競合戦略を立てる前に、まず競合他社を「尊敬」する


こんにちは、坂本です。

.

コンビニで和菓子を見かけて、思ったんですけどね。

私のクライアントさんは手作りの和菓子を売ってるようなタイプの人が多いので、私自身も当然そういった人たちの味方なんですが、でも、コンビニに流通する和菓子を企画している人も当然一生懸命色々考えてるんだろうなあと。

「高コスト高品質の和菓子」が善で低コストの和菓子が悪、ってことはないなあと。それぞれ一生懸命考えて仕事してるよなあ、と。まあ当たり前のことなんですけど。

.

某社の役員の方から習ったんですが、競合戦略を立てるときには、自分の部下に「競合他社の社長になったつもりで戦略を考えさせる」そうです。

たとえばAという強みのあるA社(自社)と対峙している、Bという強みのあるB社が、A社に負けないために何をするか。それを、自社の社員に本気で考えさせるそうです。で、その社員が上げてきた「B社の戦略」を見て一旦却下する。「そんな戦略はぬるい、練り直せ」と。で、社員はまた本気で考える。次に上がってきた「B社の戦略」を見ると「確かにこれは凄い!納得!っていうかこれやられるとウチ(A社)はヤバイ!」という話になったりする。で、「競合(B社)が取り得るヤバイ戦略」に対する自社(A社)の対策を考えるわけです。

こういうトレーニングをしていると、スキが無くなりますよね。こういった力のある役員が仕切る事業はさぞ伸びるだろうと思いましたねー。

.

人間心理として、ついつい、ライバルを悪く言ったり、その戦略性を低く見積もったりしがちなような気がします。でも「米兵は腰抜けなのでこのような攻撃をすると逃げ出すであります」みたいな前提で作戦立てちゃダメですよね。

実戦的な戦略を立てるには、競合への尊敬が必要だと思うであります。

「あんな安物売ってるなんて詐欺だよね」なんて罵倒してスッキリするのは論外。安い商品を安く売る会社にも物凄い苦労があり、思いがあるからです。

競合として相手の商売が成り立っている以上、相手の方を支持するお客さん達が居るわけです。そこには真実がある。

安売りとポイント倍付けばかりの店だろうが、オリジナリティのないパクリ野郎だろうが、そこには一定の真実がある(多分)。

.

お互い仕事なんで、商売上は「大切なお子様のために安物じゃなくて高品質な○○を」なんて自店舗の強みを活かすセールストークをするのは当然です。

でも、その裏には、競合へのリスペクトがないと正しい戦略が立てられないんじゃないかな、と思う次第であります。

.

敬意を持って競合を観察し、負けない戦略を考える。

尊敬する人からは、見てるだけで色々学べるものですよね。 であれば、気になる競合が居るのであれば、一旦相手を尊敬する、という方法もあるように思います。

RSS / Facebook / Twitter もやってます

更新情報をお知らせします。フォローして頂けると喜びます!
カテゴリー: ネットショップの戦略論, 価格競争, 競合対策 タグ: , パーマリンク

競合戦略を立てる前に、まず競合他社を「尊敬」する への1件のフィードバック

  1. ヒロ のコメント:

    一経営者として、読んで思わず「ドキっ」とさせられる話でした。
    私の業界も安売り業者が雨後のタケノコのようにぞくぞく誕生して
    既存の業者がまるで大型スーパーが出来た地元商店街の店舗の
    ようにバッタバッタと潰れたり、廃業したりしています。
    ただ、潰れて行く方は私から見れば何もしようとせず終わっているだけの
    店舗で、「負けてたまるか」という気持ちがある店は例え広告代等の
    経費は掛けなくてもあの手この手を考え実践しているように思います。
    書かれていたように「悪貨が良貨を駆逐する」と嘆くより、そちらに
    お客を取られた自分の不甲斐なさを反省し、対抗策を練っていくのが
    企業としての本道だと感じました。今までも似たような話はスタッフとも
    していましたが、今後はもっとシビアに戦略を練って対応して行きたいと
    思いました。これからも頑張って下さい。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。