「昔売れてた店」が復活する方法


こんにちは、坂本です。

また更新サボり気味ですが、元気にやっております。
久々の更新なので、今日は手短に。。

 

本題。
「昔売れてたネットショップ」が復活する道はあるのか。

えー、コンサルティングをしていますと、ちょいちょいあるご相談の典型で、「最近右肩下がりで・・」「○年前までは1000万売ってんたんですが今では半分で・・」というものがあります。

そういえば昔、ECC(楽天社員の店舗担当者)の人にも、こんなことを聞かれました。

Q.
「昔は良かったのに今はちょっと・・・」というピークを過ぎたような店のV字回復は、可能でしょうか?

A.
出来ると思いますし、それに立ち会ったこともありますが、昔と同じ環境にならない以上、同じ事をやってもダメなので、V字の左の線と右の線は、たぶん別モノですね。

.
Q.
じゃあ、やっぱり過去を否定することから入るべきですか?

A.
いや、過去なぜ売れたかを正しく把握してないから今落ちてるんじゃないでしょうか。昔は良かった、じゃなくて、「何が良くて売れていたか」。つまり、否定ではなく再評価から入る感じだと思います。

なんつうか、負けが込んできた時の典型的ヤバイパターンとして、「逆転ホームランを狙って色々やり始めちゃう」っていうのがありますよね。なんか画期的なノウハウに走るとか。ソーシャル的なやつとか。負けが込む=余裕がない=投下できる時間も資金も減ってきている、っていうときに、「とりあえず宝くじ買う」っていう選択肢はないでしょう。そういうのは危ない。

別に、いま下がってきたからといって、昔やってた仕事のやり方が間違ってたわけでは無いはずです(当時の状況においては)。問題は、昔の仕事のやり方や、「昔売れていた」ことではなくて、何故売れているかをその時ちゃんと自覚していなかった。ちゃんと自覚してなかったから、早めに手が打てなかった。それが本当の問題じゃないでしょうか。

どうしようもないこともあるとは思いますが、自分が何によって売れているか・周りの動向はどうかを把握できていれば、市場環境が変わり始めた時点で、(越冬的に)コストダウンや体制の変更をして、売上は別として利益が残るよう動いているはず。

大企業じゃないんだから、把握のための分析には時間が掛からないはずです。やりたくないのは、単に気が滅入るからでしょう。でも、過去の成功要因を正しく理解し、それが失われた要因も理解すれば、次も見えると思うんです。

過去を見ないで否定して、一発逆転ホームラン狙いっていうのは、試合放棄ですよ。まあ、精神論ですが、過去の自分と向き合って、ねぎらうところから入ればいいんじゃないですかね。過去にフタをしてたら次に進めないって話ですよ。

.

と、そんな感じの話をしました。
彼も経験の長いECCなので、栄枯盛衰に思うところがあったんでしょうね。

まあ、精神論です。テクニック期待して読んだ人スイマセン。

でも、一度ブレイクして、そのあと苦戦している人が「次」に向かうときは、やっぱり足下見るべきで、それはすごく精神的・・メンタル的な問題じゃないかなという気がしますね。

話飛びますが、先日社内で昼飯くってて漫画「スラムダンク」の話が出たんです。話題は、流川(登場人物)の身長は何センチだったかについて → 188cmじゃないかとの結論になりました。この漫画、20代半ばの社員でも知ってたので、改めて「井上雄彦(作者)はすごいなあ」と思いました。

あれだけ浸透する漫画書いた後に、バガボンドとか、まだ凄い話を書いてますよね。成功の再生産が出来ている。そこにはやっぱり、成功を手放せる、手放して客観的に見る気構えがあるんじゃないかと思うんですよねーー

成功に縛られる心理、中々厄介なもので。
「いままさに売れている人」も気をつけたいですね。売れている時は嬉しくなって無駄な投資をして(ページを無駄にお洒落にする、採算の合わない作業を量産する、戦略不明確な多店舗展開等が典型)で無駄金使って、一方で足下(成功要因)を見ないままで、その後売り上げが下がって焦る、っていうケース。多いです。本当~に。

まあ、人のことは言えないので自戒、って書きかけて、別にワタシ売れているわけじゃないので自戒も何もないですがw

商売と、経営者の心理っていうのは密接に繋がってますね。というお話でした。

手短に書くはずが結局長くなりました。
次の記事はあまり間空けないで書こうと思います(自信はありません)。

.

(ちょっとだけ宣伝)
当社へのコンサルティングご依頼は10月開始分があと1社様のみ、そのあとは11月開始です。「いま検討中」という方はお早めにお声がけ下さいねー。あと、縦長商品ページ制作代行は人気で、年末まで埋まってしまいました。。次は来年です(鬼が笑いますね)

RSS / Facebook / Twitter もやってます

更新情報をお知らせします。フォローして頂けると喜びます!
カテゴリー: いいね!の多い記事, ロジカルシンキング, 売上が上がった時の考え方, 売上が下がった時の考え方 タグ: , , , , , , パーマリンク

「昔売れてた店」が復活する方法 への2件のフィードバック

  1. 匿名 のコメント:

    いつも面白いよ^^

  2. nisizawa-ch のコメント:

    いつも更新を楽しみにしています^^
    ただ売上が伸びているだけなのか残る利益が出ているかがある一定の期間内で証明できなければ、売り上げを手放しても撤退するくらいの覚悟はいつでも持っているようにしようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。