スタッフブログ

カテゴリー: ネットショップの売上アップ の記事一覧

その1秒が売上を左右する!5分でわかる「楽天スマホページの表示高速化」

スマホページ高速化

こんにちは、コンサルタントの大邉です。

みなさん、スマホページの表示を早くする(=軽くする)のが、売上アップに役立つってご存じでしたか?

楽天界隈では、まだそれほど話題でもありませんが、最近、ブロガーやWEBマーケターの間では、「スマホページの表示をいかに早くするか」が議論になっています。なにせ、「表示が遅い」だけで、スマホのお客さんはどんどん離脱、検索の順位まで落とすような時代です。Googleも表示時間の計測ツール(後述)をリリースしました。EC業界も、そろそろ本腰を入れて考えていく時なのだと思います。

ということで、楽天向けに、技術に詳しくない方でも、5分でわかるように対策をまとめてみました。単純作業をやりさえすれば、着実に売上アップに貢献してくれるだろうお話です。対応の足がかりにご活用ください。(楽天出店者さん以外の方もどうぞ)

なお、便利な「チェックリスト」をご用意しました。抜け漏れ対策だけでなく、社内のスタッフさんや外注先に渡す用途としてもどうぞ!スキマ時間で進めてもらえば、ほどなく対応も済むはずです。

まず以下からダウンロードし、記事とあわせてご確認ください。
≫チェックリストを無料でダウンロード(要メールアドレス)

詳細を見る

その値下げ、待った!「眠っている価値」を起こす接客方法

こんにちは、コンサルタントの石黒です。

商品を売っていて、人から「ちょっと高いね」「〇〇円だったら買うのになあ」等と言われる事はありませんか?

これは、自分の商品に対して、(その価格に見合った)価値がないと言われている状態です。悔しいですよね!

私も前職のショップで、自信の商品が売れず、値下げして処分したことがあります。悔しい。多分この悔しさは、高値で売りたいというよりも、「分かってもらえない悲しさ」から来ているように思います。値下げしたら売れるんでしょうが、それは妥協です!

そこで今回は、私の体験談を通して、「どうすれば良さが伝わって、正価で売れるのか?」という課題について、考えてみたいと思います。

詳細を見る

ベテラン店ほど要注意!訴求は古いと売れなくなる

こんにちは、コンサルタントの小堤です。

弊社では、施策提案だけでなく、クライアントの皆さんから様々なご相談を頂いています。
その中でも、長年ネットショップを運営されているベテラン店から、以下のような売上低下のご相談を頂くことがあります。

  • 以前は楽天で一番売れていたのに、最近売上が落ちる一方だ
  • 何もしていないのに売上が落ちた
  • 後発店に売上を取られた

似たような境遇で悩んでいる方も、多いのではないでしょうか?

売上低下には、様々な要因が考えられるため、一言で解決策をお伝えするのは難しいです。ただ、ベテラン店の場合、特に「商品訴求が古くなっている」という傾向がみられるのです。

そこで、今回は「訴求が古いとはどういうことか」「古くさせないためにはどうすれば良いか」についてご紹介したいと思います。

詳細を見る

「リアル下克上受験」に学ぶ、忙しい社会人のための効率的な勉強方法

こんにちは、コンサルタントの佐々木です。

最近、電車に乗ると一生懸命勉強する学生の姿をよく見かけるようになりました。もう、受験シーズンなんですね。

私は以前、塾講師をしていました。そのため、毎年この時期は当時の生徒達を思い出します。その時、必ず思い出すのは、偏差値45から61に上がって下克上受験に成功した、とある生徒の顔です。そして彼の頑張りを思い出す度に「自分も、もっと勉強しなくては」と考えさせられるんです。

皆さんはどうでしょう。勉強を頑張っている学生を見て、自分も頑張らなくてはと考えさせられることってありませんか?

まあそうは言っても、一般的に社会人になると、忙しくて勉強の時間がなくなってきますよね。

ただ一方、短い時間でも上手に勉強をして、しかもきちんと実務に役立てられている人もいます。そんな「勉強のうまい人」を何人か観察していると、下克上を達成した先ほどの生徒の勉強と「同じ工夫」をしていることに気づきました。

そこでこの記事では「少ない時間で、うまく勉強するための工夫」をご紹介したいと思います。どれも今日から使えるちょっとしたコツです。お金も時間もかかりません。

・「勉強がなかなか成果につながらない」という方
・「新しい部下への指導」に当たる方
・はたまた、本当にお子さんが受験を控えている方

参考になる部分があると思います。ご一読ください。

詳細を見る

中小企業が「尖った商品」を作る3つのコツ

こんにちは、コンサルタントの佐々木です。

年末なので、日経MJの商品番付が発表されましたね。今年もいろいろな人気商品があり、iQOSやVR製品やポケモンGoなどが話題になりました。

ネットショップの業界でも、競争が激しい中で、「尖った商品」があり、それが「メディアに取り上げられる」ようなお店は、普通のお店より遥かに有利だと思いませんか。

尖った商品が欲しい。ただ、iQOSやVR製品やポケモンGoを中小企業が開発できるかというと・・難しいですね。では、小さい会社でも開発できて、売り上げに貢献してくれる「尖った商品」とは、どういったものでしょうか。

そこで今回は、「中小企業でも作りやすい尖った商品と、その考え方」についてご紹介したいと思います。まだまだ個人的な仮説ではあります。が、この方向性なら比較的作りやすいのではないかな・・・と想像しています。

詳細を見る

ファッションECに必要な写真とは?ユーザーが求める8つのカット

ファッションECの場合、「商品写真が一番大事」なのは言うまでもありませんよね。しかし、美しいモデルが着ている「なんとなく雰囲気のある写真だけ」では、商品を買うことが出来ません。

では、どんな写真を撮ればいいのでしょうか?撮影ポイントをネットで調べると「キレイな写真の撮り方」や「ポージング」などの情報ばかり、撮るべきカットについてまでは情報があまり無いようです。

そこで今回は、ファッションECサイトを運営していた頃の経験から「買い物でユーザーが知りたい8つのカット」について、シャツを中心にご紹介していきたいと思います。

最後にチェックリストも付いているので、ぜひ自店舗の商品写真と比較し、何が足りないか確認してみてくださいね。

詳細を見る

お客さんをライバル店に流さない!ネットショップの「探しやすい店構え」とは?

こんにちは。コンサルタントの石黒です。

先日、とあるネットショップで、「目当ての商品がおいてあるはず」なのに、 いくら探しても見つからず、他の店で購入するという事がありました。

とってももったいない話ですよね。しかし、本当の話です。

原因は、そのショップの「商品の探しづらさ」にありました。ユーザーの事を考えない、独自の店構えで探しづらくなっていたのです。

詳細を見る

「お風呂での思いつきを忘れなくなる」格安ツール

こんにちは、コンサルタントの佐々木です。

今日は、軽い話題ですが、私が発見した「沢山のアイデアが生まれるとっておきのツール(¥980)」について紹介したいと思います!

お風呂に入っているときは、名案が生まれますよね。

しかし、シャンプー中にアイデアが浮かんでも、体を拭く頃には、記憶が薄れてきて…リビングに戻ると、思いついたことすら忘れている。そんな経験ありませんか?風呂で生まれて風呂で消える。アイデアとは、湯煙のようです。

でも、もう大丈夫です。これからご紹介するツールで、もう名案を忘れないで済みます!手間もお金もかかりません。

この記事の後半では、ここから派生して、「全く商品を増やさずに新しい客層を開拓するヒント」もご紹介します。

詳細を見る

ネットショップ「名前をおぼえられるお店」と「そうでないお店」の違いとは?

こんにちは。コンサルタントの大邉です。

いきなりですが質問です。
皆さんのお店は、お客さんに名前をおぼえてもらえていますか?

お店を悩ませる”ネットショップあるある”の1つに、「お店の名前をおぼえてもらえない問題」というものがあります。

ご新規さんを獲得して、さあリピートだ!と意気込んだところで、「ネットで買った」「楽天かAmazonで買った」くらいの認識しかされず、我々お店の名前はさっぱり記憶していただけない、アレです。

※代表坂本もブログで触れています。
https://www.commerce-design.net/blog/archives/142

「おもてなし」に「ブランディング」にと、色々頑張っているのに、ここまでおぼえてもらえないものかと、悩んでいるお店も多いのではないでしょうか。

そんなゆゆしき大問題。どうにかならんのかと考えていたところ、「お店の名前はおぼえていない派」の妻の口から、ときどき、具体的なネットショップの名前が出てくることに気がつきました。しかも、ネットで買い物するときは、「まずその店を見に行く」という訓練のされようです。

これはリピート獲得の大きなヒントになるはず!…と背景を掘りさげていくと、その答えは、びっくりするほど単純な「仕掛け」にありました。

「名前をおぼえられるお店」と「そうでないお店」とでは、いったい何が違ったんでしょうか?

詳細を見る

このブログについて

中小ネットショップ専門のコンサルティングを行う「コマースデザイン株式会社」の社員ブログです。

値引きや広告に頼らない販促施策を中心に、小さな会社や1人事業のための業務改善・組織運営術など、経営全般にわたって支援をしています。

当社について

Eコマースの運営ノウハウ本を出版し、10回以上増刷されて業界で1位のベストセラーとなりました。

弊社の知見や取り組みは、NHKなど多くのメディアでも紹介されています。

サイト内検索

代表ブログ

コマースデザイン社長ブログ「ECバカ一代」