運営ノウハウ ネットショップ運営に役立つ、様々なノウハウを提供しています 運営ノウハウ ネットショップ運営に役立つ、様々なノウハウを提供しています

置き配

置き配とは?

置き配とは「置き場所の指定配達」の略で、荷物の配達時に受取人が不在だった場合、玄関先や宅配ボックスなどに荷物を置いて、配送完了とするサービスです。

深刻な社会問題となった宅配便の再配達削減、また新型コロナウィルス感染拡大の影響で、「対面で受け取りたくない」という人が増えたことから、宅配事業者やEC事業者で「置き配」の導入が増えています。

置き配のメリット

宅配便の受取人は、不在時でも、荷物を受け取ることができます。また、対面せずに済み、感染リスクにさらされずに済みます。
配送業者としても、1回で配達が終わり、再配達の手間やコストが省けるメリットがあります。

置き場所の例1:玄関前

配達先の玄関前に、そのまま荷物を置くだけで配達完了となります。

オートロックのマンションの場合は、玄関前に荷物を届けることができないため、このサービスは利用できません。

置き場所の例2:宅配ボックス

盗難防止のため、鍵付き&ワイヤーロック付などの宅配ボックスがあります。

宅配ボックス付きの物件でなくとも設置できるボックスが、市販されています。

置き配のデメリット

置き配のデメリットとして、「荷物を受け取れなかった時の保証」がなく、盗難の危険性・荒天時の商品汚損などのリスクが挙げられます。

  • 商品の盗難
  • 商品の破損・劣化・汚れ(雨・猛暑・荒天など)
  • 個人情報の漏洩(配達伝票の盗難など)

玄関前や自転車のカゴなどは、雨風にさらされる恐れがありますし、軽い荷物であれば、強風で飛んでいってしまう危険性もあります。
対応として、盗難対応の「置き配保険サービス」を用意している事業者もいます。

宅配業者の対応状況

日本郵便

ゆうパックやゆうメールなどで「置き配」できます。自宅の宅配ボックスや車庫など、事前に希望した場所に届きます。また、在宅でも「非対面での受け取り」ができます。

佐川急便

「置き配」に対応しています。

ヤマト運輸

「置き配」に対応しています。「新型コロナに伴う一時的対応」として、在宅でも「非対面での受け取り」ができます。

EC事業者の対応状況

宅配業者やEC事業者が未対応の場合でも、サービス事業者を利用することで、置き配を利用できる場合があります。(※配送業者と受取人が同意した場合のみ利用可)。

Amazon

一部注文を対象に、注文者が指定しない限り、不在・在宅を問わず「玄関先への置き配」が標準となっています。

Amazon利用者は、注文時に「不在時置き配」を指定することで、無料で置き配を利用できます。

楽天市場

楽天の配送サービス「Rakuten Express」は、置き配に対応しています。都市圏を中心に、順次対象エリアや店舗を拡大中です。

Yahoo!ショッピング

現時点で、モールとして対応していません。