楽天スマホ編集機能バージョンアップについての解説


こんにちは、坂本です。

すいません。分かってます。また久々の更新です。
しかも、今回の記事は弊社スタッフの武に書いてもらいましたw

でも、楽天出店者の方にはちょっと役立つかもなので、お付き合い下さい。
(それ以外の方はスイマセン)

本ページ末尾には、もれなくもらえる読者プレゼントがあります!

 

コマースデザインの武です!

弊社で提供している、ネットショップ運営支援ツールの
企画開発・サポートを担当しています。

これからも店舗運営に役立つツールをどんどん提供していきますので、
今後とも宜しくお願い致します。

≫弊社提供ツール一覧はこちら!無料ツールが沢山あります

 
 

楽天スマホ編集機能について解説

実際、どこが変わったの?

今回の機能改善のポイントは、
「商品ページに表示できる項目が増えた」という事です。

表示できるようになった項目は、下記の4つです。

  • (1)商品ページ共通説明文
  • (2)大バナー
  • (3)小バナー
  • (4)目玉商品

とは言っても、これでぱっとイメージが沸く方は少ないと思うので、
弊社で図解を用意しました。

↓表示項目が増えると、スマホ版商品ページはこんな風に変わります

http://www.commerce-design.info/clip/2012-10-09_1607.png

楽天でのスマホの機能改善はどんどん進んでいますが、
今回は全商品ページ対象なので、特に回遊性がぐっとあがりそうですよね。

店側にとってのメリットは何?

実はこれ、店側にとっては「ラクに回遊性をUPできるチャンス」なんです!

何故かというと…「商品ページに表示できる項目が増えた」と言いましたが、実はその内下記3つは、元々トップページに表示されていたものなんです。(スマホ編集してない方は別です^^;)

  • (2)大バナー
  • (3)小バナー
  • (4)目玉商品

今回の機能改善では、上記のような元々トップページに表示させていたものを、全商品ページにも自動掲載できるようになったという訳です。
つまり、『1回編集するだけで、全商品ページの回遊性をUPできる』んです。

しかも、編集もカンタン。

既にトップページで上記3つを表示している店の場合、RMS内の設定で「商品ページにも表示する」とクリックするだけです。トップページと同じものが、全商品ページに適用されます。(詳細な設定手順は楽天のマニュアル参照)

「え、うちはまだトップページにすら載せてないよ…」という店長さんも、これを機に編集してみませんか?

この機能を使って、主力カテゴリのページや、売れ筋商品のページにリンクするバナーを付けると、随分変わると思います。

事例紹介

ショップオブザイヤー店舗の例

でも実際に楽天内を見ていると、まだ初期状態のままのお店が結構多いです。
きっとみんな「どういじればいいのか分からない状態」なんですよね…。

そこで、上手に活用している店舗さんを紹介します。

楽天ショップオブザイヤー受賞店舗さんで、
この機能を既に活用している店舗さんのURLを以下に転載しました。

下記の文面をコピーして、
自分のスマホのメールアドレスに送れば、確認できます。

(※掲載させて頂いた皆様、問題があれば恐れ入りますがご連絡下さい。)

+++++++ここからコピー+++++++

■SOY店舗のスマホ商品ページ byコマースデザイン

PC http://www.rakuten.co.jp/sanwadirect/ 
食品 http://www.rakuten.co.jp/shizennoyakata/
ファッション http://www.rakuten.co.jp/luzllena/ 
ヘアケア http://www.rakuten.co.jp/nakano-d/ 
インナー  http://www.rakuten.co.jp/shirohato/ 
靴 http://www.rakuten.co.jp/z-craft/ 
医薬品 http://www.rakuten.co.jp/kenkocom/ 

+++++++コピーここまで+++++++

当社の凄いツールを紹介!(無料)

でも、実はもっとラクにスマホページを見る方法があります!

弊社で無料配布しているソフト「スマキチ」を使うと、
今見ているPCでそのまま”スマホ表示”を確認できます。

「自分はガラケーしか持ってないし、会社用のスマホはないし・・」
「スマホはあるけど、ちまちま確認するのが面倒!」

そんな方にお勧めです。

「スマキチ」なら普通のブラウザと同じように、見たいサイトのURLを入力するだけで、そのページのスマホ表示が見れちゃいます。

(しかも、ガラケー版楽天にも対応しています!)

http://ec-tools.jp/lp_img/SK/sk_fview.png

よかったら使ってみて下さい!

>>スマキチの紹介と無料ダウンロードはこちら!

 
 
 

 

はい、ここから坂本です。

念のため申し上げますが、今回の記事は「なにをさておきスマホ対応を!」という趣旨ではありません。スマホ対応よりPC版サイトに手を入れるべき方が沢山いらっしゃいますし。

なにしろ、事例にあげたお店はスタッフの方も多いと思いますが、
普通の店は1人が基本ですからねー。優先順位考えて、忙しい中で自分の萎えそうになるやる気を高めつつ(コレが大変)、頑張らないといけないわけで。

そんな忙しい1人店長にとっては、スマホ編集ってよくわかんねえなあ、と思いがちなわけですが、まあ、この記事を読んで、そんなに難しくないのかな、と思って頂ければ本望であります。

あと、1人店長の方こそ、「スマキチ」をぜひ使って下さい。
やばいくらい便利です。

ちなみに、どうでもいい話ですが、スマキチはSmartKitty(賢い子猫)の略です。
ぜひ、「スマァキリィ~」って英語風に呼んで下さい。

http://www.commerce-design.info/clip/20121091853.png

PS
当社「楽天専門コンサルティング」は、現在11月開始分を受付中です!「即効性があって年末商戦に間に合う施策」をご提案出来ますので、やるなら良い時期です。興味のある方は、前向きにご検討下さい。

クライアントさんから、今週いくつかメールをもらったので自慢します。

今日は午後から9月末の決算数字の集計をしてました。
通期の全体売上は暫定で(中略)昨対134%。
ここまで来たのも、○○さんのお蔭ですね。
今月は2000万円も狙えるかもしれない感じ、ホント感謝してます。
※この方、コンサル開始時は月商30万でした
今月に入って、○○がついに1000万円の壁を突破しました。次は2000万目指して頑張ります。※この方、開始時は700万くらいでした

我々も魔法使いではないので、どんなお店でも売上貢献できるとは限りません。あっという間に伸びる方、じわじわ伸びる方、残念ながら苦戦する方、いらっしゃいますが、共通して言えるのは「不明確だった店舗運営の方向性がハッキリして迷いがなくなった。何をすれば良いかが分かった」という点ですね。

自店舗の現状に、年内でケリを付けたい方は、ここをクリック!

RSS / Facebook / Twitter もやってます

更新情報をお知らせします。フォローして頂けると喜びます!
カテゴリー: スマホ対策, ネットショップの回遊性, ネットショップ業務の効率化, 便利な無料ツール, 楽天ショップオブザイヤー, 楽天市場 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

楽天スマホ編集機能バージョンアップについての解説 への2件のフィードバック

  1. 大西雅子 のコメント:

    ブログを参考にしながら、スマホページ短時間で仕上げることができました。
    ショップオブザイヤー店舗の例は有益でした。ありがとうございました。ブログ更新楽しみにしています。

  2. 田尻芳樹 のコメント:

    いつもお世話さまです。今回の記事も大変参考になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。