運営ノウハウ ネットショップ運営に役立つ、様々なノウハウを提供しています 運営ノウハウ ネットショップ運営に役立つ、様々なノウハウを提供しています

ネットショップ運営相談室 EC専門コンサルタントがお答えします。

伸び悩むメーカーEC。「商品数を増やさずに新しいお客さんを増やす」方法とは

メーカーECです。売上が伸び悩んでいます。商品数の少なさがネックかも・・でも、メーカーだから簡単に商品が増やせません。取扱い商品を増やせば状況は変わるでしょうか。どうしたらいいのでしょうか。

売上が伸び悩んだときは、商品を開発して増やすというのも一つの方法ですが、同じ商品でも、「新しいお客さん」が買ってくれるようになれば、売上が伸びますよね。今回は「商品数を増やさずに新しいお客さんを増やす」方法を紹介します。

商品を増やさずに「新しい客層」を開拓するには

売上が伸び悩むと、なにか打ち手がないか焦ってしまいますよね。特にメーカーECの場合は、仕入れ型のお店と違って、簡単に商品を増やせない・安売りをしづらいとお悩みの方も多いのではないでしょうか。

打開策の1つとして、「取扱商品を増やす」ことを試そうと思われるかもしれません。ただ、新商品を作る際には、お金も手間もかかるし、売れなかったときのリスクは仕入れ型のお店よりも大きいわけです。

でも今のままではじり貧。どうするか・・

まずは商品の種類を増やすのではなく、「お客さんの種類を増やす」方法を考えてみましょう。同じ商品でも、「新しいお客さん」が買ってくれるようになれば、既存の売上+新しい売上で、売上が増えるはずです。

メーカーECが新市場を開拓するための考え方

今ある商品を生かして、コストをかけずにお客さんを開拓する方法を考えてみましょう。

「売れる」キーワードを増やす

すぐに取り組めるのが「検索キーワードを見直して、新しいお客さんを獲得する」方法です。

…というと、すぐに「検索順位を上げる」ことが思いつくかもしれません。しかし、それは茨の道です。

まず、「実際に売上に繋がっているキーワード」を見極め、それを観察し、改善していくのが売上アップの近道です。この記事では詳しく触れませんが、以下の記事で解説しているのでご覧ください。

楽天の検索順位が上がらない・・・。検索対策に必須「○○キーワード」とは
https://www.commerce-design.net/knowhow/qanda/rakuten-search/

商品の「新しい用途・新しい客層」を見つける

実は、同じ商品でも、アピール方法を変えれば、別の商品になります。つまり、わざわざ商品を作らなくても、売り方を変えるだけで、別の商品になります。

メーカーECでは、同じ商品でも、「新しい使い方・新しい価値を提供」することで、全く違った市場を開拓し、新しいお客さんにアピールすることができるんです。

例えば、カラフルでふわふわしたゴムボールを想像してみてください。これは普通に売れば「おもちゃ」なので、想定するお客さんは「子ども(に買ってあげたい父母・祖父母など)」です。

これまでは子供用だったのですが、ある日「仕事中にボールをニギニギすることでリフレッシュでき、仕事の能率が上がるんだよね」という本来の用途とは違う「新しい使い方をしているお客さん」を発見します。そこで、ビジネス用のアイデア雑貨として発売したらヒット!おもちゃとは別の市場を開拓できました。継続してよく売れるようなら、ビジネスシーンで使われることを想定して、パッケージだけ変更してもいいですね。

ちなみに、このボールは実在します。子供用にもビジネス用にも使われています。

このように、Aという用途の商品が、実はBという用途にも使える(使われている)ことが分かれば、コストをかけずに商品の売り先を広げることができます。

商品の使われ方は、1つではありません。用途の広がりは、客層の広がりです。自社製品にはどんな可能性があるか、改めて考えてみてください。

※売上につながる新商品を作る考え方について、以下の記事でも詳しく紹介しています。興味のある方はどうぞ。

中小企業が「尖った商品」を作る3つのコツ
https://www.commerce-design.net/blog-staff/161216-3tips-newproduct/

「1人で考える」ことに限界を感じたら、誰かに相談

今回はメーカーECが新しいお客さんを増やすためのヒントについてご紹介しました。メーカーEC担当の皆さんは、「商品が増やせない」「しがらみが多くて身軽に動けない」など制限が多いように見えているかもしれません。

でも実は、不利な側面があるなら、必ず、不利を逆手に取った有利な側面が同時に存在するはずなんです。自分の強みが必ずあるので、意識して観察してみましょう。

でも1人でずっと考えていると煮詰まってきますよね…。もし、あなたの身近に相談相手がいないなら、当社のコンサルタントがお役に立てるかもしれません

過去、メーカーEC含め、私たちはいろんなお店の相談を受けてきました。メーカーECの新商品開発の相談にのることもあります。仕入れ型のお店と違って、簡単に商品を増やせない、安売りをしづらいといった難しさを抱えている店長さんも多いと思います。

しかし一方で、この記事でご紹介したような、メーカーECの強みを活かした売り方もできます。大きなチャンスもたくさんあります。ここでご紹介した以外の方法も沢山あります。私たちは、そういったご提案をしています。

メーカーECならではの強みを活かしたネットショップ運営について、一緒に考えていきませんか。ご相談は無料です。気軽に声を掛けてください。

その悩み、早く解決しましょう!

私たちの「ネットショップ向けコンサルティング」なら早く解決に近づけます。
このページを見て確かめてみてください。

具体的にどうするのか続きを読む