ち着いたらまた出かけたい場所での社内レクリエーションについての記事です。

先日(といっても昨年晩秋ですが)、当社登山部withファミリーで、山でお餅つきをしてきました。
実は、当社「登山部」ネタは密かに人気があり、前回の焚き火会への感想をお寄せいただくことも多かったのです。ECビジネスノウハウやニュースだけでなく、こういった当社スタッフの活動を通し、よりコマースデザインを身近に感じていただけると嬉しいです。

というわけで今回は、第一回の「登山部の活動記録」第二回の「焚き火会」に続く、社内イベント第三弾!またまた有志が集って開催された「餅つき登山」の模様についてお届けします。

詳細を見る

新型コロナによる「中小EC事業への影響」とは?

コロナウイルスの影響で何もない棚

こんにちは大辺です。久々にブログを書いております!

弊社は日頃、中小規模のEC事業者・ネットショップのお手伝いをしているわけですが、お話ししていると、中小ECの仕事のいろんなところに「コロナウイルスの影響」が出ているなーと思います。

たとえば新入学・新生活のシーズンは、入学準備用品、セレモニー用の洋服(ママスーツなど)、送別ギフトなどが動く時期ですが、いまは売れないですよね。そこで今回は、こういうものが売れなくなった・・こういうものが売れてきているといったメモを書き出して、簡単にまとめてみました。

あくまで個人的な経験と観察に基づく話で、統計に基づいたことではありませんが、何かのご参考になれば幸いです。

詳細を見る

動画のライブ配信がマストな理由と、はじめ方のコツ【世界のブログから】

動画配信

こんにちは!コンサルタントの足立康太こと、アダティーニョ※です。
※アダティーニョって誰?という方は、前回のブログをご覧ください。

YouTubeや動画配信チャンネルの普及で、私たちはスマホで動画を見ることにかなり慣れてきました。
ECでも、ライブコマースがありますが、イマイチ上手に使えないという声も多いですよね。
ライブコマース、中国では普及しているけど、日本ではなかなか浸透していません。ただ、これから5G時代に突入すれば、改めて見直され活用され始めるのではないかと思います

今回はDuct Tape Markeing社のMr.John Jantschの記事を紹介します。Duct Tape Marketingはアメリカで、中小企業を対象にマーケティングを中心としたサポートをしている会社です。代表のジョン・ヤンツ氏はTEDでスピーチをしたり、著書も高い評価を受けています。

今回は、そんな、ライブ配信について書かれたブログをご紹介します

詳細を見る

「3980円送料無料」確定。楽天新春カンファレンス2020発表の要点まとめ

こんにちは、川村です。ブログにはたまの登場ですが、近況としては最近息子(4)が通う幼稚園で、初めてママさん友達ができました。ぼっち卒業できてうれしい最近です。

さて、2020年、楽天市場はどんな方針でどう動くのか?昨日の楽天新春カンファレンスでの発表やトピックについて、参加した方の話を聞きつつ、まとめました。

最初に言っておくと、今回のカンファレンスでは「新しくて大きい発表」はありませんでした。ただ、話題の「3,980円送料無料ライン統一」については、予定通り3月18日からやると断言されました。先日、公取委が調査に動き出したところなので、何か横やりはあるかもしれませんが、楽天市場内には一般ユーザ向けの「3980予告」が、既に掲載されています。3/18という日付も明示されています。

ですから、価格設定や利益率計算など、本件の対応を先延ばしにしていた人も、いよいよ真剣に着手することをお勧めします。予定どおりだとあと1か月半しかありません(2月は少ないし)から、急ぎましょう。

詳細を見る

【楽天運営者必見】現場で役立つ!2019年のRMS新機能を厳選紹介

サンタ

メリークリスマス!コンサルタントの味藤です。
2019年も、もうすぐ終わりですね。今日のブログは、久々の楽天市場ネタです。
今年一番のトピックは、言わずもがな「全店舗での送料無料ライン統一化」でしたが、つい先日、来年2020年3月18日から施行されるとの発表がありました!楽天出店者の方は、この大きな変更へどう向き合っていくのか、いよいよ本腰を入れて対応していかなければいけないですね。
とはいえ、日々の運営は続くもの。ショーだけでなく、商売も、「マストゴーオン」です。
こうした大きな出来事に振り回されながらも、毎日の店舗運営はできるだけ楽しく効率的に行いたいものですよね。

そこで、元楽天店長の私味藤が、
2019年にRMSでリリースされた新機能の中から「コアだけど実務に超便利」なものをピックアップしました!

既にリリースされているものなので、もう活用している方もいらっしゃると思いますが、見落としている機能がないかどうか、ぜひチェックしてみてください。現場の皆さんの店舗運営がちょっとでもラクになりますように。ささやかなクリスマスプレゼントになれば幸いです。

ネットショップの職種を(企画運営/オペレーション/商品管理)と分けてそれぞれご紹介します。

詳細を見る

値上げしても買ってもらえる?セール依存を脱するための3つの考え方

価格競争

こんにちは、コンサルタントの味藤です。

楽天スーパーセールに、Amazonサイバーマンデー等々。モールに出店していると、こうしたモール主導のセールイベントは、「せっかくの機会だから参加しなくては!」「こんな時こそ稼がないと!」と、値下げやポイントアップの準備をして臨むネットショップ運営者の方も多いのではないでしょうか?

ですが、値下げの効果は一時的なもの。その時は売れても、セールが終われば潮が引いたようにお客さんもスーッと引いてしまった・・・という経験をされた記憶、ありませんか?
値下げの分、利益も減りますし、無闇な値下げはお店にとってプラスにならないことが本当に多いです。
誰しもなるべく利益の残る商売をしたいもの。しかし、店側が望む価格でお客さんが買ってくれるわけではありませんよね。特に仕入れ型小売り店の場合は、他にもその商品を売っているお店があるわけですから、
競合店の方が値下げしていれば、なかなか売れませんよね。お客さんは他でもっと安く買えるのですから。

価格競争は、当然お店が疲弊する売り方です。でも、セールイベントに限らず、これから年の瀬に向け、年末商戦が加速していきます。止めるわけにはいかない・・・でも、消耗する前に、安売り依存を脱却して、利益を残す道を考えてみませんか?
今回は、「価格競争」「セール依存」に別れを告げるヒントとなる5つの記事をセレクトしてご紹介します。

詳細を見る

マーケティングで絶対に使ってはいけない言葉【世界のブログから】

ニューヨークの某カレー大食い選手権で入賞

はじめまして!コンサルタントの足立康太ことアダティーニョです(あだ名です)。

私は海外生まれで、人生の2/3を日本以外の国で過ごしてきました。一番長く住んでいたのがニューヨークで、アパレル店の店長やMDをしていました。

冒頭の写真は、私がニューヨークの某カレー大食い選手権で入賞したときの、思い出のものです。

今後、シリーズ企画として、私から、海外のお勧めブログ記事を翻訳してお伝えしていきます。題して【世界のブログから】。分野としては、ビジネスやマーケティングで「中小企業に役立つ情報」「ユニークな考えやアイデア」が中心になる予定です。これから宜しくお願いします。

さて今回は、 Mr. Jim Connollyの記事を紹介します。Jim Connolly氏はイギリスの人気ブログの著者で、弊社と同じように、中小企業を中心にマーケティングの支援をされています。彼の著書やインタビューはウォール・ストリート・ジャーナルやBBCをはじめとする媒体に取り上げられ、ブログも、「英国のマーケティングブログベスト10」などにも選出されているほどです。

詳細を見る

残業撲滅!?早く、効率良く仕事を終わらせるための4つのポイント

ネットショップの仕事効率化

こんにちは、コンサルタントの鳴瀬です。
「働き方改革」という時流はあれど、ネットショップの現場では、夜中まで煌々と明かりが灯っている・・・なんてことはないでしょうか?
定時に仕事を切り上げるなんて無茶だと諦め、体力頼みで、毎日踏ん張ってお仕事されているEC担当者の方もいるのでは?
実は、私の同僚コンサルである元1人店長は、まさにその状態で、当時はよく終電で帰っていたそうです。。。

自分もチームも、仕事に追われっぱなしで帰れていないな・・・」と自覚がある方や、「自分の仕事は遅いんだろうか?」と悶々とされている方に読んでもらいたいと思い、このブログを書きました。
今回は「仕事を早くするコツ」をテーマに、マインドの持ち方から実践方法まで、具体的に紹介した記事をまとめて紹介します。

「作業の速さ」は能力に依存するかもしれませんが、「仕事の早さ」は個人の能力差は関係ありません。正しいやり方を把握してさえいれば、誰でも再現できるんです。
コツを身につけ、仕事が早く片付く店舗運営を実現しましょう。そして、今より早く帰りましょう!

詳細を見る

このブログについて

中小ネットショップ専門のコンサルティングを行う「コマースデザイン株式会社」の社員ブログです。

値引きや広告に頼らない販促施策を中心に、小さな会社や1人事業のための業務改善・組織運営術など、経営全般にわたって支援をしています。

RSS登録メルマガ登録

当社について

Eコマースの運営ノウハウ本を出版し、10回以上増刷されて業界で1位のベストセラーとなりました。

弊社の知見や取り組みは、NHKなど多くのメディアでも紹介されています。

ネットショップ運営相談室

サイト内検索

代表ブログ

コマースデザイン社長ブログ「ECバカ一代」