ECコンサル坂本のブログ「ECバカ一代」 ECコンサル坂本のブログ「ECバカ一代」

ECコンサル坂本のブログ「ECバカ一代」

2009/05/28 「テレビ版楽天市場」について(アクトビラで配信中)

この記事は、公開から1ヶ月以上経過しています。弊社では他にも記事を公開しています。このジャンルの最新記事はこちらのページからご覧ください。 ※2017/9/27、「アクトビラ ベーシック」のサービス終了に伴い、「テレビ版楽天市場」も終了しました。 検索していたら、たまたまテレビ版楽天市場の画面が引っかかりました。特に新しい情報ではないですが、PCで見れるのが面白かったので記事にしました。アクトビラも100万台突破したらしいですが、これ売上にどれくらい貢献してるんでしょうね。

詳細を見る

単なる理想論?「脱価格競争」神話を考える

「不況だからこそ、安売り合戦に走らず、付加価値で勝負だ」って言うのは簡単ですが、実際どうやればいいの? 正直、私「フカカチ」という言葉の意味がよく分かりません。。どうも、フカカチ発言が、単なるスローガンに聞こえるんです。 まず、その「付加価値」とやらを日本語に翻訳しないといけませんね。

詳細を見る

顧客理解に活きる・・かも?少年マンガで客層分類してみる話

こんにちは、坂本です。自店舗の「客層」について考えたことはありますか? 「ありますよ。ウチの客層は30代から50代の女性です」って言う人が多いんですけど、その情報は何のヒントにもなりません。 客層とは「年齢と性別」のこと・・ではありません。今日はそんな話です。 きちんとお客さんを理解することを、顧客理解といいます。お客さんを理解すると、キャッチコピーも商品選定もやりやすくなります。そこで今日は、少年マンガ雑誌を使って、顧客理解について考えてみます。まあ雑談だと思って、気軽に読 …

詳細を見る

競争激化に疲れたら「西海岸」を目指そう

こんにちは、坂本です。 「いや~、最近売上ガタガタですわ。昨対割れてますわ。ライバル増えすぎて。」今日、古い知り合いの店長さんから、そんな話を聞きました。そんな人多いですね。 ただ、そもそもECは参入障壁が低いので、ライバルが増えないはずが無いんです。よって、現状維持のままでは、ライバルが増え、自然に売上は減ります。 市場が成長しているときは、競争激化・シェア低下を「隠してくれる」ので、見た目上は売上は変わりません。でも、成熟期に入ると、売上は維持できません。「上昇気流が吹い …

詳細を見る

派手に売ってたお店が沈む時、共通して見られる法則とは?

こんにちは、坂本です。 新進気鋭だった某アパレルブランドが、予定の3倍の赤字を出し、次の打ち手を模索中(でも失敗しそうな気配)。・・そんな新聞記事を見かけて思ったことを書きます。 ECに限りませんが、売上が急増する会社の裏には大抵「勝ちパターン」があるようです。EC業界で一昔前に良く見かけたパターンは、例えば・・

詳細を見る

「そのへんの石」や「壊れたリモコン」でも売れてしまう禁断のセールス術

セールストークやキャッチコピーについて話します。完全に悪徳系みたいですが・・・w 真面目な話です。 実は、セールス力を磨くと、「石ころ」や「壊れたリモコン」でも売れるようになります。詐欺じゃないですよ。どうやってやるかというと・・

詳細を見る

焼肉屋に学ぶ!EC成功パターン:「異業種の当たり前」は、自店の革命

こんにちは、坂本です。 こないだ、嫁さんと2人で焼肉を食べに行きました。美味かった。満足度高かったです。味は勿論のこと、「体験型」でした。舌と鼻のみならず、頭とハートでも堪能しました。 で、そんな画期的な体験をしたかというと、よく考えたらそうでもない。新しいけど普通でした。意味わかんないこと言ってますねー。。説明します。

詳細を見る