思い込みを避ける方法


こんにちは、坂本です。またしばらく休んじゃいました。。

おかげさまでクライアントさんも社員も増え、日々忙しくやっております。
昔と比べて相談の幅も結構増えてきました。それは、経営的な話。

売れてくると、分業したり採用したり外注したり、意思決定することが増えて悩んだり早合点したり。色々ありますよね。今日はそういうお話をします。

以下、クライアントさん向けに提供している記事から抜粋。

※実は、最近の私は、クライアントさん向けのこういう記事ばっかり書いていて、それがブログ更新が滞っている次第です。スイマセン^^;

 

題して、

思い込みを避ける方法(ダイジェスト版)

人は往々にして一瞬で、反射的に、物事を解釈してしまいます。プライベートでやる分には、うっかりさんだね、って話で済みます。しかし、商売でこれをやると中々イタイことになります。

でも結構やりがち。私も日々悩んで色んな人に相談したり、勉強をしています。
そうして見つけてきた方法論のひとつを紹介します。

それは、「空雨傘」という考え方です。
※コンサル業界の人は大体ご存じだと思います。詳しくは検索ー

解釈(=思い込み)の存在を自覚する

あなたが、こんな事を考えたとします。

空を見上げると曇り空。あと数時間後には雨が降りそうだ。これから外出するから、傘を持っていこう。

これを分解すると・・

  • 「空が曇ってるな」という「事実」
  • 「傘を持って行こう」という「行動(結論)」

しかし、その「現象」と「結論」の間には、「雨が降りそうだな」という「解釈」が入っていますよね。

▼これは私がホワイトボードに書いた落書きです

http://www.commerce-design.info/clip/2013-08-21_1916.png

同じ空でも、違う人が見れば「これくらいなら、大して降らないし濡れても平気」と解釈するかもしれません。
その人は、「だから傘は要らない」という結論を出すはずです。

これ重要。

つまり、同じ事実からでも、人は違った解釈をします。

この「一瞬の判断」の背景には、現象(〇〇が起こった)→解釈(これは△△が背景に違いない)→結論(だから□□が必要)という判断が動いているんですが、「解釈」が無意識で行われているので、客観的に自己評価できないんですよねー。これはもう脳の構造だと思います。認知心理学やカウンセリングでも似たような話があります。

で、この思考のプロセスが「空雨傘」と呼ばれているわけです。

ポイントは雨(が振りそうという解釈)。
思考プロセスにおける「解釈」の存在と、影響の大きさを自覚して下さい。

すると、思い込みに対して「ちょっと待てよ」と思いとどまることができるようになります。

以下、具体例です。

「無意識の解釈」が判断ミスの元凶

自分の「無意識の解釈」を見つけると、判断の精度があがります。

たとえば、ネットショップの運営者は「広告はお金がかかる。だから広告はやらないでおこう」と思いがちです。

でも、この話にも「無意識の解釈」が影響しています。
たとえば「広告はお金の無駄遣いになりやすい」などですね。下記の通りです。

  • 空(事実)=広告を勧められた
  • 雨(解釈)=広告は無駄遣いになる ←思い込み
  • 傘(行動)=だからやらない

でも、本当に広告がお金の無駄遣いになりやすいのかというと、必ずしもそうではありません。広告を効果検証し、データを貯めていけば、広告を無駄使いしにくくなります。(実際、大手通販会社は広告検証ノウハウが凄いです)

あるいは、こういう話もよくあります。

  • 空(事実)=セット商品がよく売れる
  • 雨(解釈)=ウチのお客はセットが好き ←思い込み
  • 傘(行動)=セット商品を沢山作ろう!

そんな簡単なものではないですよね。色んな要因があるはずです(セットだけ送料込みだった等)。
同じようなセットを増やしても、お客さんが分散するだけで売上げは変わらなかったりします。

これもよくあります。

  • 空(事実)=リピーターが少ない
  • 雨(解釈)=サイトが安っぽいからだ ←思い込み
  • 傘(行動)=サイトリニューアルをしよう!

たしかにリニューアルは大事ではありますが。。
そういう間違った経緯からのリニューアルは、大抵失敗しますね。

このように、「無意識の解釈」を明文化すると、誤った判断が発覚します。

※紙に書いて判断するのが理想ですね。「現象」「解釈」「結論」 の3つ、特に「解釈」を、文章で書いてみるのが大事。

自分の「解釈のクセ」を知ろう

実は、「無意識の解釈」には、自分の価値観が表れています

たとえば、「サイトが安っぽいからリニューアル!」「商品が安っぽいからゴージャスな品揃えに!」などと解釈しがちな人は、高級なお店の店長になりたい願望が強い可能性があります。それまでの人生や、まわりの人々が影響を及ぼしていたりします。

そういった自分のクセや願望自体は、必ずしも悪いことではありません。
否定しても仕方ないので、クセに振り回されないように注意しつつ、自覚して、うまく付き合っていきましょう。

 

とまあ、そんな感じです。

色々ご提案して売上げが伸びて、幅広いご相談を頂くことが増えてきました。日々勉強ですねー。ありがたい話です。
他にも色んな話があるんですが、またいずれ。

 

PS
コンサルタントになりたい方、継続募集中です。
ちなみに、地方の方でも大丈夫です。

一次面接をSkypeにしました!(最終は上京してもらいますが)

お部屋の背景が映り込みますが、多少散らかってても気にしません。
お気軽にどうぞw
http://goo.gl/FIEiU

RSS / Facebook / Twitter もやってます

更新情報をお知らせします。フォローして頂けると喜びます!
カテゴリー: いいね!の多い記事, ロジカルシンキング, 失敗事例 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。