コマースデザインについて 当社の考え方や行っている活動についてご紹介します。

在宅ワーク活用・導入支援

在宅ワーク活用に関する取り組みを紹介します。

弊社では在宅ワーカーを積極活用しており、また、クライアント企業への導入支援も行っています。ここでは、弊社での経験を踏まえ、在宅ワーカー活用法や導入メリットについて説明します。


弊社の在宅ワーク活用の取り組みについて、テレビ放映されました。
≫放送内容はこちら「在宅ワークで働くママの1日を観測」(フジテレビ 2016/10/17)


在宅ワークとは何か

言葉の定義

在宅ワークとは、パソコンなどの情報通信機器を利用して、主に自宅で仕事を行うことです。
「在宅勤務」とも言います。

在宅ワークする方のことを、在宅ワーカーと呼びます。「SOHO」等とも呼ばれます。

「在宅ワーク導入」「在宅勤務」は社会に必要

在宅ワーク導入は、企業にも、働き手にも意義があります。

  • 企業側は、在宅ワークを導入することで、今よりも採用・人材確保が容易になります。また、能力ある社員に、より長く働いてもらえるようになります。コストはあまり掛からず、社内の規則と仕組みを少し変更すれば導入できますので、特に身軽な中小企業に有利です。
  • 働き手側は、在宅ワークが浸透すれば、今よりもライフスタイルに合わせて働けるようになります。住んでいる場所と関係なく「働く場所の選択肢が増える」ので、自分が持っている能力に合った職場を選び、能力を活かし、磨きを掛けることができます。

ITの進歩がこれらを可能にしました。加えて、少子高齢化により、生産人口が減っています。企業の採用活動も難しくなっています(特に地方)。このような背景から、「これまで存分に働けなかった人材」が活躍できる在宅ワーク・在宅勤務は社会にどんどん浸透し、当たり前の働き方になっていくだろうと、弊社では考えています。

弊社と在宅ワーク

弊社は、中小企業を対象に、ネットショップ/Eコマース領域を中心にコンサルティングをしています。日本全国のクライアントからご相談を頂いているうちに、どの会社も「人の問題」が課題として大きいことに気づき、自然と在宅ワーカー活用についても提案するようになりました。

また、弊社自身も、常勤メンバーのうち、約1/3が在宅スタッフです。在宅ワーク・SOHOのスタッフが働きやすいよう社内の仕組みを整え、多くの在宅スタッフに仕事を発注しています。また、正社員についても、約半数が女性なので出産・育児にも配慮した職務体制を目指しています。

今では、以下の考え方や活用方法を、多くの企業にご提案し、大変好評を頂いています。以下、弊社での経験も踏まえ、詳しくご説明します。

在宅ワークの種類と特徴

ひとくちに在宅ワークといっても、実はいくつかの種類があります。それを知ることで、より活用しやすくなります。

「社員型」と「フリーランス型」

在宅ワークには、社員型とフリーランス型の2種類があります(弊社での呼び名です)。
どちらも大切ですが、弊社では特に後者の導入を支援しています。

  • 社員型
    • 社内制度により、社員が在宅勤務へと切り替えるケースです。契約形態は、「雇用契約」です。
    • 出産や介護などを契機に在宅主体での勤務に切り替えたり、災害時に一時的に在宅で働いたりします。
  • フリーランス型
    • 出勤する社員とは別に、最初から在宅ワーカーとして募集します。
    • 契約形態は、「フリーランスや外注と同じ形(業務請負契約)」が多いです。
    • 全国を対象に募集します。特に小企業や地方での求人に有利です(後述)。

「案件ベース」と「時給ベース」

フリーランス型の契約には、「案件ベース」と「時給ベース」の2種類があります。
どちらも有意義ですが、弊社では特に後者をお勧めしています。難易度は高いですが、うまく導入できると、非常に効果が大きいためです。

  • 案件ベース
    • 「納品物(ex.ページ制作枚数)×単価」という契約。
    • 単純作業や専門的な業務に向きます。
    • 実質外注です。
  • 時給ベース
    • 「.実働○時間×単価」という契約。
    • 契約は外注ですが、人を選べば準社員的に活躍してもらうことが出来ます。
    • 「時給」は雇用契約での表現なので、正しい表現は「時間あたりの報酬」です。

「クラウドソーシング」は在宅ワークの一形態

昨今増えている「クラウドソーシング」も、在宅ワークの一形態です。「クラウドソーシング」で働く人は、「クラウドワーカー」と呼ばれます。

これは、ネット上の群衆(クラウド)に対して仕事を委託することを指します。IT技術を使って、短い記事や翻訳などを一度に大勢に依頼することで、短期間かつ比較的低料金で作業を仕上げることが出来ます。

弊社が勧める在宅ワーク活用には、クラウドソーシング活用も含まれます。ただ、単純作業を委託するよりも、「準社員として活躍してもらう」形の在宅ワークのほうが、よりお勧めです。

在宅ワーク活用・在宅勤務導入のメリット

ここでは、在宅勤務導入の、様々なメリットを紹介します。弊社では社員型ではなくフリーランス型の在宅ワーカーが主体なので、フリーランス型在宅スタッフの話が中心です。

企業側のメリット

  • 地方でも優秀な人材を確保できます。地方は採用が大変で、特にネットショップ運営やWEB制作スキルを持った人は、求人募集を出してもなかなか採用できません。しかし、在宅勤務なら地域内だけでなく、全国を対象に採用活動ができるので、優秀な人材を確保することができます。
  • スキルのある人材に発注できます。社内で育成するのは大変ですが、全国を対象に募集することで、求めるスキルのある人を見つけ、柔軟に仕事を依頼できます。弊社でも、重要な戦力として、様々な分野で活躍いただいています。
  • 状況に応じて、柔軟に発注できます。 従業員を雇用した場合は、短期間で契約終了するわけにはいきません。しかし、個人事業主・フリーランスの在宅ワーカーで、かつ事前に相互の同意があれば、より短期間での依頼が可能です。繁忙期で一時的に人手が足りない状況や、需要が見込めるか分からない新規事業、経営環境が流動的な場合などに有効です。在宅ワーカーを中心にチームを組むこともあります。
  • 一般的な「外注」よりも幅広い仕事を発注できます。 一般的な外注は、例えばWEB制作やサイト運用など、決められた範囲の業務を行います。一方、多くの中小企業では、こまごまと幅広い業務が発生するため、外注でカバーできない諸業務が生まれます。そこで、在宅ワークです。在宅ワーカーの中には、「秘書的に幅広い業務をお願いできる人」がいます。こういった「色々頼める人」を上手に見つけられれば、かなりの業務改善になります。

働き手のメリット

  • ライフスタイルに合わせた働き方ができます。小さなお子さんがいたり、介護が必要な家族がいるなど、家で仕事がしたい事情がある方も、家事や育児・介護と仕事を両立しながら、自分のペースで柔軟に働くことができます。勤時間が不要かつ、居住地にとらわれずに働くことができるので、仕事の選択肢も広がります。また、ちょっとした空き時間に働くことも可能なので、子育て中のお母さんもワークライフバランスを確保しながら仕事ができます。
  • 経験を活かせます。前職で経験を積んでいながら、「出勤できる近所の職場に、経験を活かせる仕事が無い」というケースは多々あります。地域内にはそのような職場がなかったとしても、全国に視野を広げてみると、あなたの経験を活かしてくれる職場はきっとあります。地域の垣根を越えて仕事を探すことで、経験を活かせて、より自分らしい職場に出会うことが出来ます。また、そこで自分の経験を高めることもできます。
  • ストレスが軽減されます。通勤時間がないため、まず肉体的なストレスが軽減されます。また、在宅ワークに人間関係がないわけではありませんが、出勤する職場ほど濃密な関係にはならないため、人間関係上のストレスも経験されます。一方で「孤独に働く」ことがストレスだというケースもありますが、少なくとも「在宅ワークを視野に入れることによって、自分の適性とマッチする職場が見つかりやすくなる」ことは間違いありません。

地域のメリット

人口減少に悩む地方の自治体にとっても、メリットがあります。
具体的には、地域活性化につながります。

  • 新たな税収が期待できます。東京などの都市部の仕事を直接受注できるからです。また、スキルを持っていても、出産・育児のために外では働きにくい女性が、生産側に回って活躍してくれるからです。
  • 全国に働く機会が存在するため、地方でも専門的な仕事に就くことができます。スキルを学び、人材として成長する意欲が増します。これにより、人口流出の防止や地域活性化につながります。
  • 地方への移住を目指す人にとっても、在宅ワークは移住のハードルを下げてくれる働き方です。

これらのメリットを期待して、様々な自治体で「地域として在宅ワークを推していく試み」がなされています。

在宅ワークで何が頼めるのか

在宅ワーカーに依頼できる仕事の例

インターネット環境の発達やクラウド・システムの充実によって、在宅でも幅広い仕事ができるようになっています。様々な仕事を依頼できるため、1回きりだけではなく、人手不足の企業が継続的に仕事を依頼するケースが増えています。

事務・運営系  データ入力、受発注業務、資料作成、ネットショップ運営業務、カスタマーサポート など
編集系   文字起こし、ライティング、DTP、校閲など
デザイン系 WEBデザイン、イラスト制作、バナー作成など
システム系 ホームページ作成、設計、開発、プログラミング、システム保守など

在宅ワーカーの主要業務

厚生労働省が発表している「在宅ワークの適正な実施のためのガイドライン」を見ると、いま在宅ワーカーに対してどのような仕事が発注されているかを知ることが出来ます。

具体的な仕事内容と比率は下記の通りです。「ネットショップのシステム運営・管理」については、2.0%という状況です。数字としてはまだ少なく見えますが、今後どんどん増えてくることが予想されます。

この1年で在宅ワーカーに発注した仕事

弊社における在宅ワーク活用

NHKのテレワーク特集で紹介されました

NHKの報道番組「クローズアップ現代」のテレワーク特集で、在宅スタッフを活用している実例として、当社が紹介されました。

「クローズアップ現代」テレワーク特集1「クローズアップ現代」テレワーク特集2

連絡が取りづらい・時間が細切れになるなど、「在宅ならではの難しさ」へどう対処したか?
動画で公開されていますので、是非ご覧ください。

≫もう会社には通わない ~在宅勤務“革命”~(NHK 2015/8/3)
≫動画はこちら(YouTube)

在宅ワークの活用をご検討中の方へ

特にネットショップ運営をされている企業では、弊社では自ら実践し、かつコンサルティングしている実績を元に、ご提案ができます。

ご提案の例:

  • 在宅ワークの募集の仕方(選考、採用~発注)
  • 在宅ワークを活用するためのポイント
  • コミュニケーション方法などの仕事の工夫
  • クラウドを活用した在宅ワークの仕組み など

お気軽にお問い合わせください

無料でご相談を承ります。

  • 「急な退職で人手が足りず、困っている」
  • 「どういった仕事が向くのか?」
  • 「募集をかけたが、なかなか人が集まらない」
  • 「興味はあるけど、難しそう…」
  • 「離れていると、コミュニケーションがうまくとれないのでは?」
  • 「どうやって、在宅勤務の労働時間を管理するのか?」

など、疑問やお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

≫お問い合わせはこちら