運営ノウハウ ネットショップ運営に役立つ、様々なノウハウを提供しています 運営ノウハウ ネットショップ運営に役立つ、様々なノウハウを提供しています

EC決済

EC決済とは?

EC決済とは、ネット通販において、顧客が代金を支払う際の決済方法のことです。

ネットショッピング時、お客さんが希望する決済手段がない場合、購入をあきらめてしまい、離脱されてしまう場合があります。

決済方法を充実させることで、コンバージョン率の向上につながります。
クレジットカード決済

代表的なEC決済

ネット通販の代表的な決済方法は、以下の通りです。

クレジットカード

ネットショッピングで、最も多く使われている決済方法です。注文内容の確認時などに、カード情報を入力し、代金を支払う決済方法です。

ポイントがつくなどお得です。

代金引換

商品の受取と引き換えに、配送業者に代金を支払う方法です。代引とも呼びます。

店舗側は、簡単に導入ができ、入金確認の手間もかからず、「商品が届かない」といったトラブルを回避できるメリットはあります。

お客さん側は、受取時に在宅し、現金を用意しておく必要があります。また、代金引換の手数料がかかります。

銀行振込

注文確定後に、代金を銀行口座に振り込んでもらう支払い方法です。

店舗側は、銀行口座さえあればすぐに導入ができます。商品の発送は代金の入金確認後となり、入金確認の手間は増えます。

後払い

商品の発送時、代金の支払案内用紙などを同封し、商品受け取り後に、コンビニや銀行で代金を支払ってもらう方法です。

店舗側には未払いのリスクがあり、支払遅延時の催促や回収の手間がかかります。

コンビニ決済

コンビニの専用端末で、商品代金を支払う方法です。24時間利用できるメリットがあります。

その他のEC決済

利用者が日頃利用しているサービスのログイン情報を用いて、決済を行うことができます。

会員登録やカード情報などの入力が不要ですぐに支払いができ、ポイントがたまる&使えるメリットがあります。