ECコンサル坂本のブログ「ECバカ一代」

EC事業の組織論 の記事一覧

長時間労働の原因と対策:「社員が育つ職場」を作るには?

こんにちは、坂本です。 最近、「働き方改革」「長時間労働の規制法案」が話題になっていますね。 そんな中、知人含め色んな経営者の方が「でも長時間労働も仕方ないよねぇ」というお話をされているのをよく見かけます。なかなか表では言わないんですが、長時間労働やむなし、と見る方も少なくないんですよね。私もいち経営者ですし、お話はよく分かります。 そこでこの記事では、(中小企業経営者が言いがちな)肯定派の主張を読み解きつつ、中小企業経営の現実から、長時間労働の対策・生産性向上策を考えてみよ …

詳細を見る

なぜ創造的な社長ほど、仕事が散らかるのか?ネットショップのスタッフと体制について

こんにちは坂本です。久しぶりの更新となってしまいました。 思うところがありまして、今回は「小さい会社の組織論」について語ってみようと思います。 以前、「ネットショップの未来」についてのセミナーについて書きました(前回の記事)。好評でしたが、参加した方に話を伺ってみると、未来に向けた打ち手以前に「現在の運営体制が上手く回っていなくて余力がなく、これを解決しないと先に進めない」と言うケースが少なくないことがわかってきました。 足下がぬかるんで進めない感じ。なるほど確かに・・そうい …

詳細を見る

人材育成の課題。初心者が「早く中級者になる」ためには?

こんにちは、坂本です。 今回は「上達論シリーズ」の第2回です。前回、マニアックすぎてスルーされるだろうと思っていたのですが、結構な数の「いいね」数を頂きましたw ありがとうございます。 前回のテーマは、「上級者は、何が違うのか?」。 今回のテーマは、「初心者が早く中級者になるには」。 「入社したばかりの新人」などの「初心者」が、いち早く中級者へとレベルアップするためには何が必要か、について考えます。

詳細を見る

人材育成のポイント:「上級者」は、何が違うのか?

こんにちは、坂本です。 突然ですが、私の「研究」の成果を発表させて頂きますw 物事に上達するプロセスについて研究しました。人材育成の参考になると思ったからです。 ネットショップの売上アップって、慣れとか上達が大事だと思うんです。聞いたノウハウをすぐに真似て売上伸ばせる人ってそういませんよね。 あまりやったことがない施策を、まず勉強して、分からないなりにやってみて、トライアンドエラーを繰り返して、上達していきますよね。慣れると、売れる商品ページをバンバン作れるようになったりしま …

詳細を見る

忙しい人が「自分の分身」を作る方法

こんにちは、坂本です。 最近、人に会うと第一声で「忙しそうですね」と言われます。忙しいアピールはかっこよくないので自重します。。 さて、仕事が忙しくなると大抵考えるのが、「自分の分身が欲しい」「俺がもう1人いれば売上3倍だ」「コピーロボットが欲しい」など。 で、例によって話を広げますが、人類の文明はまさに「自分の分身」を作ることによって進化してきたと言っても過言ではありません。なので今日は、歴史に学びつつ、仕事が楽になる方法を考察してみます。

詳細を見る

今の組織には「自律型人材」が必要なのに、現実は「言われたらやる」人のほうが多い理由とは

こんにちは、坂本です。 突然ですが、現代の組織には「自律型人材」が大勢必要です。昔よりも、「言われてやるだけの人材」は価値が低くなりました。だけど現場では、受動的な人が多いです。 そこで今回は、(1)なぜ現代は「自律型人材」が必要なのか?(2)なぜ受動的な人が多いのか?対策は?・・について話します。

詳細を見る

経営者とは「○○を作る職業」である

こんにちは、坂本です。今回は経営論語っちゃいます。 私、一応社長ですが。。零細ですし、組織だった会社ではありませんので、Eコマースについてならともかく、大上段の経営論について語れる立場じゃないと思ってはいます。 にも関わらず、「経営者とは」について自分で納得する表現が見つかったので、嬉しくなって、自分の未熟さを棚上げして書いてみます。ご意見があれば優しくご指導賜れますと幸いです^^;

詳細を見る

トムソーヤとベストキッドに学ぶ「ペンキ塗り経営」

今回の話も、かなり妄想入ってます。笑 さて、以前も書きましたが、自分の中で、「巻き込み型」が最近流行ってます。 従業員やお客さんに、主体的に働いてもらうスタイルです。 例えば、お客さんに働いて貰う場合は、お友達紹介とか、タダでブログに載せて貰うとか、情報(コンテンツ)提供してもらうとか。対従業員では、営業成績を目標以上に積み上げてもらったり、通常業務と別にアイデアコンテストを開催して、時間外労働でネタ出ししてもらうとか。 何とも都合の良い話ですね。でも、以前も書いたとおり、う …

詳細を見る