eコマースと結婚相談所の、3つの共通点

そういえば楽天が結婚相談所大手のオーネットを随分前に買収して
なんで?と思ったことがありますが、そういう話ではなくて。

例えるならばeコマースは、
田舎のおっちゃん(生産者)と、都会のおばちゃん(消費者)の
お見合いです(しかも遠距離)。

2人の仲を取り持つワタクシは、結婚相談所であります。

なぜそう思うかを3つ挙げます。食品のECを想像してください。

1. 都会のおばちゃんの好みと、周りにいるライバル(リアル含む他店)を把握しておきます
2. 田舎のおっちゃんの強み
と、それがどんな人にウケるかを把握しておきます
3. おっちゃんの強みを上手く引き出し、それを好むおばちゃんに紹介します

田舎のおっちゃんは中々不器用で、とても良いものを持っているのに
それをおばちゃんに上手くアピールすることが苦手だったりします。

おばちゃんの近くにいるライバル(=スーパーにいる大量生産品)に、ハートを奪われがちです。
俺の方がおばちゃんのことを想っているのに!なんであんなやつに!状態。

じゃあどうすれば良いか。

例えば、おばちゃんの周りにいるライバルを把握し、
彼らに無い点をアピールすると良いですね。
伝統的とか、手作りとか、泥がついてるとか、葉っぱついたままだとか。
そう、ワイルドさをアピール♪

そのためには、おばちゃんのことをもっと知らなくてはいけません。
ホントにワイルドが好みなのかとか。

だから、先日書いた「相手への誠実な興味、慮り(オモンパカリ)」とか
「仮想敵をどこに置くか」とかの視点が大切になるわけです。

それと八方美人はダメ。
誰にでもモテようとしてはいけませんね。アタックするタイプはしっかり絞りましょう。

強みとタイプがしっかりしてれば、
言葉の壁を乗り越えて海外でもモテるらしいです(中国とか)。

それにしてもつくづく思いますのは、
Eコマースとか決済システムとかTCP/IPとか物流とか
プロモーションとかブランディングとか見本市とか
キャッチコピーとかメルマガとかレコメンドエンジンとか
SEOとかネットモールとかCRMとかコマースデザイン(株)とか、
全て、この2人の仲を取り持つだけの存在に過ぎず、脇役なのです。

金がかかるしすごく重要に見えますが、インフラは脇役。
大切なのは2人の気持ちです。

周りが力づくでくっつけられるものではない。
だから、「強み」と「好み」のマッチングが大切なんです。
じゃないと、単なる押し付け、愛のない結婚になっちゃいますよね。

売りたいんです!使えば分かります!っていう商品への愛情は大切ですが・・
そこに「買い手への」愛はあるのかい?

PS
あ、私、日本有数の田舎である高知県出身です。モテそうなおっちゃんが沢山いますよー。

RSS / Facebook / Twitter もやってます

更新情報をお知らせします。フォローして頂けると喜びます!
カテゴリー: お客さんの購入心理, キャッチコピーのコツ, 商品ページのコツ, 売れる商品企画のノウハウ タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。