運営ノウハウ ネットショップ運営に役立つ、様々なノウハウを提供しています 運営ノウハウ ネットショップ運営に役立つ、様々なノウハウを提供しています

楽天ペイ

楽天ペイとは?

楽天ペイとは、楽天市場が提供している決済サービスです。ユーザ向けと店舗向けの2種類のサービスがあります。

ユーザ向けサービスの「楽天ペイ」

ユーザ向けの決済サービスとしての「楽天ペイ」について、説明します。

一般向けの楽天ペイは、実店舗や楽天市場以外のネットショップでも、楽天会員情報(楽天IDとパスワード)で簡単にオンライン決済できるサービスです。

楽天IDに登録しているクレジットカード情報を利用し、お買い物ができます。メリットとして、代金の支払い時に、「楽天スーパーポイント」の獲得および利用ができます。

楽天ペイ(アプリ決済)

実店舗でお買い物する際、楽天ペイアプリを利用することで、現金やクレジットカードを使わず、スマホだけで支払いができます。支払方法は、「QRペイ」と「セルフペイ」の2種類から選べます。

  • QRコード(プリント型)  :印刷されたQRコードを読み取って支払い
  • QRコード(ワンタイム型):店舗のスマホやタブレットに表示されるQRコードを読み取って支払い

楽天ペイ(オンライン決済)※楽天市場以外

独自ドメイン店でも、楽天の会員情報でお買い物することができます。

お客さんは、店舗独自のECサイト毎に、いちいち会員登録しなくて済み、使い慣れた楽天市場のかごで買い物することができます。

会員登録が面倒だったり、カード情報の入力に不安を感じたり、カート離脱の予防策として効果的です。

店舗向けサービスの「楽天ペイ」

店舗向け決済サービスとしての「楽天ペイ」は、以下の通りです。

楽天ペイ(実店舗決済)

実店舗のレジ回りのサービスです。

低コストでカードリーダーを設置でき、クレジットカードや電子マネー決済を導入できます。以前は、「楽天スマートペイ」と呼ばれていました。

また、カードリーダー不要で、QRコードのみでも利用できるようになっています。印刷したQRコードか、スマホやタブレットで使える専用アプリでQRコードを発行できます。

楽天ペイの加盟店になると、ユーザは楽天ペイアプリでお買い物ができるようになります。

楽天ペイ(楽天市場決済)

楽天市場内での楽天ペイは、楽天内の決済一元化&サービス向上の施策です。

楽天出店者の決済方法を統一し、楽天市場が決済業務を代行するサービスのことです。
以下のブログ記事で詳しく紹介しています。