焼肉屋に学ぶ!革命的かつ普通のEコマース


こないだ、嫁さんと2人で焼肉を食べに行きました。(写真はイメージです)

いやー美味かった。満足度高かったです。

なぜか?

味は勿論のこと、「体験型」だったから。
舌と鼻のみならず、頭とハートでも焼肉を堪能しました。

で、そんな画期的な体験をしたかというと、よく考えたらそうでもない。
革命的なんだけど普通でした。

意味わかんないこと言ってますねー。。
説明します。

カウンターに座って、
何頼むか決めるのがめんどくさかったのでコースにしたんですわ。

そしたら、色んな部位の肉が2切れずつカウンターに並びまして
1つずつ店長がどんな肉かを丁寧に解説し、
かつ食べる順番、オススメの焼き方、焼き加減、使うべきタレを指定
するわけです。
それに従って焼いて食うと、実際旨い。かなり。

コースなので、当然肉を出す順序も決まっていて、
まず最初は薄く柔らかい肉を両面3秒ずつ焼いて(トロ肉の3秒炙りというらしい)食し、
次にハラミやロースの定番系が数皿、その次にピリっとしたホルモン系が数皿
最後にメインディッシュ的などっしりかつ甘味豊かで芳醇な肉が来ます。
肉が登場するたびに、店長の解説。うーんメモすれば良かった。とにかく旨い。
まさに焼肉のフルコースです。

要は、食べる順番および食べ方について、
店長に明確な「レコメンド(おすすめ)」があり
それに従ってみたら実際旨かった。

あと、店構えも白黒な感じでシックでクールでシャープでエッジー。

するとどうなるか?
次から、そこの店のオススメは素直に聞きますよね。素直に従います。

革命的なようで、実際これ、寿司と同じなんです。
「大将きょう何オススメ?」「今日はコレいいよー」的な、よくあるやり取り。

これを寿司じゃなく焼肉でやったところがスゴいんです。
ほら焼肉って言ったら、ラガーマン的なゴッツイ人がご飯と一緒に注文して
争うように肉を焼いて食ったりとか、ホットプレート&エバラ黄金のタレとか、そんなイメージ。
(ちょっと偏っているかもしれませんが)

焼肉好きなお客さんのニーズに答えることだけ考えていたら、こうはならない。
商売ってプロダクトアウト<マーケットインが定説ですが、この店に関しては正反対。
「お前らはまだ本当の焼肉を知らない」って別に言われた訳じゃないですが
そんな気概を感じるコースメニューでした。

すし屋でよくある風景を焼肉屋でやったら(全力でやり切ったら)革命が起きた。
焼肉とは何か?それを新しく定義しなおした店だと言えます。
以前このブログに書いた「仮想敵をどこに置くか」の話題にも通じるものがあります。

だから、売り手から発信できる情報について
本人は普通と思っていることでもお客さんには刺さることが沢山ある気がします。

ということで、行ってみてください。
そんな仕事のこととか考えずに食っても旨いです。東京都世田谷区駒沢です。是非。

PS
この記事、期待値を越えるサービスは口コミを生む、って話の典型ですねえ。

RSS / Facebook / Twitter もやってます

更新情報をお知らせします。フォローして頂けると喜びます!
カテゴリー: 売れる商品企画のノウハウ, 成功事例 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。