「 ポイント 」のタグがついた記事一覧( 35 件)



良いコンサルタントになるには


こんにちは、坂本です。

最近は、おかげさまでテレビに紹介されたり(詳細)、たくさんのご相談を頂いておりまして、10月下旬の時点で、年内分のコンサルティングはすべて枠が全て埋まってしまいました。※現在は、来年1月からのコンサルティングを受けたい方を募集してます。

そこで、新しいECコンサルタントを養成すべく、新規採用を再開しました。興味のありそうな方がいたらぜひご紹介をお願いします! m(_ _; )m≫採用案内ページはこちら

ただ、多くの人は「コンサルタント」という仕事に対して、漠然としたイメージはあっても、実態としてどんな仕事か想像しづらいですよね。そこで今回は、(弊社における)職業としてのコンサルタントについて紹介します。「コンサルタントになりたい人」のみならず、「Webコンサル業をやってみたい人」「経営コンサルに発注したい人」も参考になる、かも。

また、弊社のコンサル研修についても少し紹介しますコンサルタントとは、「経営者に意見できるレベルの社員」ですから、育成は中々大変です。弊社で、「育つ場作り」をどう取組んでいるか書いてみます。研修や育成に興味がある方も是非ご覧下さい。

続きを読む →

なぜ創造的な社長ほど、仕事が散らかるのか?ネットショップのスタッフと体制について


こんにちは坂本です。久しぶりの更新となってしまいました。

思うところがありまして、今回は「小さい会社の組織論」について語ってみようと思います。

以前、「ネットショップの未来」についてのセミナーについて書きました(前回の記事)。好評でしたが、参加した方に話を伺ってみると、未来に向けた打ち手以前に「現在の運営体制が上手く回っていなくて余力がなく、これを解決しないと先に進めない」と言うケースが少なくないことがわかってきました。

足下がぬかるんで進めない感じ。なるほど確かに・・そういう話はよく伺います。そこで今回は、その問題への、(自分なりの)考えを書くことにしました。

続きを読む →

「北欧 暮らしの道具店」の青木さんから5時間ぶっ続けで濃い話を聞いた件


2015-04-17_1426

こんにちは、坂本です。

ここのところ、アマゾンや大企業によるお店が増えてきたこと、競争が激化したことにより、「これからの中小規模ネットショップはどうなるのか」といったテーマがよく話題になりますよね。特に「仕入れ型の店は生き残れるのか」的な。

私もいろいろ考えてきました。で、ある日、とある方に話を聞いてみようと思い立ちました。次世代型の成功事例としてよく紹介される有名店「北欧暮らしの道具店」代表の青木さんです。お店も凄いですが、個人的には青木さんが非常~にスゴい人だと思っています。濃い。

オフィスに行った後、ご飯をご馳走になり、5時間程ぶっ続けでお話しました。最後にお話ししたのが多分数年前なので、昔話に始まり、ローマ時代における軍人皇帝および哲人皇帝の話や文明の発達、事業をやるにあたりいかに哲学的思考が大切か、戦後の日本の会社がどう変遷してきたかなど、濃厚すぎる話も大量に伺いましたが・・・涙を呑んでそこは割愛し、ネットショップ運営に参考になりそうな話を掻い摘んでご紹介します。

続きを読む →

Eコマース業界の動向を10年分振り返ってみた(2005~2015)


こんにちは、坂本です。
※注:この記事は2015年1月に書いたものです

一昨日、楽天のショップ・オブ・ザ・イヤー授賞式(※)のUstreamを見ながら、これまでのECの動向を色々思い出していました。

すると、ここ10年くらいの動向でなんとなく「大きな流れ」があるような気がしたんです。なので、まとめて振り返ってみようかなと思った次第。

経済産業省によると、この10年でEC業界の流通総額は2.5倍程に伸びているようです(2003年4.4兆→2013年11.2兆)。単純に2.5倍という数字だけでなく、その裏では、色んな事がありましたよね。わたしの個人的な経験を中心に振り返りつつ、未来のことも考えてみます。

続きを読む →

再訂正版:楽天の値上げが「どの程度コスト増になるか」試算します


rakutenryoukin

※再度記事を更新しました(2014/10/08)。主な修正点は、「『安全性向上云々』の請求項目は、ユーザ補償の原資ではなく、 『安全性向上のためのインフラ整備』の原資でした」という話です。詳細は後述します。あと、試算用excelに一部誤りがあっため、修正しました。

 

こんにちは、坂本です。
本来シリーズ記事の連載中ですが、予定を変更してお届けしております。

10日ほど前に、楽天の料金改訂が発表されましたね。楽天としては「より買い物しやすいモールを作りたい」等々の理由があってのことだそうですが、出店者の皆さんからは、(改訂意図以前に)「そもそも改訂内容があまりに複雑で、現在もどの程度コストが上がるか試算できていない」という声を多く頂いています。

なので、今回、どの程度コスト増になるか、忙しい方でもザックリ試算できるよう、情報を要約してお伝えします。併せて、「数字を記入すればコスト増予測が出てくるExcelファイル」も公開します。

続きを読む →