後発店舗でもなんとかなるさ


こんにちは、坂本です。

暑さが一段落してクール系商材の売上が落ちちゃってるこの頃ですが皆様如何お過ごしでしょうか。弊社は、おかげさまで最近色々ご依頼が増えてきてまして。。いやもう、ホント忙しいです。8月開始分のコンサルティング、受けられるのはあと1件くらいなので興味ある方はお早めにどうぞ。

.

どさくさに紛れて一発宣伝かましたところで、今日は手短に持論を述べます。
持論というか、最近コンサルしていて感じたこと。

どうやら、後発でも何とかなるみたいです。

つっても、漫然と仕事していてもウハウハ儲かるというわけではなくて、先行店舗の穴があちこちにあるので、「お客のニーズ・自分の強み・競合の動向」の3点をしっかり見ていれば売上げを伸ばす余地・・・まだ食われていないマーケットは結構あるもんだなあと実感しています。

この店はさすがにちょっと難しいかもな・・と思って始めたコンサル先で、よくよく見てみたら良いチャンスが見つかって、スコーンと伸びてしまったりとか。毎回ではないですけど。「やってみたら結構スゴいの見つけちゃった」というパターンが多いんですよねえ。

.

じゃあ具体的にどうしたらいいか、っていう話はなかなか語りにくいのですが、簡単な(そして根本的な)鉄則を一つ紹介します。

先発の競合がいて一番になれない場合は、
新しいカテゴリを作って、そこで一番になれば良い

これ、昔から言われてますし、既にあちこちで語られている話ではありますが・・
注意点があります。分けて説明しましょう。

.

「新しいカテゴリを作る」について注意点

私、最近、USBで動く扇風機が欲しいです。そんな私が、PC周辺機器ジャンルの新カテゴリとして「 USBで動く扇風機専門のネットショップ 」を開店しても・・苦戦は必至ですよね。

いや、専門店作戦はいいと思うんですよ。でも、さすがにUSB扇風機一本の小売では会社が成り立たない気がする。せめてビジネスマンのためのクール商品専門店とか、USB雑貨の店とか、もうちょっと広げないと。なんというか、ニッチ気味に攻めるにしても、ちょうどピントが合う大きさがあるはず。

自分の願望から新カテゴリ作っちゃダメ。「お客のニーズ・自分の強み・競合の動向」の3点をしっかり見る。どう見るかは話し出したらキリないですが、とにかく上記3点を意識しながら動くことだと思います。

.

「一番になる」について注意点

「当店は○○に強い専門店です」って看板に書けばいいってもんじゃないのは分かりますよね。じゃあメルマガに書くのか?っていやいやそういう問題じゃなくて。集客から追客まで、仕入れや組織体制まで、すべてを貫くテーマにならないと結果は出ないはずです。

とはいえ、いきなり大がかりなことはできませんので、まず考えるべきテーマは「自分が『このカテゴリで一番』であることを、店のことを知らない相手にどう分かりやすく伝えるか」という話になります。

具体的なノウハウは・・秘密ですw つっても、何か特別な必殺技があるわけではないんですよ。一般的な方法論の精度を高めるって話です。精度はこんなもんでしょ普通、という常識を越える必要はありますけど。

.

つらつら書きましたが、色んな店を見ていての実感です。私は仕事柄いろんな店を見ますが、コンサルじゃなくて店側の人でも、鋭い人・ヤラしい人(良い意味で)は、同じことを感じているんじゃないかなあと思います。今、この時代になって、狙い目というか穴というか、意外なチャンスが結構転がっているんじゃないかという予感。。

なぜか。

前に、某社長と会ったときに聞いた話。90年代に○○○専門ネットショップを作ったときは、面白いから雑誌とかあちこちに取り上げられたけど、コア過ぎて実際にはさほど売れなかった。だから締めちゃった。でも、今ならいけると思う、とのこと。つまり、ネットを使う人口は間違いなく増えています。客層も広がっている。≫参考。こんな記事見かけました

この商売は早い者勝ちで、後から参加するとめっちゃ不利だと思ってしまいがちですが(実際そういう側面はありますが)、でも、時間と共に市場の状況は変わっていくので、そこに必ずチャンスがあると思うんです。

・・なんか普通の結論だな。。

でもまあ、後発店舗でも何とかなるな、というのが最近の感想です。先行者の皆さんは油断するとまずいですよ、って話でもあります。ごく狭い中での、少ない経験からの実感ではありますが、何かの参考になれば幸いです。

.

PS
ただし、先行者のマネをするってことではありません。「相手がやってない穴が結構ある」のがチャンスだとすれば、マネだけじゃ永遠に勝てませんよね。そういえば過去に似たような記事書いてます。良かったら読んでみて下さい。

PPS
手短にするつもりが結構書いちゃいましたw

RSS / Facebook / Twitter もやってます

更新情報をお知らせします。フォローして頂けると喜びます!
カテゴリー: コンサルティング事例, ネットショップの戦略論, 成功事例 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。