運営ノウハウ ネットショップ運営に役立つ、様々なノウハウを提供しています

ネットショップ運営相談室 EC専門コンサルタントがお答えします。

スマホの訪問客は増えているのに転換率が悪い。ありがちなミスと対策

スマホのアクセス数は増えているようですが、売り上げに繋がりません。スマホページを検討する時間もないし、後回しにしてしまっています。どうしたらいいでしょうか?

スマホで効果が出ない時は、いくつかの原因が考えられます。中でも多いのが「何もしてない」あるいは「スマホのページがPCと同じ見た目」というケースです。これにあてはまる場合、スマホページを作り変えることで、売上アップが期待できます。

なぜスマホで売れないのか?

EC市場においても、スマホ化率が年々高まってきています。なので、訪問者は増えている。だけど売り上げには繋がらない・・・。という、お悩みの声をよく聞きます。

また、「スマホページをどう作るといいのかわからない」「スマホに対応する時間を取れない」などの理由から、まだスマホ対策に踏み出せていない方も多くいらっしゃいます。

PCページをスマホ転用すると売れない

忙しい中でスマホ対応した場合、よくやりがちなのが、「PCページをそのままスマホページに流用」してしまうこと。でもこれでは、本来のポテンシャルを発揮できません。「PCページを流用したスマホページ」は、PCほどには売れないんです。

流用はラクですし、PCでは売上が良いからスマホも同じページで問題ないだろう。と思ってしまいますが、PCほど売れないんですよね。では、なぜPCと同じページでは、スマホは効果が出ないのでしょうか。

PCは広く、スマホは狭い

PCページとスマホページの違いを見ていきましょう。

  • パソコン:画面が広い。ヘッダーやレフトナビもある。
  • スマホ:画面が狭い。ヘッダーやレフトナビの表示がなく、基本的には一画面。

実店舗で想像してみてください。広い敷地と狭い敷地の2店舗で同じ商品を販売する場合、全く同じレイアウトや接客で物を売りますか?調整しますよね。

おそらく「広いPCページ」では、商品説明を熱く語って情報量が多いはずです。その文字量を、「狭いスマホ画面」に押し込めると、どうでしょう。スマホの狭い画面に文字がぎっしり詰まり、下の方まで延々とスクロールして見ることになります。スマホユーザーは途中で疲れてしまいます。

画像も同様です。PC用の画像は大きいですから、スマホだと重いです。画面サイズに合わず表示が崩れてしまったり、表示に時間がかかったりすることもあります。よって、見るのにストレスを感じてしまい、別のお店で探そう、と離脱してしまうのです。

これが、訪問客は多いのに売り上げがアップしない、という要因(の一部)です。

スマホユーザーが買いやすいページとは

ということで、PCページをスマホ用に流用することは推奨しません。スマホ経由売上を伸ばすには、スマホ用に、がらりとページを作り変える必要があります。では、スマホページで転換率をアップするためには、どのようなページにしたら良いでしょうか?

スマホECの利用シーンを思い浮かべる

まず、スマホユーザーの利用シーンを見ていきましょう。

スマホで商品を検索するシーンを想像すると、たいていは電車の中だったり、何かの空き時間だったり、これ欲しいな、と思いついた時などでしょう。基本的には隙間時間で検索するので、高速でサクサク見ていきます。

そのため、パッと見ただけでわかりやすいページにする必要があります。 商品ページにアクセスした最初の画面で、「探していたのはコレ」と、気づかせて興味を引きつけなければいけません。

スマホで見ても魅力が伝わるデザインに

そう思ってもらうためには、前述のように、スマホの小さい画面を意識した文字量や画像で、「スマホで見ても魅力が伝わるデザイン」で掲載することが大切です。

これは、単に商品の情報量を減らせばいい、というわけではありません。情報の濃度は同じまま、スマホユーザーが買い物をしやすい案内や写真など、接客の視点を少し変えます。

具体的なデザインをお伝えしたいところですが、商材やダーゲットによってやり方は異なるので、ここでは省略します。まずは身近な人にでもお願いして、今のスマホページで買い物をしてもらってください。商品の魅力は伝わっていますか?快適に買い物ができましたか?

「なぜ選ばれてきたか」を見直す

ちょっと抽象的な話ですが、「たくさんある店の中で、これまでやってこれたのは、沢山のお客さんに選んでもらえたからだ。なぜ選ばれたんだろう?どのようにして選ばれるのか?」といったことを、改めて見直すことをオススメします。

この「選ばれるための理由」こそが要点中の要点です。これが明確になれば、少ない画面でも、要点を強調して表現できます。そうすれば、スマホユーザーにも伝わるページづくりが可能になるはずです。

スマホ対応を支援します

PCページを流用するだけなら楽だけど、スマホページ制作は不慣れだから心配、という方は、私達にご相談下さい。

弊社のコンサルティングでは、他の施策と一緒に、スマホ向けの対策もお手伝いしています。お手伝いしているあるお店では、上記2点を意識して改善を行った結果、スマホ商品ページの転換率が140%にまで急上昇した、という例もあります。

スポーツで考えると、「覚えたばかりの技術をすぐに使えるようになる」のは難しいものです。最初は、誰でも間違えてしまいますよね。私達が一緒に取り組みます。今後はスマホでの売上が中心になりますから、いまのうちにマスターしましょう。スマホ対応の手順を説明するだけでなく、どうするか一緒に考えたり、仕上がりをチェックします。

下記のサービス紹介ページを見てみて下さい。私たちが何をしているか、何を目指しているかを紹介しています。お読み頂くと、不安が減り、前進しやすくなるかもしれません。

その悩み、早く解決しましょう!

私たちの「ネットショップ向けコンサルティング」なら早く解決に近づけます。
このページを見て確かめてみてください。

具体的にどうするのか続きを読む