実録!ECコンサルタントの腹黒い会話


こんにちは、坂本です。

私、ちょっと前に、他のコンサルとこんな感じの話をしました。

.

『広告出したときによく売れる商品』ってどんな感じですかね」
「あー。ダウニーみたいなナショナルブランドが最安値、とかでしょw」
「いやいや、そりゃ売れるけど、利幅ないし、正直、リピートも怪しくないすか?

「だろうね。並行輸入とかで安く仕入れられるのが大前提として、薄利多売かなぁ」
「で、しばらく時間経って、競争が激しくなってきたら終了~みたいな・・」
「そうそう。で、『次の売れ筋商品』を見つけ続けなきゃいけないから、疲れるよね」

.

「そういうのじゃなくて、無名ブランドとか自社ブランドで、広告でよく売れる商品ってどんなんでしょうね」
「たっぷり1kg詰め込んで1000円コミコミ送料無料のお試し商品とかw」
「いやいや、それ超赤字だし。リピートどころか、お客さんがお試しばっかり買い続けますよね」
「まあ、1kg詰め込まずに、適量、というか極力ちょびっとだけにしないとダメだね~」
「でも、ちょびっとにすると、今度は広告でバカ当たりはないですよね」
「当然。広告原稿とか商品ページとか、緻密に、じっくりやるしかないよね。地味に。」

.

「で、で、無名ブランドで『広告一発で利益ウハウハな商品』ないすかねw」
「あるよw(悪い顔)」
「マジすか(悪い顔)」
100円のラムネ菓子を別の瓶に入れて、『頭が良くなるサプリ 3000円』つって売ればいい」
「ちょww それマジ犯罪w」

.

「まあそれは冗談として。中身スカスカの商品を、過剰なキャッチで高く売れば、即利益出るよね。理論的には」
「やっぱ犯罪w いや、でも、そういう店ありますね・・」

「そうそう。見れば分かる。レビューの点数が悪い。でも、下手したら広告費払う前に現金が回収できたりして・・」
「あー。無限に広告出しまくれそう。バブル状態!」

「そうそう、広告即現金→またすぐ広告打つ。だから、露出量はすごくて、一時期は流行るだろうね。で、『一世を風靡した後、質の悪さが皆に知られて、売れなくなっていく』という流れ・・(遠い目)」
「リピートしないから、焼き畑状態ですもんね。色々思い当たるわ~。世の中よくできてるわ~。」

「この手の商品は、いわば通販のダークサイドで、大昔からよくあるね。」
「でも、今後はソーシャルメディア発達するし、悪いことはできなくなっていきますね」

.

「あ、思い付いた。他にもウハウハの方法あるな(悪い顔)」
「別の悪徳商法ですかw」
「真っ当な商品を赤字で売ってても利益を出す方法が・・ウヒ(悪い顔)」

「おまわりさーん。ってか、その悪徳商法、当てていいすか?」
「どうぞ」
物販で利益出なくても、購入者名簿を業者に転売するんでしょw 最低ですねw」
「おお。同じ事考えてたww やったら逮捕でしょw あくまで架空の話。冗談ね」

.

「あー、でも、ラムネ菓子は大きなヒントではあるよ」
「犯罪王ですねw」
「そうじゃなくて、今度はマジメに。ラムネの成分知ってる?」
「砂糖?」
「いや、ブドウ糖。脳のエネルギー源。で、昔ながらのラムネ菓子はブドウ糖ほぼ100%。だから脳が疲れたらラムネ食うと回復する。ってネットの記事で読んだ。」(※食べ過ぎると太るのでご注意下さい)
「へー」

「だから、ラムネと同じ成分を、疲労回復つって、ちょい高く売ってる商品は事実存在するわけだ。あくまでヒントね。ブドウ糖売れっつってないからね」
「そこまでアタマ悪くないすよw ってか、なるほどね。」

.

「そんな感じで、健康食品ってのは、健康成分を売るんではなく、『ハッピーな生活』を売っていて、原料費以上に『商品の有り難み』があるから、粗利高めで売れるんだよね。これを過剰にやり過ぎる人がいるから薬事法が存在するわけ。」
「確かに。モノ自体(製品)としての価値と、商品としての価値は別ですよね。」

「この『上乗せされた有り難み』が、業界用語で言う『ベネフィット』だと思うんだよね。つまり、『ベネフィットは儲かる』。ウヒ。」
「そんな悪い顔でベネフィット語る人始めて見たww」

.

手帳なんかも典型だよね」
「あー。単なる紙束だけど『仕事がはかどる生活』を売ってますね。」

「言葉だけじゃなくて、『理想の生活』を写真で表現するのもよくある手だね。たいていの商品で、有り難みは上乗せできると思うんだよな~」
「一見地味だけど、広告効果、というか収益性を上げるには、商品の意義を考えるのが大事かもですね」

「でもさ、広告出すのも考え物で、むしろ・・(と無限に話が続く)」

.

.

とまあ、我々のような「ECのコンサルタント」は・・少なくとも弊社では、こういう話が日常会話です。皆さんが顧客対応したり入庫検品したりしてる間も、延々こういうことを考えています。

特に弊社川村は、飲みながら何時間でも語ります。

「昔のやずやのCMは、『中国人はみんな香酢飲んでる』とか、『ロシア人はみんなケフィア食ってる』みたいな感じだったのに、最近は『雑穀米について大声で雑談する変な主婦の小芝居』になってきた。あれが売れるんだろうか」とか「○ダイエットのTVCMは、ブランド連呼型の広告だけどもっと○○すべきだ、っていうか最近見なくなったから厳しいのかな」とか。職業病w

≫そんな川村のブログはこちら

まあ、ある意味、コンサルって地に足がついていない存在なんですが、年々高度化していく産業構造(特にECが顕著)のなかで、御社の不得意分野をカバーする専門バカがコンサルだと思うんですよね~。実際、私自身、コンサルタントと契約して専門外のことを色々相談していますし。

だから、「私に相談しさえすれば売上○億だよキミィ」って語るコンサルを、「そうなんですか先生!」なんていいながら値踏みするような関係は、健全じゃないと思いますw

.

そんなわけで、7月・8月開始分の弊社コンサルティングがまだ空き枠ありますので、興味ある方はぜひ検討してみて下さい(初心者歓迎)。

食品、ファッション、雑貨、ニッチ、型番、などなど色んなジャンルで、だいぶ成功例が増えてきています。半年頑張れば、状況はかなり変わると思います。
年末商戦に備えるなら今からですよ。

≫詳しくはこちら!

.

PS
この記事はラムネを食べながら書きましたw

RSS / Facebook / Twitter もやってます

更新情報をお知らせします。フォローして頂けると喜びます!
カテゴリー: オリジナル商品のノウハウ, お客さんの購入心理, ネットショップの利益率, 売れる商品企画のノウハウ タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。