スタッフブログ スタッフブログ

【用語集付き】新年度!スタッフ育成に役立つ、成長段階別コツまとめ

こんにちは、コンサルタントの鳴瀬です。
新年度が始まりましたね。

弊社の周りでは、真新しいスーツに身を包んだ新社会人が桜の下を歩く姿を見かけます。
新しいスタッフが入ったり、配置換えがあったりなど人事異動の時期ですね。
新しく部下ができる方や、昇進してチームを束ねるリーダーとしてスタートされる方もいらっしゃるでしょう。

新しいスタッフには、できることなら、なるべく早く成長してもらいたい!
でも、「人を育てる」って難しいですよね。「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ」うーん、難しい。自分も成長しなければ、教育や育成なんてとてもとても・・・

そこで今回は、そんな人材育成系のお悩み解決に役立つ記事をまとめました!

さらに、新人さんに配布できる、EC未経験者必携の「ネットショップ用語集(楽天市場用)」も準備しました!慣れている側にはわからないものですが、EC業務にまつわる用語って、意外と?と思うものも多いです。EC業務用語の解説をまとめたので、是非新人さんに渡してあげてください。手元に置いて自ら調べて自己解決できるので、聞かれるたびに先輩が業務の手を止めて答えずに済みますよ!

ネットショップ運営に役立つTipsが満載 無料メールマガジン配信中! 詳しくはこちら

1:新人必見!成長を早めるトレーニング方法

リーダーや上司など「教える立場」としては、できることなら早く育ってもらいたい。
でも、これは「教わる立場」も同じ。新人だって、早く成長してバリバリ活躍したい!と思っているもの。

ただ、急激な成長なんて、そうそう望めません。
でも、成長に繋がる観点を押さえておくことで、誰でも成長速度を上げられるとしたら・・・?

実は、早く成長するためのトレーニング方法があるんです。
ぜひこの記事を印刷して、新人さんに渡してください。(冒頭でご案内した、用語集とセットでどうぞ!)

≫人材育成の課題。初心者が「早く中級者になる」ためには?

2:祝・新リーダー!初めて教育係を任されたあなたへ

去年までは、「教わる側」だったけれど、今年度から「教える側」になったという方もいるでしょう。昇進おめでとうございます!

教わっていた頃は、「もっとわかるように教えてほしい」と思うことも少なくなかったのではないでしょうか?
でも、立場が変わり、「教える難しさ」を感じている頃では?伝えることはたくさんあるし、でも中々思うようにいかず、試行錯誤を繰り返していませんか?

「教育係」というのは、多くの場合、自分の仕事+αの役割。
つまり、自分の仕事がなくなるわけではありませんよね。
自分の業務で成果を求められるプレッシャーもありつつ、つきっきりで新人教育・・・
こんなことでは、あっという間に一日が過ぎ去ってしまいます。

何か手はないか・・・と考えているあなた。
それなら、セルフサービスで「育つ仕組み」を作ってしまいましょう!

≫スタッフが育たない…。限られた時間と予算の中でも出来る工夫は?

3:どうもスタッフが協力してくれない・・・挫けそうなあなたへ

既存チームの中で、リーダーに抜擢されスタッフをまとめる立場になった方もいるでしょう。

しかし、個性も考え方も異なるメンバーを束ねて、チームで成果を出すのは、なかなか大変なもの。今までスタッフ同志で仲良く話が弾んでいたのに、「業務のMTG」になると、途端に沈黙…。

提案や意見なんかほとんど出ないし、心なしか視線が痛く感じる・・・なんていうことも少なくないんです。

こんな時の必殺技は、「会話形式で参加しやすくする」こと。
立場の垣根を取り払い、おしゃべりするつもりで話しかけてみましょう。

≫控えめなメンバーから、続々と改善提案をもらえるように!CSチームリーダーが取った「ある行動」とは?

4:新しい取り組みがしたいのに・・・「仕事を切り出せずいつも忙しい」リーダーへ

経営者や部門のリーダーは、常に先を見て、次の手を考えておかねばなりません。
「攻め」の仕事をしたいから、今の自分の仕事を部下に任せたい!身軽になれば、アレにもコレにもチャレンジできるのに!
・・・とここ数年ずっと思い続けて悶々としていませんか?

・こうして欲しいのに・・・なんだかうまく伝わらない!
・頼んでも、なんか違うからこれならいっそ自分でやった方が早い!

結局これの繰り返し、という方も多いのではないでしょうか。

しかし、難しいからと抱え込んだままでは、いつまで経ってもそこから進めません。
その仕事、この辺りで手放して、次のステージを目指してみませんか?

≫ネットショップの成長が止まる原因「仕事を振れない」「仕事を抱え込む」その理由と対策

まとめ

以上、教育や育成のヒントになる記事をご紹介しました。
かがでしたでしょうか?

育成する人も、される人も、目指す場所は同じ!「会社(お店)としてどんな状態を目指していくか」という同じ目的を共有し、そこに向けて頑張っていきたいところですよね。

スタッフさんに気を使ってしまい本音を言えず、一人で悩まれている経営者の方、社長からいきなりリーダーを任されて戸惑いを隠せず、これからの地図がほしい方。そのお悩みを弊社に聞かせてもらえませんか?
チームや組織のパフォーマンスが向上するお手伝いができるかもしれません。

≫月商規模が大きめの組織でも大丈夫!当社へのご相談はこちらから

この記事を書いた人

鳴瀬早紀
鳴瀬早紀
楽天SOY受賞の有名アパレルネットショップで運営を担当。店舗の広告塔として、メルマガやSNSなどでの販促やコンテンツ制作に従事する。特にメルマガでは、常時開封率25%以上を維持し、メルマガ経由の売上の引き上げに成功。また、イベント時のセグメントメルマガでは、開封率50%超えを叩き出すなど実績も多数。音楽フェスに参加すること、朝ドラ鑑賞が趣味。ビールが好き。

このブログについて

中小ネットショップ専門のコンサルティングを行う「コマースデザイン株式会社」の社員ブログです。

値引きや広告に頼らない販促施策を中心に、小さな会社や1人事業のための業務改善・組織運営術など、経営全般にわたって支援をしています。

RSS登録メルマガ登録

当社について

Eコマースの運営ノウハウ本を出版し、10回以上増刷されて業界で1位のベストセラーとなりました。

弊社の知見や取り組みは、NHKなど多くのメディアでも紹介されています。

ネットショップ運営相談室

サイト内検索

代表ブログ

コマースデザイン社長ブログ「ECバカ一代」