ランキング受賞情報をどうやって活用するか?


こんにちは、坂本です。

あのですね、ECって、ぶっちゃけ猿真似でも売上伸びるんですよ。
何も考えないで、商品とかページとか企画とかマルパクリでも。

ですが、猿真似は「麻薬」なので、中長期的に見ると店の首を絞める。多分。

なぜなら、
本質を理解しないまま真似で半端に成功すると、
もうマネしかできなくなるから。

で、自分より少し先を走っている「マネる相手」が
右に急カーブ切っても、猿真似君は対応できなくて壁に激突します。
対応できると思っていても、激突します。

.

そして。
この現象がよく起こるのがモール。
っていうか楽天。

.

楽天の出店者って、程度の差こそあれ、
みんながみんな、お互いを真似ているようなところがあります。
モール側の店舗担当者もそれを勧めてたり。

その「型」が上手くいってる間は皆サクサク伸びるかもですが
時代の変革期においては、似たもの同士が全滅しかねない危険性がありますよ。

はい、私、実際にそういった現象を見てます。
前職で、私が担当していた 美容健康ジャンル。わかる人はわかると思います。

.

さて、ここから本題。前置き長くてすいません。

.

いま、モールでランキング受賞情報を使う方法って、
「○○ジャンル1位ッ!また1位ッ!いつも1位ッッッ!!」
みたいに、血走った目で猛アピールする感じですよね。

まあ、ウチで商品ページ作るときもやりますけど。

.

でも、「ランキング受賞はこういう風に勢いでアピールするもんだ」
なんて思い込んで、他のやり方を考えもしない方。

.

ちょっと違う角度でアピールしてみませんか?

たとえば、

.

一般の食パンと違って、これは○○な天然酵母♪
マシュマロみたいなフンワリ感、焼いたときの小麦の風味!

多くのお客様からこんなコメントを頂いております
「コンビ二価格なのに、高級レストランで出てくるパンの味!」(東京都 坂本様)

だから、食パンランキングで23週連続1位を受賞♪

.

といった感じで、「商品の良さを裏付ける証拠」として
明確に文脈を意識しつつ受賞アピールしてみてはいかがでしょうか。

本当に心に響く言葉は、叫びよりもささやき。
デカイ画像使わなくても、言葉次第ではちゃんと売れますよ。

あるいは、

.

アウトドア用品>テントジャンルで1位受賞!

今の時期は「初めてテントを買う」お客様が多いのですが
この商品は、とにかく、分かりやすくて、ワンタッチ!
お子さんでも設置できる機能性が評価されて、第1位を頂きました。

.

とか。

受賞アピールが、無理なく心に届く感じがしませんか?
ちなみにこれらのキャッチコピーは今思いついた捏造です。

逆に、オラオラ系のランキングアピールは、
こんな風に反感を買っていたりします。(必ずしも賛成ではないですが)
http://kotoripiyopiyo.com/2010/04/rakuten20100416.html
ちなみにこの商品、弊社でキャッチコピー作るなら
天然はちみつと職人技で生まれる「天使のふんわり感」
なんて訴求ポイントになると思います。ランキング自慢は後回しで。

.

まあ考え方は人それぞれですし、
いま話した方法は単なる弊社の好みですし、
正しい形なんてものもないんですが、

いま普通とされているやり方は、「普遍」ではない。手法の盲信は事故の元。

それだけご賛同いただければ幸いです。
どうですかね?

.

PS

ちなみに弊社の商品ページ制作は1商品あたり10万円です。
他社では半額で作っていますが、9月末まで予約で一杯。リピート多数。
なぜそんなに人気なのか?詳しくは弊社サイトをご覧くださいませ~

PPS

パクられて困ってる方、気持ちよく分かります。そういうの、弊社でもありますので。。
でも中長期的に見たら「パクるとコケる」という方程式は成り立つと思いますので…
だからお互い頑張りましょうw

RSS / Facebook / Twitter もやってます

更新情報をお知らせします。フォローして頂けると喜びます!
カテゴリー: 商品ページのコツ, 楽天ランキングの活用のコツ, 楽天市場, 競合対策 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。