コツ19|マスコミ・クチコミで集客しよう

メーカーがCMをしてくれるわけではない、無名のオリジナル商品は、売れるまでが大変なもの。

でも、アイデア次第では、「話題の商品」としてマスコミに取り上げられ、人気商品にすることもできるのです。

わかりやすい商品やイベントを企画する

最近では、すっかり当たり前になった「ワケあり」「メガ盛り」。

これらをはじめ、「誰が見ても興味を持てるわかりやすさ」を持つ商品は、話題になりやすいので、企画を立てる段階では、「わかりやすさ」に重点を置いて考えてみることをおすすめします。

マスコミ・クチコミで集客しよう

メディア掲載は、芋づる式で広まる

一度、マスコミで話題になると、思いのほか、いろいろなメディアで芋づる式に取り上げられるようになるものです。

雑誌や新聞、テレビへの露出は、うまくいけば爆発的な注文数をもたらすことも多いので、手塩にかけて育ててきた商品が、脚光を浴びるうれしさを実感できるでしょう。
これは、オリジナルタイプの醍醐味と言えます。

メディア掲載は芋づる式で広まる

話題になりやすい商品コンセプトの例

意外性のある商品やマニアックな商品など、話題になりやすい商品コンセプトの一例を挙げます。

先入観をくつがえす「ギャップのある商品」、ごく一部にうける「マニアックな商品」などは、話題になりやすい商品コンセプト

人気商品となった「チョコろてん」

ここで、マスコミに紹介されて一躍人気商品となった、成功例を紹介します。

老舗のところてん屋さんの「チョコろてん」です。

角切りところてんに無糖カカオを練り込んだ「チョコろてん」

ダジャレのようなネーミングが微笑ましくもあるこの商品は、和風で甘いイメージのないところてんを、バレンタインデーという洋風なイベント向けにアレンジし、スイーツに仕立てることに成功しています。

「ところてん」と「チョコ」という、一見ミスマッチな組み合わせを見事に商品化しているのは企業努力でしょうが、商品コンセプトのパターンとしては、前章の「ギャップのある商品」に当てはまります。

ところてんの「和」とチョコの「洋」だけでなく、ハイカロリーで甘いチョコに対して、ローカロリーでヘルシーなところが、いわゆる普通の「バレンタイン商品」とは一線を画しています。

マスコミが取り上げやすいネタを提供する

マスコミ側も、イベント前になると、放映する「ネタ」を集めなければなりません。
ただ、「バレンタインでチョコが売れている」という話を放送したところで、マンネリ感があり、話題性はありません。

取り上げやすい「話題」を、こちらからマスコミに提供することで、取材を受けやすくなるのです。チョコろてんは、バレンタイン前にテレビやラジオ、新聞で取り上げられると、たちまち人気商品となったそうです。

マスコミへのプレスリリース

ひと口にマスコミといっても、媒体はさまざまです。

マスコミの種類 具体例
テレビ キー局・地方局
新聞 全国紙・地方紙・業界紙・スポーツ紙
雑誌 情報誌・専門誌・タウン誌など
WEBメディア 大手サイトのネットニュース、情報サイトなど

上記のようなマスコミ各社に接触するためには、「プレスリリース」を送りましょう。

オンラインのプレスリリースは、SEO効果もある

昔はFAXで送っていましたが、現在はオンラインで提供されている「プレスリリース配信サービス」を使う会社が多いようです。低価格で、プレスリリースを一括送信できます。

しかも、オンラインでプレスリリースを行うと、情報がネット上に蓄積されるので、一定のSEO効果も期待できます。他社のリリース内容も見られるので、配信するときには参考にしましょう。

ソーシャルでのクチコミ

最近では、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などの利用者増加により、クチコミの広がるスピードも速くなりました。

以前、大手コンビニチェーンで、「スライム肉まん」という商品が販売されました。ぜひ、Googleで画像検索してみてください。一般ユーザーが撮った写真で、画面が埋め尽くされています。

「共通の話題に便乗する」のも手

これは、商品を買った人の多くが「食べる前にわざわざ記念撮影し、しかもブログやSNSにアップして他人に報告した」ことを意味します。

クチコミによる宣伝効果そのものですよね。
この商品は有名なゲームが元ネタですから、多くの人にとって「共通の話題」です。当然、無名の商品では、こんなクチコミは起こりません。

そこで、前述のチョコろてんがバレンタインで話題になったように、「共通の話題に便乗する」ことを意識してみてください。前のページの事例も、共通の話題になる、わかりやすさを持っていましたよね。

人に教えたくなるようなコンセプトをひねりだせば、「クチコミで話題」の有名商品を作ることも夢ではありませんよ。

関連記事

関連するコツ

用語