売れるキャッチコピー の記事一覧

「ランキング受賞実績」を使ったキャッチコピーの書き方

こんにちは、坂本です。キャッチコピーについて書きます。 ECって、短期的には「他店のマネ」でも売上伸びますよね。何も考えないで、商品とかページとか企画とか、誰かのマルパクリで。でも、本質を理解しないまま「真似で半端に成功する」と・・・今更自分の頭を使うなんて出来ないから、「猿マネ依存症」になるリスクがあります。 そして、この現象がよく起こるのが、楽天。楽天の出店者って、程度の差こそあれ、みんながみんな、お互いを真似ているようなところがあります。モール側の店舗担当者もそれを勧め …

詳細を見る

「意外な客層」を開拓した売上アップ事例!冷蔵庫をエスキモーに売った話ほか

こんにちは、坂本です。今回は、「意外な客層」を開拓した売上アップ事例。 売上が伸び悩んだ時。新しいお客さんを開拓すると、売上が新しく伸びたりします。同じ商品でも、「新しいお客さん」が買ってくれるように慣れば、既存の売上+新しい売上で、売上倍増です! では、事例付きでご紹介します。

詳細を見る

本を出すには、まず「持ちネタの棚卸し」から。

こんにちは、坂本です。 拙著の重版が決まりました。発売から3週間くらいなので、類書ではかなり早い方かな。皆様のおかげです。ありがとうございます! まだ買っていない方は、アマゾンがまた在庫切れで到着に時間が掛かるので、楽天ブックスかリアル書店でどうぞ。 最近仕事がマンネリの人は、脳みそ刺激してくれるので、個人的にはリアル書店がオススメ。私、3時間くらいブッ通しで色々立ち読みすることがあります(最悪のお客ですね)。買うだけならネットが便利ですが、書店は一度に視界に入る情報量が多い …

詳細を見る

顧客理解に活きる・・かも?少年マンガで客層分類してみる話

こんにちは、坂本です。自店舗の「客層」について考えたことはありますか? 「ありますよ。ウチの客層は30代から50代の女性です」って言う人が多いんですけど、その情報は何のヒントにもなりません。 客層とは「年齢と性別」のこと・・ではありません。今日はそんな話です。 きちんとお客さんを理解することを、顧客理解といいます。お客さんを理解すると、キャッチコピーも商品選定もやりやすくなります。そこで今日は、少年マンガ雑誌を使って、顧客理解について考えてみます。まあ雑談だと思って、気軽に読 …

詳細を見る

「そのへんの石」や「壊れたリモコン」でも売れてしまう禁断のセールス術

セールストークやキャッチコピーについて話します。完全に悪徳系みたいですが・・・w 真面目な話です。 実は、セールス力を磨くと、「石ころ」や「壊れたリモコン」でも売れるようになります。詐欺じゃないですよ。どうやってやるかというと・・

詳細を見る

刺さるメッセージの3要素

最近、先輩や上司から昔教えられたことを、再び思い出すことが多いです。色々考えて出した結論が「あ、そういえばこれ昔言われた」という状態。結構ありませんか?私の記憶力が悪いだけかも。。

詳細を見る