ECコンサル事例:一人店長で時間がない!コンサルって成果でるの?頭の中も業務も整い、攻めの施策に取り組めるように

今回は、自動車のパーツを扱うネットショップのECコンサルティング成功事例をご紹介します。こちらの店舗では、以前から「売上が伸びないが、なにから取り組んで良いかわからない」という課題をもっていました。

過去に他社のコンサルを受けたが、成果が出なかった

こちらの店はオリジナル商品を販売していて、当社にコンサルティングを依頼いただく前に、他社のコンサルティングを受けていました。しかし、

  • 意味がよく分からない専門用語で説明される
  • こちらの話を聞かずに、施策の提案をされる
  • 納得がいかない施策を進めようとする 
  • そして、上記により深い相談ができない

など、コンサル会社に対して少なからず不信感があり、コミュニケーションなどの問題もあって、うまく結果がでていない状態でした。
そこで、当社のコンサルティングをご用命いただきました。

店舗情報

業種
小売
コンサルティング継続期間
9ヶ月
MEMO
仕入れ商材とオリジナルの、自動車パーツを扱われているお店です。

【施策】まずは信頼関係の構築&「壁打ち」で、店長さんの頭の中と状況整理

当社は、上から目線ではなく、1パートナーとして寄り添いながら進めていく、コンサルティングのスタイルです。

過去に「相談できない」「自分の話を聞いてくれない」という、いわば「信頼関係のない状態」を避けるため、まずは以下2点を実施しました。
 

  • 担当の方の考えていることを、徹底的にヒアリング
    • 事業の状況、事業の展望、好きなこと&嫌いなこと
  • ただヒアリングするだけでなく、こちらからも自己開示
    • 当社が理想とするコンサルティング像(お店と併走するパートナー)
    • 担当コンサルタントの自己紹介など、価値観や人となりをお伝え
       
      人対人、何事もまずは信頼関係が大事ですよね。こうして関係性を構築した上で、「壁打ち」をして、店長さんの頭の中と、店舗の状況と課題の整理を実施。

じっくり話をお聞きしていると、「何から取り組んでいいかわからない」という前に、一人店長さんな上に、EC事業と並行して他の仕事もしており、そもそも忙しすぎて時間がないということがわかりました。

まずは、時間を捻出するために「業務効率化」を提案

一般的なECコンサルティング会社では、まず売上アップ施策を提案することがセオリーですが、あえて、時間の業務効率化を提案しました。

というのも、販促にとりかかるためにも時間がないことから、「今、優先すべきは業務効率化」ということがわかったからです。そこで、時間を捻出するための施策を進めることになりました。

一例として、すぐに効果の出る仕事環境の改善や、店長さんが「サムネイルを作るのが苦手」ということもあり、制作の外注化を提案しました。

次に、伸びしろが大きい「SEO」を提案

一方で、店舗分析の結果、集客に大きな伸びしろがあることがわかりました。
例えば、「ギフト需要の強い商品なのに、対応するワードが書かれていない」など、検索対策に穴があり、非常にもったいない状態でした。そこで、すぐに取り組めて効果のでる販促施策として、集客の穴を埋めるためにSEOを提案しました。

【結果】身軽になって、販促に取り組めるように。集客の穴を埋めて検索流入が増加

業務の外注化については、色々と落とし穴があり、むやみに探すと失敗してしまうこともあります。
今回は無事にいい方が見つかり、制作業務を委託し、身軽になることができました。

「これまで自分がやっていたことを他の方に頼む」ことは、最初は色々と不安や心配で心理的ハードルがあるもの。‥が、一度切り出してみると、「もっと早くやっておけばよかった」という声がとても多いです。苦手なことは自分でやらず、得意な人にお願いする方がいいですよね。

そして、委託で捻出した時間を使ってSEOを実施。
具体的には、基本的なキーワードの記入モレに対応したり、イベント対応として商品にマッチした「父の日」などのキーワードを追加しました。
日々の業務で店長さんはとても忙しい状態でしたので、着実に施策を実行できるよう、タスク管理を行い、運営をサポートしました。

これらの地道な作業をしっかり行うことで、徐々に検索流入が増加。お金をかけずに、これまで接点のなかったお客さんに商品を知ってもらい、売上にもつながりました

ネットショップの運営には、さまざまな悩みがつきものです。
上記以外にも、新事業の構想や社内システムについてなど、様々なお悩みについて、日々やり取りをしていました。
当社のコンサルティングは、チャットでいつでも相談できますし、ECのコンサルですが、ECに閉じず幅広く対応していますので、店長さんがお困りの際、すぐにサポートすることができます。

また、今回のように、コンサルティングの現場では、ご相談内容とは別の所に真因があったり、店長さんが気づいていない所に大きなチャンスが見つかる、ということはよくあります。

人間、自分自身を客観的に見ることは、なかなかできませんよね。
そこで、私達の出番です。「第三者視点からプロの意見を聞ける」「話をじっくり聞き、実情にあった提案をする」「困った時にすぐに相談できる」ことで、お店の理想実現のために、現状に即した施策を二人三脚で進めることができます

クライアントからの声

コマースデザインさんのコンサルティングの方針は、実に親切で一緒になってサポートしてくれているので、本当に安心してコンサルティングを受けられると感じています。

「チャットワークでいつでも相談できる」というのはとても親切だと思います。家族のような安心感があります。

あなたのための解決策もきっとある!

困った時は、私たちにご相談ください

あなたの悩みも、私たちが解決できるかもしれません。
お店によって、課題や解決策はそれぞれ異なります。下記のページでは、「御社の課題を特定し、どのような解決ができるか」についてご案内します。ぜひ見てみてください。