ネットショップ運営代行との違い

ネットショップ運営代行とは

「代わりにネットショップを運営してくれて、発生した売上から料金をもらう」サービスです。
(別途固定料金も掛かります)

運営代行のメリット

マージンの額や固定費については会社毎に違いはありますが、「任せて、楽をできる」のが大きなメリットです。
依頼する側は、「売上が伸びるまではマージンを払おう」「売上が伸びたらマージンが損だから、契約を終了させて自分で運営すればいいや」等と考えます。

運営代行のデメリット

ただ、楽できる分、ノウハウは貯まりにくいです
特に、ある種の「成果報酬型のネットショップ運営代行」会社では、ノウハウは説明してもらえないはずです。

こういった会社は、契約時点で「審査」というものを行います。
どういう審査かというと、放っておいても伸びそうな店とだけ契約し、一般的な施策のみ実行して、予想通り伸びたらマージンをたくさん貰う・・という狙いです。このような会社の場合、当然ノウハウは教えて貰えません。

そこまでではなくても、運営代行会社側が「何を考えて、どういった運営ノウハウを使っているか」を、どの程度説明してくれるかによって、ノウハウの残り方が変わってきます。
また、ノウハウ的な情報をもらったとしても、任せたままで手を動かしていないので、実感に基づく経験が貯まりません。 結果、急に自社で運用しようとしても、手が付いてきません。
これは運営代行型のデメリットです。そのような状態のまま「一社に完全に依存する」のもリスクです。

弊社コンサルティングとの違い

弊社のコンサルティングでは、逆にご自分で手を動かして頂きます。

当然、忙しい中で時間を捻出しないといけませんし、結果が出るまで大変です。
しかし、確実にノウハウと経験が残ります。

また我々は、一般論だけ提案して後をお任せするのではなく、ちょっとした疑問点や悩み等も細かくフォローしながら、二人三脚で作業を進めていきます。

人任せの運営はリスク大。長い目で見て自社運営を

運営を人任せにしていると、担当が離れた瞬間に売上が急に落ちるお店もあります。
一見遠回りなようですが、このようにご自分で手を動かして伸ばしていくというスタイルは、長い目で見た時にはかなりメリットがあるのではないでしょうか。

今後、Eコマースの重要性は増える一方です。
先々の事を考えれば、是非、社内にノウハウを貯めるということを大切にして下さい。

ちなみに、当社のコンサルティングはセルフサービスでやって頂いている(ご自分で手を動かして頂いている)ので、料金も運営代行に比べてかなり安いです。

まずは、無料診断からどうぞ

まずは無料診断を受けて、自店舗の問題点がどこなのか、確認してみませんか?

フォームで、40コほどの質問に答えるだけ。所要時間は20分程度です。
電話案内など、しつこい営業はありません。 お気軽にお試しください。