運営ノウハウ ネットショップ運営に役立つ、様々なノウハウを提供しています

コツ42|開封率100%の「同封チラシ」を活用しよう

前のコツ41でも述べた通り、購入後にメルマガを読んでくれる購入客は、ほんの一部です。

最近では、「メルマガを購読しない」設定を選んでから、商品を購入するユーザーも増えています。

「同封チラシ」は一度は目に入る

だからこそ、購入後のサンクスメールやフォローメールなどが重要になるわけですが、これらのメールすら開封しないユーザーもいます。

そこで活用したいのが、商品に同封するチラシや冊子です。

購入客は、届いた包みを必ず開封し、中に入っているものを確認し、取り出します。そこに何か伝えたいことを記載したチラシ類を同封しておけば、確実に一度は目に入ることになりますよね。

きちんとした体裁ではなく、白黒A4紙でもOK

パンフレットのようにきちんとした体裁のものでなく、白黒のA4紙一枚でも構いません。

これに例えば、

  • おすすめ商品・期間限定商品の案内
  • 店舗紹介ページ(コツ23)を抜粋した、店舗紹介

などを掲載し、リピート購入を促進します。

ちなみに、広告の一種として「同封広告」というものがあります。

通販会社などの配送物にチラシを同封してもらうもので、Amazonや大手通販ショップを利用すると付いてくることが多いです。

自社で通販をやっているのだから、封入物は、「無料の同封広告」とも言えます。使わない手はありませんね。

同封チラシの例

購入に対する店舗からの「お礼メッセージ」を同封しているお店も多いですが、お礼だけではリピートに結びつきにくいもの。

「ほかにもいいものがありますよ」と紹介する気持ちで、ぜひ案内も載せましょう。

文房具をもっと好きになるミニミニ情報ペーパーとして、おすすめの文房具を紹介している『ワキ文具』

クーポンや粗品同封でお得感を演出する

届いた商品に満足し、店への信用が生まれ、今後リピートしてもいいなと思ってくれた購入客がいたとします。

こういうお客さんの背中を押す「お得感」があれば、よりリピート率がアップするものです。

クーポンで、リピート購入を促進

そこで、同封チラシに、例えば「次回購入時500円引き」や「特定の商品を10%オフ」などのクーポンを付けておきます。リピートだけでなく、類似商品の場合、他店への流出防止にもある程度効果はあるはずです。

次回購入の割引クーポンとともに、さりげなく商品紹介もしている

オマケでお店の印象アップ

また、注力商品のサンプルや、ちょっとした雑貨などの粗品を同梱するのもおすすめです。

ちょっとしたサプライズプレゼントは、購入客の心証をアップしてくれるもの。ただ、「注文していない商品が入っている」などと誤解されないように、簡単な説明メモなどを付けることを忘れずに。

なお、これはあくまでもおまけなので、購入した商品自体が、不備なくきちんと配送されていなければ、満足度の向上にはつながりません。不十分なサービスの埋め合わせにはならないので、注意しましょう。

ミニコラム:同封チラシが向かないケースもある

納品書を同封していない店の場合、同梱チラシには注意が必要です。

納品書を同封しない理由が「ペーパーレス」(紙の使用節約)だった場合、チラシを入れるとお店のポリシーを疑われることもありますから、こういった場合はメルマガでクーポンを送るなど、紙ではない方法をとらざるを得ない場合もあります。

また、ギフト配送の場合は、先方にきちんと商品が届くことをユーザーは一番気にしているものです。納品書はもちろん、同封物を差し替えるなどの調整が必須です。例えば、レビュー記入のおまけなども、ギフト送付先に同梱するべきなのかどうか、購入客に前もって確認しておくなどすると、クレームを予防できるでしょう。(川村)

関連記事

関連するコツ

用語