ECコンサル坂本のブログ「ECバカ一代」 ECコンサル坂本のブログ「ECバカ一代」

回り道し、苦労しているネットショップが多すぎる

こんにちは、坂本です。
今回も自著の宣伝です、スイマセン。

「売れるネットショップ開業・運営 新100の法則」、好評です!

「売れるネットショップ(略)新・100の法則」の発売日から10日ちょっと経ちまして、ご購入頂いた方から感想が届き始めていますよ。

購入したみなさんから頂いた感想

例えばこんな感じ。

・挫折し、リタイヤ寸前だったが、この本で踏みとどまった
・難しいことを考えていたが、それ以前に基本が出来ていないことを自覚した
・SEOについて物凄く勘違いしていたが、よく分かった
・自店舗で懸賞集客が全然効かなかった理由が分かった
・これまでの運営を思い出し、ため息をつきながら読んでいる
・1ページずつ噛みしめるように読んでいる
・毎朝読んで、毎日少しずつ店舗ページに反映している
・社内の共通語になりつつあり、本書の用語が飛び交っている
・3回読んで、いま4回目
・オープンして1年経つが、知らない単語が沢山でてきて驚いた
・後書きが泣けた
・某R掲示板で愚痴を書いている人はみんなコレを読めばいいのに
・知っている内容が多かったが、手元にあると凄く便利
・新人に「これ読んできて」と渡した(複数)

なんというか、思っていた以上に、回り道したり、苦労している人が多いですね。。。

執筆に時間を掛けすぎて、当初の発売予定日から8ヶ月遅れましたが手を抜かなくて良かったです。お役に立てて何よりです。本当に。

大阪の本屋さん巡りから

ところで先週、用があって大阪に出張しまして、本屋さんにも幾つか挨拶してきました。

名乗った瞬間に「ああ、あの本」という反応を何回か頂きまして、コンピュータ書としてはかなり売れている部類に入るとのことでした。ありがたい話です。せっかくなので写真載せてみます。

電子書籍の登場を、書店はどう受け止めているか

世間ではiPadが発売間近で、電子書籍が現れて出版社と書店がどうなる!みたいな話が多いですよね。

危機感を感じている書店員も多いのでは・・・と思っていましたが、ジュンク堂大阪本店の書店員さん(コンピュータ書担当)と自分の本の話をほったらかして、前向きな「未来の書店」話で、かなり盛り上がりました。

書店に見るこれからの時代のリーダー像

元々私にも素人なりのアイデアがあったのですが・・
いやあ、相当よく考えていらっしゃる。面白い。さすが。

ベテラン経営者よりも、事情通の現場スタッフの方が、状況を客観的に見て、正しい打ち手も理解し、既に自分なりに色々試している。

これからの時代、そんなシチュエーションが凄く増えていきそうな気がします。

リーダーに求められるのは、技量よりも度量なんですねえ。

というわけで、経営者の皆様は、この本を独占しないで早く部下に渡して下さいね~

え。自分も読みたい?

・・もう1冊買って下さい!

PS
実は昨日、1社で、この本を70冊買うというEC企業が現れました。いやーすごい。ありがとうございます。

10冊以上まとめ買いする会社さんは、言って頂ければ在庫が潤沢で、銀行振込みで買える書店を紹介します(前払いですけど)。

あと、もしよかったら研修用のプチ特典か何かを提供させて頂きますので、弊社問い合せフォームからご連絡下さいね。

どんな特典かはまだ考えてないので、ちょっと時間が掛かるかもしれませんけど。。

PPS
大阪でお世話になった皆様、ありがとうございました!楽しかったです。皆様のおかげで意義深い2日間でした。

PPPS
弊社ではネットショップ運営相談をお受けしています。売上アップ提案だけでなく、業務の整理・切り出し、在宅スタッフ活用、便利な効率化ツールなどなど、すべて料金内でご提案しています。相談無料です。興味がある方は以下ページをご覧下さい。

カテゴリー: 坂本からお知らせ

コマースデザインfacebookアカウントコマースデザインツイッタ―アカウントfollow us in feedly

こちらの記事もおすすめ