運営ノウハウ ネットショップ運営に役立つ、様々なノウハウを提供しています

アーカイブ: ネットショップお役立ちコラム

ネットショップの社長と噛み合わない

「社長と合わない」「仕事がキツイ」と感じるときの選択肢についてお話しします。 PR なぜ社長は、従業員にプレッシャーを与えるのか? 多くのネットショップの経営者(社長・オーナー)は、常に売上へのプレッシャーにさらされています。競争の激しい業界ですし、環境の変化もめまぐるしいので焦ることがあります。 また、経験の差があるにもかかわらず、自分の部下が自分と同じように物事を考えると思い込んでしまいがちです。 そのような事情から、従業員に対して振り回すような発言をしたり、無茶な仕事の …

ネットショップ業界で求められる人材

ネットショップ業界で「求められる人材」になる方法についてお話しします。 PR 「4年後の自分」を想像して下さい まず、「4年後の自分」を想像して下さい。 あなたは4年後の自分がどのようなスキルを持ち、どのようなキャリアを歩んでいるか想像ができますか? ネットショップ運営の仕事は、狭い中で似たような作業を何度も繰り返すところがあり、気がつけばあっという間に年月が過ぎ、あなたも年をとってしまいます。年をとった人材というのは、転職市場ではなかなか厳しいものがあります。「いい人材だと …

ネットショップ転職のコツ

「ネットショップ業界で転職を成功させるコツ」についてお話しします。 ネットショップの転職に際してはいくつかの選択肢がありますが、狭いEC業界、上手く渡り歩くためには様々なコツがあります。自分の進む方向性を事前にしっかり把握して、納得のいく転職にしましょう。 PR 他の店に転職する場合 商材によって業務内容が違います ネットショップは、取扱商品によって売り方や運営パターン、必要な業務が全く変わってきます。 例えば、オリジナルのアパレルや靴を扱う店では、商品撮影の仕事が非常に多く …

ネットショップ求人の探し方

ネットショップ業界で転職したい・働きたいと思った時、どこで求人を探せばいいのでしょうか。 一般企業の求人なら、各種求人サイトや転職支援サービスを利用すればいいのですが、ネットショップとなるとそう簡単ではありません。 実は、ネットショップ運営企業は、大手求人サイトにはあまり募集広告を出していないのです。 ネットショップ業界はまだ歴史が浅く、小さな会社が主体です。一方大手求人サイトは大企業の求人広告が主体なので、料金が極めて高い。なので、ネットショップの運営企業は、大手求人サイト …

転職ノウハウ

ネットショップ業界における転職ノウハウについて案内します。 ぜひ、ネットショップ業界全般で通じるスキルとキャリアを身につけて下さい。 ネットショップ求人の探し方 ネットショップ業界で転職したい・働きたいと思ったとき、どこで求人を探せばいいのでしょうか。おすすめの求人サイトや、各サイトの特徴について紹介します。 ≫詳細 ネットショップ転職のコツ ネットショップ転職にはどのような選択肢があるか。他の店に転職する場合、大手ECサイトへ転職する場合、ネットショップ支援業へ転職する場合 …

ネットショップのチャリティー企画についてまとめました

震災の影響で、お客さんの購買意欲が萎縮し、売上が低下傾向のお店が少なくありません。 しかし、復興のためにも健全に経済を回していく必要があり、そのためにも一定以上の売上は確保したいところです。 先日は義援金企画をご案内しました。今回は、被災地への援助と自店舗の売り上げを両立する企画として、店舗ごとに開催するチャリティー企画の内容例をまとめてみました。企画検討のご参考にしてください。 「対象商品」のパターン 全商品がチャリティー対象 期間中の総売上から○%を寄付、というもの。もっ …

震災義援金の案内バナー&案内文例を作りました

※このページは主に楽天出店者の方に向けて作られています。 先の東北地方太平洋沖地震の被災地へ向けた義援金を、貴店のお客様にお願いすることはできませんか?私たちが今、協力できることは、節電と募金。被災地の復興には、少しでも多くの募金が必要です。 ≫商品販売を伴うチャリティー企画の例はこちら 3/19更新:楽天ポイント・カード決済での募金が追加されました。モバイルにも対応。 楽天が義援金募集を開始しています。 楽天銀行 http://www.rakuten-bank.co.jp/ …

イベントメルマガの文例

メルマガを書くときのポイント 重要ポイントは、今だけ感&盛り上がり感。 当然、それを裏付ける論拠も必須です。カラ元気はお客さんに見透かされます。 重要ポイント ・具体的な数字を載せると、インパクトが出ます。 ・イントロで、早めに「今だけ感&盛り上がり感」を伝えましょう。 ・きちんと魅力を語ること。ここをサポると失敗します。 ・小ネタを入れると、可愛げが出て、反応がアップします。 ・福袋やセット商品の説明同様、イベントでも個々の商品解説が肝。 ・URL直前の一行が重要。つい見た …

商品紹介メルマガの文例

メルマガを書くときのポイント 重要ポイントは、素人にもわかる説明。そしてソソる感じ。 上手な自己PRのように、さりげなく商品自慢をする。 絶叫・連呼系のアピールはダメ。 メルマガの文例