スタッフブログ

スタッフブログ

「リアル下克上受験」に学ぶ、忙しい社会人のための効率的な勉強方法

こんにちは、コンサルタントの佐々木です。

最近、電車に乗ると一生懸命勉強する学生の姿をよく見かけるようになりました。もう、受験シーズンなんですね。

私は以前、塾講師をしていました。そのため、毎年この時期は当時の生徒達を思い出します。その時、必ず思い出すのは、偏差値45から61に上がって下克上受験に成功した、とある生徒の顔です。そして彼の頑張りを思い出す度に「自分も、もっと勉強しなくては」と考えさせられるんです。

皆さんはどうでしょう。勉強を頑張っている学生を見て、自分も頑張らなくてはと考えさせられることってありませんか?

まあそうは言っても、一般的に社会人になると、忙しくて勉強の時間がなくなってきますよね。

ただ一方、短い時間でも上手に勉強をして、しかもきちんと実務に役立てられている人もいます。そんな「勉強のうまい人」を何人か観察していると、下克上を達成した先ほどの生徒の勉強と「同じ工夫」をしていることに気づきました。

そこでこの記事では「少ない時間で、うまく勉強するための工夫」をご紹介したいと思います。どれも今日から使えるちょっとしたコツです。お金も時間もかかりません。

・「勉強がなかなか成果につながらない」という方
・「新しい部下への指導」に当たる方
・はたまた、本当にお子さんが受験を控えている方

参考になる部分があると思います。ご一読ください。

詳細を見る

レンタルスペースのご紹介|ECの勉強会なら利用無料!

代官山にオフィスを移転してから、もうすぐ1年。

駅からほど近く、訪れやすくなりましたので、新オフィスでは会議室のレンタルを始めました。
ネットショップ関係のイベントに無償で会場提供しており、好評です。

今回は、簡単にレンタルスペースのご紹介をいたします!

 

詳細を見る

いざシニア開拓!これからのネットショップに必要な「問い合わせ対策」とは

シニアの問い合わせ

こんにちは、コンサルタントの大邉です。

2017年。EC業界もいよいよ成熟期を迎えつつありますね。
Amazonに大手にと、競争も激しくなり、これからどうお客さんを集めていくか、悩まれてるお店も多いのではないでしょうか。

そんななか、最近、注目を集めているのが、「シニア(60歳以上)のお客さん」です。
この世代、若者と違って、お金も時間もあって、リピート率も高いなど、お客さんとしては理想的なんですよね。しかも、最近では20~30代よりもECの利用率が高いのだとか。(詳しくは後ほど)

これは狙わない手はないはず。ということで、今回は、新たな客層として注目したい「シニア」の開拓について考えてみました。

…といっても、「フォントを大きく」みたいなお話ではありません。シニアの接客でよく「手間だ」と言われる、”問い合わせ対応”についてのお話です。

「シニアも大事なんだろうけど、正直、問い合わせとか大変そうだし、気乗りしないんだよねー」という方は、ぜひご一読ください。
もちろん、シニアに限らず、「客数を伸ばして売上を伸ばしたい」「お客さんの問い合わせで苦労してる」という方のヒントにもなるはずです。

ここでいう「シニア」とは、『最近スマホを入手してインターネットを触りだした、まだまだECに不慣れな60歳以上』を想定しています。十把ひとからげに「60歳以上」というわけではありません(お詳しい60歳以上の方も多くいらっしゃいますので)。あしからず、ご了承ください。

詳細を見る

ウチの店の偽サイトがある!?ネットショップが詐欺トラブルに遭ったときの対処方法

こんにちは。コンサルタントの味藤です。
本日は、ネットショップ出店者さん向けに「いざというときの備え」のお話をします。

「偽装サイト問題」や「通販の詐欺トラブル」の噂は聞いたことはあるでしょうか。実際に被害に遭われた方も、大勢いらっしゃるのでは?
(偽装サイトがどういうものかは後述しますが、)この問題は数年前から後を絶たずはびこっています。しかも手法は進化しているように見えます。

それにもかかわらず、WEB上には「消費者向けの被害対応」は山ほど情報が落ちている一方、「ネットショップ運営者が被害にあったときに取るべき対処」について、まとめてある情報があまり見当たりませんでした。そこで、この記事でまとめ直してみた次第です。

  • どんな被害を受けるのか?
  • あなたの店もコピーされてるかも・・・偽サイトの見つけ方は?
  • 事前にトラブルを防ぐことは出来ないか?
  • 詐欺被害が起きた際、店舗側が取るべき行動は?
    といった順番で、情報をお伝えします。

ただし、事前にトラブル回避するための手段もご案内はしますが、残念ながら、偽サイト被害は、未然に防ぐのが極めて難しい犯罪です。明日は我が身かもしれません。
そこで、いざ自店の偽サイトを発見した時に冷静に動けるよう、この記事をお読みいただき、避難訓練のイメージで対応をシミュレーションしておいていただければと思います。

詳細を見る

中堅社員が「伸び悩み」から脱出する3つのコツ

こんにちは、コンサルタントの石黒です。
今回は、自分の実体験を書きます。

対象は、「ある程度今の仕事に慣れて、成長もした。けど最近どうもマンネリで、あまり成長していない」という、中堅社員の方です。あるいは、部下が伸び悩んでいると感じている上司の方にも、参考になるかもしれません。

※企業によって中堅の定義が違うかと思いますが、ここでは「もう新人ではない」「ある程度は後輩に教えられる」「でもマネージャーではない」という段階のイメージです。

主な内容は「怠ける自分との上手な付き合い方」です。散々悩んだ結果、いまは少し状況が良くなりました。その際の経験談についてお話しさせて下さい。

詳細を見る

中小企業が「尖った商品」を作る3つのコツ

こんにちは、コンサルタントの佐々木です。

年末なので、日経MJの商品番付が発表されましたね。今年もいろいろな人気商品があり、iQOSやVR製品やポケモンGoなどが話題になりました。

ネットショップの業界でも、競争が激しい中で、「尖った商品」があり、それが「メディアに取り上げられる」ようなお店は、普通のお店より遥かに有利だと思いませんか。

尖った商品が欲しい。ただ、iQOSやVR製品やポケモンGoを中小企業が開発できるかというと・・難しいですね。では、小さい会社でも開発できて、売り上げに貢献してくれる「尖った商品」とは、どういったものでしょうか。

そこで今回は、「中小企業でも作りやすい尖った商品と、その考え方」についてご紹介したいと思います。まだまだ個人的な仮説ではあります。が、この方向性なら比較的作りやすいのではないかな・・・と想像しています。

詳細を見る

ファッションECに必要な写真とは?ユーザーが求める8つのカット

ファッションECの場合、「商品写真が一番大事」なのは言うまでもありませんよね。しかし、美しいモデルが着ている「なんとなく雰囲気のある写真だけ」では、商品を買うことが出来ません。

では、どんな写真を撮ればいいのでしょうか?撮影ポイントをネットで調べると「キレイな写真の撮り方」や「ポージング」などの情報ばかり、撮るべきカットについてまでは情報があまり無いようです。

そこで今回は、ファッションECサイトを運営していた頃の経験から「買い物でユーザーが知りたい8つのカット」について、シャツを中心にご紹介していきたいと思います。

最後にチェックリストも付いているので、ぜひ自店舗の商品写真と比較し、何が足りないか確認してみてくださいね。

詳細を見る

楽天サーチに異変!「価格比較が強まる」傾向に

「同じ商品をまとめて表示する」機能

楽天店舗さん向けのお話です。

店長さん、楽天サーチの異変に気がついていますか?ここ最近、商品検索をした際、検索結果で「同一型番の商品は1つにまとめられて表示」されることが増えました。※上の図で赤枠を付けた部分です。(本記事内では、この枠を「おまとめ枠」、このサーチ仕様を「おまとめ検索」と呼びます。)

まだ一部ジャンルのみでの動きですが、この仕様が標準になると、JAN登録した型番商品で、価格比較がシビアになっていくのかも。おそらく、「最安じゃないけど魅力的な売り方をしている型番商品」が不利になりそうです。

ただβ版と書いてあるので、まだ本実装ではないようです。ここ何日かでも、仕様は頻繁に変わっており、現れたり現れなかったりします(後述)。

このブログでは、まず「何が起きているか」を説明し、次に「仕様変更の詳細説明」をします。最後に、これを受けて、「楽天サーチが今後どうなるのか?」「ネットショップはどうすべきか?」を考察してみます。

詳細を見る

このブログについて

楽天に出店している中小規模のネットショップのコンサルティングを行う「コマースデザイン株式会社」の社員ブログです。

ネットショップ運営相談室