安売り2.0

久々の更新です。。( ; _ ; )スイマセン

日頃わたし、コンサル先の皆様にはこんなことを申し上げております。

「え?先月ご提案したアレはまだ済んでないんですか?ああ、お忙しいんですよねー
そうでしょうね、分かります、ええ、まあ時間は使い方ですから。頑張りましょう!」

って、スイマセン。私が出来ておりません。

色々ありまして。凝り性なんです・・(これも皆さんから良く頂く言い訳お返事ではありますが)
弊社提供の無料ツールが一部不調で色々調整したりもしてます。
ご迷惑をおかけしている方、もう少々お待ち下さい。すいません。

.

閑話休題。

わたしは、仕事柄、積極的に楽天の店舗さんのメルマガを受信しております。

ぜんぶ専用のメールアカウントで受信しています。
そのメールボックスは楽天のメルマガのみです。

壮観ですよ。

ポイントポイントポイント、セールセールセール。
あと【】とか★とか!とか♪
とか%とか。目がチカチカします。
画面をキャプチャして貼り付けようかと思いましたが、それは止めておきます^^;

とにかく、価格訴求のメルマガが相変わらず非常に多いわけです。
しかし、そんなメールを出している方に限って、こんな話をされます。

「ウチのお客は安売りばかりに反応するんだよね( – _- )全く」

うーん・・・・・
だって、自分から「ウチは安売り店です」って、お客さんを教育してますよね。毎回。

お客はお店の鏡ですよ。

.

で、
最近新聞を見ていますと、PB商品が広まってますし、価格もどんどん下がってますね。
百貨店までコンビニみたいになってきちゃって。

「ノーブランド品だけどモノが良くて安い」というのは、
これまでネット通販の得意分野でした。

しかし、不況の煽りで、リアルショップが
どんどんネットの領分にまで攻め込んできています。

この状況にあって、今のままの、漫然とした安売りで良いのでしょうか?

楽天の三木谷さんは多分この状況を見越していて、
あす楽(翌日配達)やネットスーパーを強化中です。
まあ私も去年5月に予言めいたことをしてますけども。

では、スピード配送にシフトすべきかというと、そういう意味ではありません。
できない人の方が多いですしね。

安売りも結構ですが、安いだけじゃもうダメなんじゃないですか?と言いたいのです。

ユニクロはあきらかに安いですが、
「★★★ヒートテックが超激安!最大%オフ大爆発だから今すぐ急げ!(‘○’;)
なんてメルマガは出しませんよねえ。イケアだってそうです。

安さプラスアルファ。ポイント倍付けプラスアルファ。
もう一手間について考えましょう。それが安売り2.0なのです!

(オマケすることだと思ったアナタは、かなり価格競争に毒されてます)

.

とはいえ、最近話題のクスリと同じく、安売り中毒も禁断症状が出ます。
1週間くらいじゃクスリは抜けません。

急に方向転換することは出来ないので、リアルショップを見ながら考えてみて下さい。

安売り+信頼性、安売り+楽しさ、安売り+説得力、
これらを実現するのは一体何でしょうか?

わたしも自分なりの答えを持っていますが、ぜひ皆さんも考えてみて下さい。

タイミングが来たら、私のアイデアを公開しますので^^

PS

この記事も関連した話題です≫単なる理想論?「脱価格競争」神話を考える

RSS / Facebook / Twitter もやってます

更新情報をお知らせします。フォローして頂けると喜びます!
カテゴリー: メルマガのコツ, 価格競争, 売れる商品企画のノウハウ, 失敗事例, 楽天市場, 競合対策 タグ: , , パーマリンク

安売り2.0 への3件のフィードバック

  1. 大塚哲哉 のコメント:

    地震で昨日総キャンセルでへこんでいる民宿オヤジです。本日、直木賞の佐藤様が、「今日のトラフグは、産地と大きさオス?メス?」この質問をしてくださる方たちは、完全に当店の信者さんです。そんな方々だけで細々と食いつないでいます。今年は、養殖の安いフグが売れず天然の高いフグだけが売れてます。楽天市場店でも養殖が出ていません。
    QSCをしっかりすることクオリティー・サービス・クリンリネス
    実店舗では、暇なときほどQSCに心がけます。
    売り上げがなくてはいくらQSCをいいものにしてもつぶれてしまうので
    どこまで我慢できるかが、問題です。

  2. 馬場憲之 のコメント:

    本、買いました、すごく参考になります。

    6月にネットの時代に逆行して(笑)、実店舗を出しました。

    そしたらなんと、お客様が増えたんです。

    そして思うのが、ネットビジネスも原点回帰してるんじゃないかと。

    巷ではドラッカー、コトラー、稲盛さんなど、経営に関してはテクニカルなものよりも

    精神的、哲学的なものがあふれているように思います。

    実店舗となんら変わりないような接客、もしくはネットのツールを使って

    実店舗以上の更なる接客が会社を発展させるのでは。

    そこに付加価値が生まれていくんじゃないでしょうか?

    働いている側も、私を初め、スタッフみんなが充実感を感じてます。

    そこで、じゃあ更なる会社の発展のために何をすべきかが分からず苦しんでるんですよねー(笑)

  3. 渡辺みち子 のコメント:

    1999年出店、古い方です
    本は読ませていただきました
    赤線がいっぱいになりました
    ネットは一発で価格が比較できます
    ポイントUPも一発でわかります
    本当にこのまま続けられるのか不安になります
    『スタッフからも安売りはやめましょう』
    そういう意見は出ています
    ただ価格を上げれば高級店舗にスライドできるのか
    といいば違うと思うんです
    来年からそちらに向かうべく舵をきりますが
    その前に、サービス、品質、対応、ページすべて
    高級店舗の名に恥じない
    そうスライドできた段階で価格をもう一度見直すつもりです
    多分それは来年いっぱいかかると思います
    これからも色々なヒント、楽しみにしております

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。