「 アマゾン 」のタグがついた記事一覧( 21 件)



「ネットショップの独自化」セミナーのお知らせ(7/21@名古屋)


こんにちは、坂本です。

以前から開催して欲しいとのリクエストが多かった、「ネットショップの独自化」のセミナーを名古屋でやることにしました。7/21(木)13:00~17:00 です。

「独自化」とは何か?

皆さんご存じの通り、これから、どんどんアマゾンと大手が伸びて、中小ECを圧迫してきますよね。そんな中、大手に埋もれず、売れ続ける店になるためには何をすべきか、という話です。これは、以前書いたブログ記事(「これからのEC」の話をしよう)でも触れた論点ですが、今回、より実践に踏み込みます。

考え方と事例についてお話しします。店によって何をすべきかは千差万別なので、色んなパターンと事例を、「山のように」紹介します。それを聞いて頂くと、御社にとっての突破口が、1つくらいは見つかるのではないか、と目論んでいます。これまで何度か開催し、大変好評でした(皆さんの感想を後述します)。

現状に危機感があり、「未来へのヒント」を探している方にお勧めです。

続きを読む →

「これからのEC」の話をしよう


dinosaur-470161_640

こんにちは、坂本です。

ネットショップ業界では、Amazon(などの大手)が勢力を 伸ばしてくる中、不安になっている人も多いのではないかと思います。私も色々思うところがあります。小規模ECの今後について考えてみたので、以下、私見をつらつら書いてみます。

※年明けに「今年の展望」としてリリースするつもりでしたが、バタバタで遅くなってしまいました。今年も宜しくお願いします!

続きを読む →

「北欧 暮らしの道具店」の青木さんから5時間ぶっ続けで濃い話を聞いた件


2015-04-17_1426

こんにちは、坂本です。

ここのところ、アマゾンや大企業によるお店が増えてきたこと、競争が激化したことにより、「これからの中小規模ネットショップはどうなるのか」といったテーマがよく話題になりますよね。特に「仕入れ型の店は生き残れるのか」的な。

私もいろいろ考えてきました。で、ある日、とある方に話を聞いてみようと思い立ちました。次世代型の成功事例としてよく紹介される有名店「北欧暮らしの道具店」代表の青木さんです。お店も凄いですが、個人的には青木さんが非常~にスゴい人だと思っています。濃い。

オフィスに行った後、ご飯をご馳走になり、5時間程ぶっ続けでお話しました。最後にお話ししたのが多分数年前なので、昔話に始まり、ローマ時代における軍人皇帝および哲人皇帝の話や文明の発達、事業をやるにあたりいかに哲学的思考が大切か、戦後の日本の会社がどう変遷してきたかなど、濃厚すぎる話も大量に伺いましたが・・・涙を呑んでそこは割愛し、ネットショップ運営に参考になりそうな話を掻い摘んでご紹介します。

続きを読む →

Eコマース業界の動向を10年分振り返ってみた(2005~2015)


こんにちは、坂本です。
※注:この記事は2015年1月に書いたものです

一昨日、楽天のショップ・オブ・ザ・イヤー授賞式(※)のUstreamを見ながら、これまでのECの動向を色々思い出していました。

すると、ここ10年くらいの動向でなんとなく「大きな流れ」があるような気がしたんです。なので、まとめて振り返ってみようかなと思った次第。

経済産業省によると、この10年でEC業界の流通総額は2.5倍程に伸びているようです(2003年4.4兆→2013年11.2兆)。単純に2.5倍という数字だけでなく、その裏では、色んな事がありましたよね。わたしの個人的な経験を中心に振り返りつつ、未来のことも考えてみます。

続きを読む →

再訂正版:楽天の値上げが「どの程度コスト増になるか」試算します


rakutenryoukin

※再度記事を更新しました(2014/10/08)。主な修正点は、「『安全性向上云々』の請求項目は、ユーザ補償の原資ではなく、 『安全性向上のためのインフラ整備』の原資でした」という話です。詳細は後述します。あと、試算用excelに一部誤りがあっため、修正しました。

 

こんにちは、坂本です。
本来シリーズ記事の連載中ですが、予定を変更してお届けしております。

10日ほど前に、楽天の料金改訂が発表されましたね。楽天としては「より買い物しやすいモールを作りたい」等々の理由があってのことだそうですが、出店者の皆さんからは、(改訂意図以前に)「そもそも改訂内容があまりに複雑で、現在もどの程度コストが上がるか試算できていない」という声を多く頂いています。

なので、今回、どの程度コスト増になるか、忙しい方でもザックリ試算できるよう、情報を要約してお伝えします。併せて、「数字を記入すればコスト増予測が出てくるExcelファイル」も公開します。

続きを読む →