実績 メディア掲載や過去の講演実績の一覧です 実績 メディア掲載や過去の講演実績の一覧です

ECコンサル事例:広告依存で利益が増えない…広告予算を大幅に減らして利益をアップさせた施策とは

今回は、オリジナル雑貨を販売するお店のECコンサルティング成功事例をご紹介します。
こちらの店舗は、以前から広告に頼った集客をしていました。しかし、利益を増やすために広告費を削減したい・・と考えるようになりました。

アクセス減に焦り広告依存に

この店舗は、「手作り感のあるオリジナルの雑貨」を販売しています。商品は、お客さんからのリクエストを取り入れながら製作されていて、顧客満足度も高く、長らく売上が安定していました。

しかし、ある時期から楽天の検索アルゴリズムの変化により、アクセス数が激減。それに伴い、売上も落ちてしまいました。そこで、アクセス数を回復させるため、踏み切ったのは「広告掲載」です。

それ以降は、検索順位が下がる度に焦って広告を出す、という状況が続き、気がつけば広告依存状態に。広告経由での売上は増えましたが、一方で広告費用がかかりすぎ、利益がなかなか増やせません。

何かできる対策はないかと、あるコンサル会社にも依頼をしましたが、任せっぱなしで何も身に付かない状態に、店長さんはハッとします。

そこで、今後は広告や他社任せでなく、自らが本質的なノウハウを身に付け、「利益を増やしていきたい」と考え、弊社コンサルティングにお申込みいただく事となりました。

店舗情報

業種
オリジナル雑貨
コンサルティング継続期間
1年4ヶ月
MEMO
オリジナルの雑貨を扱われているお店です。

店舗とお客さんのマッチングを高める

ご相談をいただいてから、まずは広告に頼らずアクセス数を回復するため、「お店とお客さんのマッチングを高める施策」へ優先的に取り組んでいただきました。

このお店が扱っている商品は、デザイン性が強く、感覚的に選ばれるオリジナル雑貨です。中でも弊社が注目したのは、『やっと思っていた商品に出会えました』という店舗レビュー。これは、商品を欲しいと思っている人がお店になかなかたどり着けていない状態、と考えられます。

つまり、このような商材を探すお客さんは、「欲しいもののイメージはあるけれど、それを言葉にしづらい(=検索しづらい)」ため、なかなか思っている商品へ巡り合わない、という傾向があるのです。

そこで、「欲しいけど探せない」「感覚的でイメージを表現しづらい」というお客さんにも訪問してもらえるよう、検索エンジンで露出を増やす施策をご提案。要は、楽天サーチ上で、商品を見つけやすいページへと改善していく方法です。

地道な作業でしたが、店長さんは根気強く、徹底的に商品ページの書き換え作業を重ねていきました。そして、アクセス数にも少しずつ変化があらわれます。

広告予算をぐっと落とし、過去最高利益を達成

店長さんの努力の成果もあり、商品を求める購買意欲の高いお客さんとのマッチング率が高まり、アクセス数が増加

それに伴い、広告費も徐々に削減し、月15万以上かけていた広告費を、1万円まで抑えることに成功しました。 また、広告依存を脱したことで、2017年は過去最高利益を達成。今後は、来店されたお客さんをより購入に繋げていけるよう、店長さんと一緒に取り組んでいきたいと思います。

今回の例のように、弊社では、広告による支出をおさえ、「安定したベース売上」を高めるといった利益改善施策をご用意しています。

広告と安売りを控え、博打をせず、着実に毎月のベース売上を高める、いわば「体質改善プログラム」。つまり、広告も企画もポイントも使わない状態、「何もしない状態での、普段の売上」を高めるための提案です。そして、ひとつひとつのお店の状況を見ていきながら、優先度の高い施策から順にご案内させていただきます。

クライアントからの声

お陰様で売り上げが上がっています。不透明だった広告費の削減も出来ました。施策の効果がしっかり実績に繋がりました。どうもありがとうございます。

御社のコンサルのおかげで、個人で運営していると判り難い楽天のシステム変更などの情報を、いち早く知る事ができ、安心して店舗運営ができるようになりました。一年後にはどう変化しているかわからない激動のWEBマーケットでは、売り上げを左右する情報を逃さない事も重要なポイントだと思います。

自己満足に陥りがちなマーケティング施策も、客観的な目線と実績に基づいた戦略で、店舗の改善点を的確に指導してもらえて、とても効率的だと思います。また、コンサル担当の方は受け答えが優しく、相談しやすいので助かっています。引き続きよろしくお願いします。

あなたのための解決策もきっとある!

困った時は、私たちにご相談ください

あなたの悩みも、私たちが解決できるかもしれません。
お店によって、課題や解決策はそれぞれ異なります。下記のページでは、「御社の課題を特定し、どのような解決ができるか」についてご案内します。ぜひ見てみてください。