運営ノウハウ ネットショップ運営に役立つ、様々なノウハウを提供しています 運営ノウハウ ネットショップ運営に役立つ、様々なノウハウを提供しています

開封率

開封率とは?

開封率(open Rate)とは、「配信したメールやメルマガが、どのくらいの割合で読者に見られたか」、受け取ったメールを開封した割合を指します。

メールマーケティングにおいて、開封率は重要な指標です。
開封率を計測することで、配信したメールの効果検証をすることができ、メールの件名や配信タイミングなどの改善につなげることができます。

開封率の算出方法

開封率は、「開封数 ÷(配信数 – 不達数)」で求めることができます。

メールを配信しても、迷惑メール扱いになるなどして、相手に届いていない場合がありますから、メルマガが届かなかった数(=不達数)を引いて算出します。

例えば、1020通のメルマガを配信して、不達数が20通、開封数が20通だったとすると、「20通÷(1020-20)=2%」となり、開封率は「2%」です。

開封率の評価

せっかくメルマガを配信しても、開封されなければメールの中身を読んでもらえませんから、当然、開封率は高い方がいい、ということになります。

メールの開封率を計測できるのは、HTMLメールのみです。テキストメールは、開封率を計測できません。

メルマガの開封率が低い場合は、以下のようなポイントを見直すことで、開封率を改善することができます。何度もトライ&エラーを繰り返すことで、メルマガの効果を高めることができます。

  • メルマガの件名を見直す
  • メルマガの配信タイミング見直す(配信日時、配信頻度)

尚、不達率が高かったり、配信遅延がよく起きていたりする場合は、メール配信システムの見直しを視野にいれる必要があります。また、そもそもメールを見ていない休眠状態の読者が多い場合も、対応は異なります。