今の店、「ゼロから作り直せる」と思いますか?


こんにちは、坂本です。

隣の花は赤い。隣の芝生は青い。
人間というものはどうやら、他人の所有物がキレイに見えるようです。

.

所有物に限りません。たぶんそれは商売でも同じ。

商売が成熟して、成長がゆっくりしてくると…つい、別の商売を始めたくなっちゃう心理があるんじゃないでしょうか。あるいは「全然別の商品」を売りたくなったり。

例えば、食品売ってるけど、そっちの商売はもう完成したから、その利益を他の事業に投資しよう!みたいな。あるいは、「これ以上の成長は望めないから、他の分野に転進しないと不安」だったり。

.

で、本業のお客さんがもたらしてくれた利益、本業のスタッフが一生懸命稼いだ利益を、別の分野で浪費しちゃう。売れてくると、人付き合いも増えて、色んな儲け話が入ってくるでしょうしね。勘の良い社長さんなら、それこそ、「隣の青い芝生」がサバンナばりに広大に見えることでしょう。

でもそれって・・ある意味、本業における「お客さんからの支持」や「自分とスタッフが積み重ねてきた努力」への過小評価じゃないでしょうか。

.

今の店、「ゼロから作り直せる」と思いますか?

.

ある程度以上売れているネットショップには、その成長の過程において、少なからずラッキーの要素があります。丁度良い参入タイミング、他社になかった自店舗の強み、運命的な色んな出会い。フランチャイズみたいに何度でも再現できる商売ではないはずです。

振り返ってみて、「アレが無かったら今の状況はないな・・」なんて思い出す何かがありませんか?であれば、いま売れているその店・その商売は、ある意味「与えられた」ものですよね。

商売というものは全て、独力で切り開くものではなく、誰かの支持があって初めて成り立つはずです。取引ですから。

.

で、「独力」を信じて多ジャンル展開・多角経営に乗り出していくネットショップの近くには、自分が何者かを謙虚に自覚し、パワーをあちこち分散させずに頑張っている競合必ず存在するはずです。で、完成した(つもりになっている)その古い店を乗り越えて、新しいムーブメントを生み出していくものではないでしょうか。まあ、多角化しつつ既存事業も堅守しているやり手の社長さんもいらっしゃるでしょうけど。

誰かの支持があって、初めてご飯を食べている。それを見失うと「ご飯抜き」になるw
これって歴史の必然じゃないでしょうかねー。

私の実績は大したものではありませんが、その程度でもやはり、多くのラッキーはありました。謙虚に、与えられた幸運と、支持してくれているお客さんに感謝しつつ、今の仕事を大切にしていこうと思います。

.

PS

弊社のクライアントさんにも「勉強熱心」で、いつも新しい商売をやりたがっている社長さんがいますが、最近競合に追いまくられてお尻に火が付いた模様ですw まだ間に合いそうなので、ビシビシサポートするつもりです。

まあ、ECなんてまだまだ未成熟で、他の業態に学ぶところだらけです。競合対策に関してもやれる工夫はいくらもであるんで、悲壮感を感じる前に、ガンガン前に進みましょう。私と一緒に前進したい方は、コンサルティングの利用をご検討ください!

RSS / Facebook / Twitter もやってます

更新情報をお知らせします。フォローして頂けると喜びます!
カテゴリー: ネットショップの戦略論, 売上が上がった時の考え方 タグ: , , パーマリンク

今の店、「ゼロから作り直せる」と思いますか? への1件のフィードバック

  1. tsuna のコメント:

    先日 新・100の法則 を購入しました。ホームページ(楽天内)を出してまだ4ヶ月です。四方八方青い芝だらけです。
    商材もまだ十分吟味が出来ていない状態ですが、3年計画で目標を達成するつもりですすめています。購入した本もまだ理解できない内容が多いのですが、参考に(実感はまだ無い)にして進めていこうと思っております。
    早くこの記事が実感できるようになりたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。