ECコンサル坂本のブログ「ECバカ一代」 ECコンサル坂本のブログ「ECバカ一代」

意志が弱くても構わない。良い習慣を身につけるには「堂々と挫折し、自分に優しくする」のが有効。かも。

こんにちは、坂本です。なんかヒドイ感じのタイトルですw 

「悪い習慣をやめられない」「良い習慣が続かない」ということはありませんか?そして、できない理由を自分の意思の弱さのせいだと責めていませんか

今回は、(私と同じように)意思が弱い人のための「悪い習慣を辞めて、良い習慣を身につける」工夫について考えてみます。意志の弱さは、克服しなくてもいいと思うんです。

まず、自分の「意志の弱さ」を「責めない」

ダイエットのような習慣が定着しなくても、「意志の弱さを責めないほうがいい」という話です。

「意思が弱いせい」にすると、問題と向き合えない

以前も、「タバコとダイエットの法則」という記事に書きましたけども。

気乗りしないものは、しないんです。仕方ない。でも、真面目な人ほど、習慣が続かないのを「自分の意志が弱いせい」にしがち

例えばダイエットできない人が、内心は「やりたくない」のにも関わらず、「本当はダイエット続けたいけど、続かないんですよねー」等という言葉で、自分を誤魔化している。

「やりたくないから続かない」だけですよね?そんなこと思ってないのに、ウソの気持ちを自分に言い聞かせている。でも、やりたくないという「本当の気持ち」を誤魔化していると、問題と向き合えない=解決しないのではないでしょうか。

「意志の弱さ」を認めてしまおう

「出来ない自分」を自己否定するのって結構ツラくないですか。「本当はダイエットしたい」「でも自分の意志が弱いせいで続かない」「ダメな自分!バカバカ!」等と日々自分に言い聞かせていると、どうなるか?

本音と建て前、潜在意識と顕在意識が喧嘩して、ツラくなります。自分と向かい合うのがツライ。ツライのはイヤなので、自然と問題を考えることから逃げてしまいます。ツラいから考えないようにする。結果、挫折します。少なくとも自分はこのパターンです。

でも実際は「自分の意志が弱いから出来ないんです」というのはウソで、単に「やりたくない」だけの話なんです。なので、「実はそんなにまで苦労して痩せる気が無い自分」をさっさと認めてしまう方が、問題に対して率直に向き合えるはず。それがスタートラインだと思うんです。

意志の弱さを認める代わりに、環境をよく見て、意志が弱くても実践できるよう「環境の方を変える」ほうがいいのではないか。私は甘ったれなので、そう思います。

自分に甘くして、でも諦めない

ただし、「無理」とは言わない。諦めない。意志が弱くてもいいから、自分で環境を変えて、成し遂げる。 意志が弱い自分のまま、諦めない。そう決心します。

こんな意志が弱い自分でも何とかなる方法はないか?
何か良い方法があるはず。

言い換えると、「意志の弱い自分」の世話を焼く「もう1人の自分」になる、という構図です。「だってこの人(=自分)は意志が弱いから仕方ないじゃないか」「でも、なんとかしてあげよう」というスタンス。それを考えて、色々試すのです!

※逆に、自分の意志の弱さを責めている人は、「意志の弱い自分」を叱りつける「もう1人の自分」になることで、何かから逃避していませんか?それは自分が可哀想です。意志が弱いなりに頑張っているんだから、何とかしてあげましょう。

「意志が弱くても大丈夫な環境」を作ろう

ということで、意思の力ではなく、自分の意思が弱くても実行できるような「環境づくり」について考えてみましょう。

「自分の意志の弱さ」を「観察」する

やりたいことが出来ない・習慣が続かないとき、私は「自分の意志の弱さ『以外』の理由」について考えます。

自分は悪くない。意志が弱いのは仕方ない。環境が悪い。一体、何が起こったのか?なぜ出来なかったのか?

「こんな意志薄弱な人(自分)でも出来るようになるにはどうすれば良いか?」

あくまでも自分に優しく向き合いますw

言い換えると、自分を、お年寄りや小さい子供のような、弱者に見立てるのです。「自分という弱者」のためのバリアフリー化を考えましょう。

自分による自分のためのバリアフリー化です。なにしろ、小石にもつまづくほどの弱者ですから、小石も丹念に取り除いてあげましょう。何も恥じることはありません。

ラクして着手できる状態にする

一般的には、良い習慣を身に付けて悪い習慣を辞めるには、「意思の力が大事」だと思われがちです。でも、意思の力には限度があるんです。

環境づくりのポイントは、だらけている状態でも、低い意識レベルの状態でも、今よりも少し楽に着手できるようにするという考え方です。

たとえば、

  • 部屋が散らかっていてゴミが溜まりがちという人は、意思を強く持ってゴミを捨てるのではなくて、「大きいゴミ箱」を買う。「楽に捨てられる」から、自然と「捨てる」。
  • 忙しくてブログやメルマガを書く習慣が身に付かないなら、PCを立ち上げたり、指定の時間になったら画面が勝手に立ち上がるようにすると、前よりもラクに着手できます。
  • 「ダイエット中なのにお菓子をつい食べてしまう」人は、家の中からお菓子を無くすとか、低糖質のおやつを沢山用意しておく等。

自分を追い込むのではなく、自分を甘やかす。少しでも楽に、目標に近づけるような「バリアフリー化」をするのです。

環境づくりの「20秒ルール」

環境作りのヒントとして、「20秒ルール」という考え方があります。とある本(※)に書いてありました。

  • 「20秒以内に実行できる」行動は、促進されます。
  • 逆に、「20秒以上掛かる」行動は、抑制されます。

例を挙げましょう。

たとえば、ジョギングを習慣化したいのに続かない人は、たぶん走り始めるまでに20秒以上かかる状態にあるはずです。そこで、「20秒以内に走り出せる状態」を作ると、状況は変わるはずです。具体的には、ジョギング用品一式を玄関に常置しておく等。

一方で、タバコの悪い習慣をやめられない人は、たいてい吸いたいなと思った20秒以内に吸えてしまう状態にあるはずです。これを、何とかして「20秒以上掛かるよう状態にする」と、抑制されるはずです。20秒以上かかる場所にタバコを置いておく等。

このように、辞めたいものは20秒以上かかる場所にして、習慣化したいものは20秒以内に着手できるようにする、というだけで随分環境が変わるそうです。

※幸福優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論(徳間書店)

大切なのは「意志の強さ」より「諦めの悪さ」

そんな感じで、あとは色々考えて、色々試すのを辞めなければ、挑戦し続ければ、「いつかは達成できる」と思うんですよね~

知っていても実践できるわけじゃない。やっぱ難しい。人間だもの。

でも、無理じゃない。「無理」じゃなくて「まだ無理」なだけ。
だから、諦めずに考え続け、挑戦し続けること。

そんな感じで、私は意志の弱い自分を責めず、でも諦めず、「悪いのは自分ではない」と棚上げして、自分ではなく環境の側を変える工夫を考え、挑戦し続けたいと思います。

皆さんもお試しください!お互い頑張りましょう。

カテゴリー: 判断力と実行力

更新情報をお知らせします!

メールアドレスを登録するだけで、ネットショップ運営に役立つ情報や経営のヒントになる情報をお届けします! コマースデザインのブログの最新情報は、Facebook&Twitter、RSSでも受け取ることができます。フォローして頂けると喜びます!

ネットショップ運営に役立つTipsが満載 無料メールマガジン配信中! 詳しくはこちら

コマースデザインfacebookアカウントコマースデザインツイッタ―アカウントfollow us in feedly

あわせて読みたい