スタッフブログ スタッフブログ

コマースデザイン スタッフブログ

楽天オプティミズム2019 参加レポート

楽天オプティミズム2019

こんにちは、ディレクターの小杉です。
7月31日~8月3日にパシフィコ横浜で開催された「楽天オプティミズム(Rakuten Optimism) 2019」に参加してきました。
今回、行けなかった方や参加を見送った方向けに、当日の様子をレポートします。

尚、当日発表された「送料無料ラインの統一」など、楽天市場まわりのニュースについては、別途記事を準備中です。またメルマガでご案内します。

2019/8/9追記:「送料無料ラインの統一」の記事をリリースしました!
楽天「3,980円送料無料」から、「私達の居場所」について考えてみた

詳細を見る

【進捗あり】去年からの楽天方針について「楽天オプティミズム」前に簡単におさらい

楽天方針について

今週水曜から、「楽天オプティミズム」が開催されますね。
例年は、「楽天EXPO」として開催されていた出店店舗向けのイベントが今年は大きく様相を変え、一般向けの大きなイベントとして実施されます。楽天市場の「戦略共有会」についても、同イベント内で開催されるようですが、こちらはさすがに出店者限定とのこと。

先日、今年の新春カンファレンスで発表された今後の戦略・方針について、久々に情報が出てきましたので、ご紹介します。

楽天独自の配送システムである「ワンデリバリー構想」に関して、今後の流れがより具体的に公開されました。

  • 「共通の送料無料ライン」の導入が検討されている
  • 楽天スーパーロジスティクスの関東運営拠点増設の予定
    など、確認必須です!

さらに既報の続報だけでなく、楽天の「新たな取り組み内容」についても併せてアナウンスされています。RMSアプリのリリースなど、担当者にとっては重要なトピックが含まれます。

下半期の新たな発表の前の、進捗共有という感じかと思います。オプティミズムでの戦略共有会前のおさらいとして、進捗を把握しておきましょう。

※なお、全トピックの詳細は、6月27日に楽天よりサポートニュースでアナウンスされた「ユーザー利便性向上にむけた店舗運営支援施策についてのお知らせ」をチェックください。

詳細を見る

富士の麓に抱かれて、「たき火」をしてきました!

こんにちは、コンサルタントの鳴瀬です。

今回は、先日お送りした登山部の活動記録に続く、社内イベント第二弾!
有志が集まって開催された「たき火会」の模様についてお届けします。

なぜ「EC運営ノウハウ」だけでなく社内イベントについても発信するかというと、「みなさんに私たちのことをもっと知ってほしい」から。

当社に興味を持っていただいた方には
「コマースデザインには、どんな人たちがいるの?」
と、聞かれることがあります。
そこで、社内のスタッフの様子もたまにブログでお届けしています。
(かなり不定期ですが^^;)

実際に、前回の登山部のブログがきっかけで、クライアントさんやセミナーでお会いした方から、「山登ってるんでしょう?私もなんだよね!」と共通の話題が生まれることもあり、知ってもらえるのはうれしい事だなぁと!

そこで今回も、当社紹介の第二弾として「たき火会」をご紹介。
EC運営に関するお話ではありませんが、当社の雰囲気を知っていただければと思います。

詳細を見る

値上げすべき? 迷っているうちに赤字かも。使える「利益管理」方法を紹介

送料や仕入れ原価、モール手数料など、ネットショップでものを販売するために必要な経費は、どんどん値上がりしていますよね。
当社コンサルティングのクライアントさんからも、「値上げ」にまつわる相談はとても増えています。
経費が上がれば、当然利益が減りますから、こうした経費の変動に合わせてことある毎に価格も見直しが必要です。
価格の見直しをせず、うっかり放置していると、気が付いた時にはほとんど利益がなくなっていたり、赤字になっていたりするんです。
利益管理をないがしろにしたことで、店をたたまざるをえなくなったネットショップの話も、度々耳にしますよね。

「利益管理をしっかりしないと・・・」と思いつつも、ついつい税理士任せきりになっていたり、正しいやり方が分からなくてアバウトになりがち。

そこで、おすすめしたい利益管理方法が、「単品管理」をすること。
単品管理はシンプルに利益をキャッチでき、赤字を招く売り方にいち早く気がつくことが出来るんです。逆に、黒字を生み出す「金のタマゴ」のような商品がどれかも把握できます。
よって、赤字へのストレスのない日常と、よりお店を発展させるための成長原資を捻出できるようになるんです!しかも、難しくありません。

それでは、利益の単品管理について、ご紹介していきます。
サクッと限界利益を試算できるシートもご用意しました。ダウンロードしてご活用ください。

詳細を見る

満足度を上げるコミュニケーション。まずはメールの「色」を見直すべし!

こんにちは、川村トモエです。

ネットショップで使う文章には、大きく2種類あります。商品のアピールや売り込みに使う「セールスライティング」と、お客さんとのやりとりに使う「コミュニケーションライティング」です。

前者は言わずもがな、販促全般に関わる文章。後者は問い合せ対応、サンクスメール、フォローメールなどメールでのやり取りから、同梱チラシやQ&Aなど、幅広く使う文章です。

同じネットショップ運営に使う文章とはいえ、この2つの性質は大きく違います。今回から2回に渡って「コミュニケーションライティングについて」ご説明します。

※この記事は、筆者が「ネットショップ担当者フォーラム」に寄稿した内容を加筆・修正したものです。

詳細を見る

事前告知、初動に火消しも!トラブル、クレーム対応まとめ

こんにちは、コンサルタントの鳴瀬です。

週末、大阪でG20サミットが開催されます。一見、遠いように見えますが、実はこれ、ネットショップ運営者にとっても、大きなトピックなんですよね。この開催のための交通規制により、大阪の道路が封鎖され、荷物が届かなくなってしまうというのですから。。

こうした大きなイベントに限らず、気象条件などによる配送遅延など、自分では防げないものをはじめ、人的ミスでやらかしてしまうものこちらに非はなくてもお客さんの誤解から生じるものなどなど、トラブルには色々な種類があります。

そこで今回は、突然のアクシデントに振り回されず、対応できるようさまざまなトラブル対策の記事をまとめました。転ばぬ先の杖、また何か起きた時の「助っ人」としてお役立て下さい!

既に対応が済んでいる方がほとんどかとは思いますが、今回のG20対応に応用できるテンプレ集もご紹介します。EC運営者の方は、サイト内でのお客さんへの告知は既にされているかと思いますが、もしまだの人がいれば、掲載をお忘れなく!

詳細を見る

楽天スマホサイトのマイナーチェンジで、楽天ヘビーユーザーの離脱が増えるかも?

5/21に楽天市場のスマホサイト(ブラウザ版)で、「商品基本情報」の配置位置が変更されました。詳しくはこの後説明しますが、お客さんの目に留まる情報の順番が変わり、商品ページを開いたときに、まず商品画像を見て、次に商品基本情報が目に入るようになったのです。

一見、特段大きな変化ではないように見えますが、実際に変更後のレイアウトから買いものをしようとした時に、気づいたことがあります。

実は、以前より商品情報を見逃しやすくなってしまったんです。なぜか?

たくさん買い物をしている、楽天市場のヘビーユーザーほど陥りそうな、意外な盲点をお伝えします。

詳細を見る

やっぱり気になる検索順位!知っておきたい「楽天SEO」まとめ

こんにちは、コンサルタントの鳴瀬です。

ネットショップ運営の集客に欠かせないのが、「SEO」ですよね。このブログを読んでいるみなさんの中にも、「売れ筋商品の検索順位は、毎日チェックしている」という方は多いのではないでしょうか?

当社でも、楽天内での検索順位を毎日自動で記録できるサービスを提供しておりますが、多くの方にご活用いただいています!

とはいえ、順位を知ったところで、下がっていたらどうすればいいのか?「正直、今までなんとなくやってきた」、「昔やったきりそのままになっている」なんていう声も少なくありません。また、ここ数年のうちに、以前に比べ検索ロジックも考え方も変わってきています。

そこで今回は、「楽天SEO」実際の対策方法、また検索順位が落ちてしまったケース参考になる記事をお読みください。

詳細を見る

【楽天ペイ第三弾】導入後「ここが困る!」の声から考えた、問題の具体例と解決策

「楽天ペイ(楽天市場決済)」の導入が進んできました。この6月に切り替え予定となるお店も多いらしく、「全店舗の決済を楽天ペイに切り替える」という楽天の計画も、そろそろ佳境に差し掛かっているようですね。

ただ、既に切り替え済みのお店からは、楽天ペイの仕組みの中では、決済処理に関して、店側で対応できないことが出てくるという話が聞こえてきました。場合によっては、実際にお客さんとのトラブルに発展する事態も起きているとのこと。新しい仕組み(楽天ペイ)に合わせて、従来の顧客対応のやり方も変える必要があるのですが、皆さんそこに悩みながら対応しています。

このブログ記事は、こうした「楽天ペイ導入後、店舗で発生するよくあるトラブル」をピックアップし、対応方針を考えてみたいと思います。

  • これから楽天ペイに切り替わる方
  • 既に導入は済んでいるが、対応方針に絶賛悩み中の方

これらの方は、ぜひお読みいただき、対応方針を決める際の参考にしていただけると幸いです。

詳細を見る

その商品を引き立たせる訴求は、「憧れ型」「解決型」のどっち?

こんにちは、川村トモエです。

ネットショップで商品に興味を持ってもらうためには、まず、冒頭での商品アピールが重要です。「この商品を買うことで、あなた(または、あなたの生活)は、こんな風に良くなりますよ!」という「Benefit」(購入メリット)をお客さんに伝えることが必要です。(参照記事:「BEAFの法則」で売れるページを作ろう

※この記事は、筆者が「ネットショップ担当者フォーラム」に寄稿した内容を加筆・修正したものです。

詳細を見る

このブログについて

中小ネットショップ専門のコンサルティングを行う「コマースデザイン株式会社」の社員ブログです。

値引きや広告に頼らない販促施策を中心に、小さな会社や1人事業のための業務改善・組織運営術など、経営全般にわたって支援をしています。

RSS登録メルマガ登録

当社について

Eコマースの運営ノウハウ本を出版し、10回以上増刷されて業界で1位のベストセラーとなりました。

弊社の知見や取り組みは、NHKなど多くのメディアでも紹介されています。

ネットショップ運営相談室

サイト内検索

代表ブログ

コマースデザイン社長ブログ「ECバカ一代」