運営ノウハウ ネットショップ運営に役立つ、様々なノウハウを提供しています

ネットショップ運営相談室 EC専門コンサルタントがお答えします。

データを見ないで、勘で運営している方へ。そのままではいけない理由

実は、データを全然見ないで運営しているんです。
見てもよく分からなくて。やっぱりダメでしょうか。

そんな話をよく聞きます。 答えは、「はい」でもあり、「いいえ」でもあります。 教科書的には分析した方が良いんですけど、実際、調子が良い時には「勘と経験」だけで売れると思います。データを見なくても、勘が冴え渡って、やる事なす事よく当たるような感じです。
多分、お客さんの気持ちや市場動向を体で把握して「自然と分かる状態」なんでしょうね。そんな感じで調子が良いときは、細かくデータを見るよりは、勘と経験で動いたほうが、スピーディーかもしれません。

データが必要になるとき

しかし・・・その状態は、永続しません。環境は変わります。
お客さんも世の中も変わり、ご本人も年を取ります。
そうなってくると、勘に頼らず、データも活用した方が良くなってきます。

時間が経って環境が変わるなどして、それまで勘が冴えてたのが「割と外しがち」になってくると、途端に自信を失うものです。自分の感覚がもうダメなんじゃないかと思って、自分の判断全てに自信が持てなくなったりします。つまり、全部だめかも、などと大げさに悩んでしまうんです。弱気になります。

データが「冷静さ」をもたらす

でも、そんな時にデータを見ると、

  • 「確かにこの辺は変わったけど、この辺は今まで通りで大丈夫そうだ。」
  • 「この辺は、自分の勘は結構冴えているな」

等と、自分を客観的に見ることができるようになります。

勘と経験が冴えている方は、勿論、それはそれに越したことはないのですが、データも上手く使えるようになると、より安定した運営が長く出来るようになると思います。

大抵、経営の失敗は判断ミスです。それも、思い込みです。
データと勘を組み合わせることで、思い込みを減らせます。

分析を通して、安定した運営を

勘が冴えている間はデータを見なくても運営できますが、環境が変わったり、ライバルが増えたり、ちょっと逆風が吹いたときには、データ・分析は必須になります。分析をしないと、自分を信用できなくなったり、焦って変なことをしたり、道に迷ったりしてしまいます。

冷静な気持ちで、長い目で、先を見て店を運営するためには、やはりデータ活用や分析スキルは欠かせません。

なお、データの見方はいくつかパターンがあって、一旦、慣れてしまえば、どうと言う事はありません。大抵の場合、データの分析は、いくつかの観点の組み合わせです。あとは何度もやっていれば慣れてきます。

ただ、慣れるまではやはり不慣れな作業です。少しでも早く習得したいですよね。

弊社のコンサルティングなら、ひとりでデータを見て悩んで、時間を浪費せずに済みます
このようなデータの見方や、よりデータが分かりやすく分析できる考え方とツール、そして、担当コンサルタントが一緒になって御社のデータを拝見して、一緒に考えていきます。

環境が変わった、データの解釈で悩んだ、というときには、相談にのります。データだけでなく「見てくれている」「味方がいるという安心感」も、好評です。

「データとツール」で効率UP

弊社では、エンジニアとコンサルタントにより、「エクセルを使うだけでは作れないレベルの分析レポート」を、毎週提供します。これにより、自店の状況が手軽に、的確に把握できます。

そして、この分析レポートの読み方も案内します。「どこをどう見てどう判断すれば良いのか」まで、丁寧に教えてくれるコンサルは意外と少ないようです。しかし弊社では、図解を用意し、どのような場合にレポートのどの場所を見るべきか、丁寧にご案内します。

ただし、売上が小さい段階では、分析し過ぎないほうがいいです。なぜなら、過去のデータが極めて少なく、ヒントが少ないから。まずは施策を頑張って、売上を伸ばすことです。そうすると分析対象となるデータが溜まるので、そのあとでゆっくり分析することをお勧めします。弊社では、そのような形で「ある程度施策が進んでからレポートを見る」という流れにしています。

むしろ大切なのは、分析レポートより、編集や調査業務を効率化するツールです。
手でこまごまと調べたり編集していたものが、一瞬でできるようになります。弊社では社内にエンジニアがいるので、このようなツールを30種類以上開発しています。思いついたらすぐに作ってしまうので、イマイチなツールも混ざっていますが(^^;) 表に出さない画期的なツールが沢山あります。特にスマホ用のツール。皆さんからは、「これなしでの仕事は考えられない」と言われるほど好評です。

その悩み、早く解決しましょう!

私たちの「ネットショップ向けコンサルティング」なら早く解決に近づけます。
このページを見て確かめてみてください。

具体的にどうするのか続きを読む