運営ノウハウ ネットショップ運営に役立つ、様々なノウハウを提供しています

ネットショップ運営相談室 EC専門コンサルタントがお答えします。

楽天サーチの順位が急に下がった

楽天サーチで検索上位をキープしていたのに、なぜか順位が下がって売上が激減してしまった。どうすればいいかわからない!

急に検索順位が下がって、しかも売上に影響が出てくると、焦ってしまいますよね。
検索順位の低下には、いくつかの原因があります。対策できる場合と、そうでない場合があります。まずは落ち着いて、以下の内容を読み、考え方を把握して、自店舗で何が出来るかを考えてみてください。

「楽天サーチで順位が落ちた」ときの考え方

まず、基本的な考え方を覚えておきましょう。

検索順位はどうやって決まるのか

楽天の検索順位は、一定の基準で決まります。それは公にされていませんが、弊社では、様々なケースを元に、その基準を推定しています。

過去これまで、検索順位決定アルゴリズム(=基準)は、何度も変わってきました。が、それでも変わらないのが以下の「大局的な観点」です。なので、これらを頭に入れておくと、判断がしやすいです。

  1. 商品の価値が高いかどうか(売上やレビュー満足度)
  2. お客さんが探しているもの合致するか(商品名や説明文、登録ディレクトリ、タグ等)

いくら人気のある商品だからと言って「醤油」で検索したときに、オリーブオイルが出てきてしまっては、検索になりませんよね。検索エンジンというものは「ユーザの要望に合致する範囲内で」かつ「なるべく価値の高い商品」を上に表示する、という仕組みになっているわけです。

となると、楽天サーチ側から「この商品は合致する」「しかも価値が高いな」と思ってもらえれば、検索で有利になるわけですね。これが基本的な考え方です。具体的な話は後述します。

こういった考え方を基本から学びたいという方は、まず弊社の書籍を読むことをお勧めします。
検索全般の考え方とモール上での検索対策について、基本が載っています。(無料立ち読みもできます)
≫売れるネットショップ開業・運営新100の法則

楽天検索アルゴリズムの変遷と近況

検索順位決定アルゴリズムは、過去何度も変遷を繰り返してきました。
楽天は、(おそらく)前述の2つの観点から、様々な要素を組み合わせて決定基準を作り、ある日それを変更します。

そうすると、自店舗も多店舗も、急にガラっと順位が変わります。これを「順位変動」といいます。楽天サーチに急な順位変動があったときは、アルゴリズムの変更かもしれません。(1日おいて元に戻ることも多いので、急に判断しないで何日か様子を見ましょう)

ちなみに過去の一時期、裏技的に「書き方を工夫する」「登録ディレクトリを変える」ことで順位を簡単に上げられた時代がありました。その頃から、楽天SEOの代行サービスなるものが始まりました。電話営業を受けた方も多いのではないでしょうか。

見ようによっては「ページをちょっと書き換えるだけなのに、高い成果報酬を請求できる」という商売に見えます。しかし、現在はそういった裏技が使えなくなってきたので「楽天SEO代行業者」もなくなりつつあります。(ちなみに弊社では元々対策代行はしておらず、コンサルの料金内で、考え方と手順を全てお伝えしています)

そして、2016年8月現在のアルゴリズムでは「一定期間内の累積売上」が最も順位に影響します。つまり、売上が伸びれば検索順位は上がりますし、下がれば検索順位も下がるということです。
他にも様々な要素が影響しています(後述)。

「売れないと検索上位にならないけど、検索上位にならないと売れない」・・・と言われると、ショックが大きいでしょうか。そこまで絶望的な話ではありません。これから対策を説明しますので、もう少々お付き合い下さい。

「楽天サーチで順位が落ちた」の原因と対策

「欠品による順位下落」と対策

前述のように「累積売上」が一番影響しているので、順位下落の原因は、まず「欠品」が典型です。

商品が欠品すると、一定期間内売上がゼロになりますよね。その期間に競合が欠品せずに売っていた場合、期間内の累計売上が御社だけ急に下がるので、検索順位も急に落ちるということが起こるわけです。

検索順位と売上が影響している現在、対策としては「なるべく欠品しないように売る」ことです。 ほぼ売れない商品に関しては話は変わってきますが、検索順位を気にするほどの売れ筋であれば、在庫や発注・製造タイミングの管理をしっかりしましょう。過去の履歴から、だいたいの予測が作れるはずです。まあ、検索順位に影響しなくても大切なところではありますね。

「競合の成長による順位下落」と対策

順位は相対的に決まるので、競合がイベントや広告で急に売上を伸ばした場合、競合が伸びた分、こちらの検索順位が下がるということもあります。

もちろん、一時的なものである可能性もあります。例えば、一定期間内の広告を使っている相手や期間限定の値引きなどであれば、しばらく経てば元に戻ります。

しかしこれがイベントや広告ではなく、競合の「地力」が上がって売上が伸びた場合は、相手はずっと売れ続けるので、こちらの検索順位は下がったままになります。

「地力が上がる」というのは、より上手なアピールや競合商品への差別化を行って商品ページ転換率が上がった状態。あるいは、まとめ買いや同梱を上手に勧めて客単価が上がった、という状態です。もちろん、売上も上がりますが、それによって検索順位も上がります。

対策としては、(検索順位のためだけでなく)自店舗でもこういった地道な努力に取組むことです。

一般的に、転換率の向上や客単価の向上は検索順位を上げる施策ではありません。しかし、今の仕組みでは、こういったページ上での改善をしっかり行うことが、実は検索順位にも大いに繋がってくるということです。健全ですよね。

なので、検索順位を気にするのであれば、順位だけを気にせず、ページでの案内や写真などトータルの接客力を伸ばしましょう。

たしかに、商品情報の書き方や言葉の順番などを調整して伸びるケースもありますし、ご案内は出来ます。裏技はすぐに陳腐化します。なるべく本質的な努力に時間を割くことをお勧めします。

「満足度低下による順位下落」と対策

昔はレビュー数が検索順位の決定要素として大きかったのですが、最近は「満足度」が与える影響が大きいようです。健全ですね。商品レビュー・店舗レビュー、両方影響していると思われます。

対策としては、どちらかというと「満足を増やす」よりも「不満を減らす」ほうをまず優先する方が良いでしょう。生花など品質がバラつくような商品だと中々難しいところがありますが、その場合も、「伝え方」でかなり緩和できます

例えば、不具合の可能性について事前に伝えておくのと、起こってから言い訳するのでは、印象は真反対ですよね。他にも色々観点があります。商材によって対処は色々あるので、考えてみて下さい。(お困りの方はご相談に乗ります)

満足度を高めるための方法は、安売りとかポイントやオマケ・・ではなく、これも伝え方の工夫でいろいろできることがあります。身の回りに「人を喜ばせるのが上手な人」がいれば、そんな人に相談すると良いかもしれません。これも、案外差が付くところです。

「ペナルティによる順位下落」と対策

ここのところ増えたのが「ペナルティによる順位低下」です。
何か問題があると、楽天によって、ペナルティとして、検索順位が急に落ちたり、ランキングに掲載されないということが起こります

ペナルティを受ける可能性がある例をいくつか紹介します。

  • 商品や店舗のレビュー満足度が急に低下

  • 検索スパムなどの不正行為
  • 楽天への料金未払い

ペナルティによる検索順位下落は、落ち幅がとても大きいです。過去のケースでは、1ページ目から3ページ目にいったり、一番最後のページに表示されるようになったり、ということがありました。なので、派手に下がったときはペナルティを疑います。

上記に心あたりがある場合は、すぐに対応をしましょう。過去、弊社のクライアントで、問題箇所を修正してしばらくすると戻るというケースがありました。

ただし、このペナルティが「誤解」によって生じているケースもあるようです。実際、弊社のクライアントが行き違いに起因するレビュー満足度の低下で、ペナルティを受けてしまいました。このケースでは、弊社コンサルタントも一緒に考えながら、楽天に対して誤解を解くように働きかけて、ペナルティは無事解除されました。

広告で累積売上を稼ぐ?

前述の対応をしても上手くいかないときはどうするか?

「累積売上」を高めましょう。広告費やポイント・セールを使うことで検索順位を高め、それによって検索順位を引き上げて、検索から無料で集客する・・といった戦術を・・出来るのは、ある程度お金があるお店ですね。

弊社でも提案可能ですし、色々ツールやコツもご案内できますが、中小の店舗ではなかなか広告費は出しづらいです。違う方法を考えたいところです。

検索結果画面での「クリック率」を高める

考えてみて下さい。あなたは、検索をするとき、必ず毎回検索順位1位をクリックしますか?それとも、検索結果1ページ目の上半分、目に付いた中から見繕ってクリックしますか?

たぶん、後者だと思います。もちろん1位のほうがよくクリックされるわけですが、1位しかクリックしないわけではありません。

つまり、「検索結果画面で上手に目立つ」ことで、高い集客力を発揮することができます。
「上手なアピール」を付け足すことで、検索で上手に立ち回ることができる
のです。ここだけの話、これで結構変わります。

ところで、検索順位が気になるのは何故ですか?

売上・利益に影響するからですよね。

検索順位は「手段」に過ぎない

全体を見ましょう。どうしても検索「順位」が気になるとは思いますが、本当に大切なのは検索順位ではなく売上や利益

競合も一生懸命やってるわけですから、検索順位が下がってきたものを、お手軽に巻き返せるはずはありません。

検索順位だけに捉われず、全体を見て何をやるべきかを判断しましょう。今や「ちゃんと勉強して、ちゃんと運営する」ことから逃れられなくなった、と思って下さい。

繰り返しますが、安直な裏技は「痩せないダイエット薬」みたいなものなので、時間とお金を浪費する可能性があります。あまり真に受けないことをお勧めします。

※より具体的に競争を避ける方法は、別の記事で触れています。

「因果関係」を理解するのが大切

これまで「なんだか分からないけど、順位が上だから嬉しい」「なんだか分からないけど、順位が下がったら困る」というように、因果関係を理解しないまま、結果だけを見て一喜一憂してきたのではありませんか?

それでは、商売は安定しませんし、精神衛生上もよくありません。まずは因果関係を覚えて、自分で状況判断できるようになることをお勧めします。

また、本当の検索対策は「狙ったキーワードで上位にする」ことではありません。それは、茨の道です。あるいは、無いものねだりです。「検索順位を上げるのが目的」ではないですよね。
売上や利益に繋げるためには「検索順位を上げなければ」という思い込みを外しましょう。

「自分で検索対策できる」ようになろう

楽天での「本当の検索対策」に興味がある方は、弊社のサービスがお勧めです。

「検索順位の上下」に振り回されず、事業を安定させるためには「本当の検索対策」が必要です。それを、あなた自身が身につけるべきです。

私たちは、代行業者ではありません。あなたが「自分で(本質的な)検索対策ができるようになる」ための支援をしています。(検索対策だけでなく、ページ改善やリピート促進など、販促全般にわたって案内します)

一般的な運営代行業者やSEO代行業者は「代行する」というサービスなので、具体的に何をしているか・どう考えれば良いかは、あまり教えてくれません。
一方、弊社では、今回お話したような考え方(他にも色々あります)を全て公開し、専任のコンサルタントが「考え方」「やりかた」をお伝えし、結果が出るまでフォローします。自分で出来るようになるまでお付き合いします。

一般的な代行業者は「運営結果のレポート」を提出してくれます。一方、弊社では「自分でレポートを作れるツール」をご提供し、使い方やレポートの見方も弊社のコンサルタントが案内します。

最終的にはあなたが自分で的確に判断し、どんな状況になっても売上を上げる方法や対策を考えられるようになり、ストレスなく店舗運営が出来て、コンサルタントが不要になることを目指しています

日々忙しい中で、検索対策を「代行」してもらえれば、確かに楽です。しかし私たちは、自分の商売は自分で舵取りすべきだと考えます。ノウハウを社内に残したい、スタッフに成長して欲しい、自分で判断できるようになりたい・・という方は、「代行」ではなく「勉強と練習」という道を選んで下さい。

代行と比べれば、簡単ではありません。しかし、だからこそ、私たちは、あなたの味方として、とことんお付き合いします。

その悩み、早く解決しましょう!

私たちの「ネットショップ向けコンサルティング」なら早く解決に近づけます。
このページを見て確かめてみてください。

具体的にどうするのか続きを読む