コツ41|商品購入後のメールで店の信用度を高めよう

ユーザーは、「必要なメール」なら読んでくれます。宣伝色の強いメルマガは、あまり開封しませんが、商品購入後の確認メールは、開封して確認します。

開封率の高いメールで信頼度アップ

なぜなら、「注文が受け付けられたか」「いつ到着するのか」など、必要な情報が書かれているからです。だから、確認メールの開封率は、とても高いです。

メルマガではないので、「あからさまな宣伝」を書くのは好ましくありませんが、配信することで、「知りたい情報をきちんと教えてくれる信頼できる店」という印象を与えることができます。

ネットショッピングに慣れたユーザにとっては「常識」

また、ネットショッピングに慣れたヘビーユーザーにとっては、商品購入後の確認メールは「配信されて当たり前」のメールなので、送らないと「怠慢で雑な対応をする店」だと思われてしまうことも。

店舗の信用や、リピート率向上のために欠かせないので、ぜひ習慣化しましょう。

2種類の確認メールで安心感を演出する

受注後に送る確認メールは、2種類あります。

「サンクスメール」が届かないと、お客さんは不安に

まず、注文を受け付けたら「サンクスメール」(受注確認メール)を送ります。このメールが届かないと、購入客は自分の注文が受け付けられたのかどうかわからないので、不安になってしまいます。

楽天市場などのショッピングモールでは、注文内容確認メールがシステムから自動配信されますが、店舗からもオリジナルの内容で送ることで安心感につながります。

「発送完了メール」は開封率が高い

次に、商品を発送したら(もしくは発送日が確定したら)、「発送完了メール」を送ります。

実はこのメールは、サンクスメールよりも開封率が高くなります。「いつ到着するか」を、購入客は一番確認したいのです。意外と出していない店も多いので、出すだけで差別化になり、店舗の好感度を高めることができます。

さらに、事前に説明文を読まなかった購入客による「商品がなかなか届かない」などのクレームの軽減にも多少役立ちます。

サンクスメール&発送完了メールの文例

確認メールの例。例えば、サンクスメールであれば、挨拶やお礼は人間味を持たせつつ簡潔に。

「フォローメール」をリピート促進の布石とする

商品到着から1週間程度たったら、「フォローメール」を送ります。このメールで伝えるべきことは、主に4つ。

  • 「丁寧なお礼」
  • 「商品が無事到着し、問題がなかったかの確認」
  • 「商品へのコメントやレビュー記入の依頼」
  • 「関連商品の評判の紹介」

これらは文面を作っておいて、使い回すといいでしょう。

フォローメールの文例

フォローメールであれば、例えば「件名」にはできるだけユーザーの名前を載せる。など

関連記事

関連するコツ

用語