ネットショップ運営支援ブログ「ecバカ一代(仮)」

集客施策 の記事一覧

6/3楽天スーパーセールの結果について

こんにちは、坂本です。 ちょっと遅くなりましたが、6/3に開催された「第2回」楽天スーパーセールについてのレポートです。楽天市場の普段の流通高は30億/dayくらいで、前回(3月)は、130億/dayにまで跳ね上がりましたよね。≫前回の記事 今回、楽天社内では「200億/day」になると言われていましたが・・結果が発表されてないんですよねー。

詳細を見る

ネットショップ向け電話営業にご注意下さい

こんにちは、坂本です。 急に寒くなりましたねー。 気を抜くとあっという間に年が明けそうで恐ろしいです。 . ところで、最近(というか常に)、クライアントさんからよく相談されること。 「電話営業で、こんなサービスを売り込まれたんですがどうすればいいですか」

詳細を見る

童話「北風と太陽」に学ぶキャッチコピー論

こんにちは、坂本です。 今日は「モノを売るための言葉」について。私、昔は社内で営業研修の講師などもやっていまして、セールストークにはちょっとうるさいです。 元来オタクですし、営業マンのタイプではないのですが・・かつて某社にエンジニア採用で入社したらまず営業部隊に放り込まれ、まわりが証券営業とか訪問営業とかのゴリゴリした営業マンばかりの環境で、昼飯も食わずに営業目標に追われていた時期があるんです(当時の話はこちら)。 成績が悪いとデスクから椅子が無くなって立った状態で営業電話し …

詳細を見る

「競争が激しいからこそ出来る施策」とは

こんにちは、坂本です。 実は先日、講演をしました。 アクセス解析の専門家が集まる業界団体(アクセス解析イニシアチブ)が主催のセミナーで、webの専門家や通販会社の方など200人ほどいらっしゃいました。 こういう感じでした。お越し頂きました皆様、ありがとうございました。

詳細を見る

ランキング受賞情報をどうやって活用するか?

こんにちは、坂本です。 あのですね、ECって、ぶっちゃけ猿真似でも売上伸びるんですよ。 何も考えないで、商品とかページとか企画とかマルパクリでも。 ですが、猿真似は「麻薬」なので、中長期的に見ると店の首を絞める。多分。 なぜなら、 本質を理解しないまま真似で半端に成功すると、 もうマネしかできなくなるから。 で、自分より少し先を走っている「マネる相手」が 右に急カーブ切っても、猿真似君は対応できなくて壁に激突します。 対応できると思っていても、激突します。

詳細を見る

アクセス解析、使いこなしてます?

こんにちは、坂本です。 その後の拙著ですが、おかげさまで好調に売れ続けてまして、 出版社曰く、もう1万部近く印刷しちゃったそうです。。 売れ残らないか心配w どうか、お知り合いの方にもご紹介頂けますと幸いです。 まずは無料PDFから! . さて本題。 初めての試みですが、最近読んだ本の紹介をしてみます。 . ちょっと思うところがあり、アクセス解析の本を読んでました。

詳細を見る

雑誌に掲載されました

坂本です。 「知る人ぞ知る、隠れ家系コンサルタント」を自称している私ですが、 先日、雑誌に載りました。 日経ネットマーケティングという雑誌です(定期購読のみ)。 テーマは「売れる仕組みの作り方 楽天市場の研究」。 表紙右下の、第二特集です。 実は、1月くらいに記者の方から打診を頂きまして。。

詳細を見る

このブログは、こんな人が見ています

なかのひと、っていう無料サービスはご存知ですか? タグを貼り付けておくと、そのページを見ている会社と ユーザ属性が分かっちゃう有名サービスです。 (個人の特定は出来ないのでご安心を) 「なかのひと」がデータを持っている有名企業だけですけど、 どんな会社の方が見て下さってるのか分かるので、面白いです。 せっかくなので、弊社サイトを見ている252社中 特に頻繁にお越し頂いている会社を調べてみました。 上位2社は・・・ 楽天株式会社から 816件 ヤフー株式会社から 118件 こり …

詳細を見る

スナックに学ぶEコマース失敗事例

実店舗のエントランス(入り口)の風景に、ネットショップ運営のヒントがありました。 ネットショップが出す「広告原稿」と、実店舗のエントランスが似てるんです。 良い広告原稿は、多くのお客さんの目を引き、クリックが増えます。 悪い広告原稿は、まったく興味を引かず、 お客さんが通り過ぎていきます。 良い広告原稿→中身(クリックした先)が見える→ヒトケがある店 悪い広告原稿→中身(クリックした先)が見えない→スナック ヒトケというのは、文字通り「人のいる気配」です。

詳細を見る