運営ノウハウ ネットショップ運営に役立つ、様々なノウハウを提供しています 運営ノウハウ ネットショップ運営に役立つ、様々なノウハウを提供しています

BEAFの法則

BEAFの法則とは?

BEAFの法則(ビーフの法則)とは、売れるページ構成を作るためのコピーライティングの法則です。

お客さんの購買意欲を高めるためには、「Benefit」(購入メリット)、「Evidence」(論拠)、「Advantage」(競合優位性)、「Feature」(さまざまな特徴)の順番に文章を構成すると、効果的です。
それぞれの頭文字を取って、「BEAFの法則」と呼んでいます。

ネットショップの「縦長商品ページ」の制作やコピーライティングにおいて、よく使われる考え方です。
BEAFの法則

購買意欲を高めるBEAFの法則

BEAFの法則では、お客さんが反射的に考えることを予測し、先回りして情報を伝えておきます。

情報量の多い「縦長商品ページ」や「ランディングページ」においては、情報を整理し、適切な順番で紹介することが大切です。
上手にストーリー展開することで、説得力が生まれ、商品やサービスの魅力がお客さんにきちんと伝わるため、購入まで誘導することができます。

頭文字 構成要素 掲載内容の例
B Benefit(購入メリット) 商品利用シーンの描写、魅力的な写真など
E Evidence(論拠) マスコミ実績、ランキング、お客様の声など
A Advantage(競合優位性) 品質、価格、利便性など世間の相場と比べてアピール
F Feature(さまざまな特徴) 色、サイズ、賞味期限、内容量、素材、成分など

※BEAFの法則は、セールストークやマーケティングで頻出する「FABE分析」(ファブ分析)を、ネットショップ向けにカスタマイズさせたものです。来店客の心理に即して提案するために、「FABE分析」とは、各要素の順番が並び変わっています。

商品ページ以外にも使える、ストーリー構成のノウハウ

BEAFの法則では、お客さんの心理に応じて、対話をしているようなストーリー展開になります。
これは、商品ページに限らず、メルマガや広告原稿・キャッチコピー制作でも活用できるライティングのノウハウです。

以下のコラムで、「BEAFの法則」を活用するコツをご紹介しています。

縦長ページはbeafの法則を意識して作る


※「BEAFの法則」は、コマースデザイン株式会社の独自理論です。
当社の書籍で、詳しく紹介しています。