「しゃべりが上手い店長」と「文章が上手い店長」


こんにちは、坂本です。

今日は、「文章が苦手な人」に向けたお話です。

.

弊社書籍で書いたとおり、ネットショップには色んなタイプがあるわけですが、私たちみたいなコンサル屋にも色んなタイプがあります。

例えば、しゃべり上手と文章上手。しゃべり上手な中でも、1対多のプレゼンが上手い人もいれば、コーチング的な1to1のアドバイスが上手い人もいます。文章上手な中でも「面白いメルマガ」が上手い人と、販促理論の例え話・図解化が上手い人とか。

本質的には、得意分野で勝負する方がいいでしょうね。文章苦手だけど話が上手なコンサルはセミナーを沢山やればいいし、私みたいなのは地道にブログ書くのが向いてますw

.

でも・・ネットショップの場合は、「しゃべりの技術」は中々活かしにくいですよね。「対面でセールスする機会」がそもそもないですから。

なので、実店舗での接客が上手い人でも、そのセンスをネット上で発揮できずに困っているケースが散見されます。商品説明やメルマガを書こうとして、何を書けばいいのか悩んでしまい何時間たっても結局1文字も書けなかったり

.

そこで、対策をご提案。

文章を書くと考えずに、商品を対面販売しているつもりで、試しに口に出してしゃべってみてください。実際に誰か相手役を1人用意して、その人から自分に向けて、質問を投げてもらうんです。

.

以下、例です。

相手の質問「この商品って何?
自分の返答「えーと・・これは北海道の生乳100%で作ったチーズケーキなんです。」

相手の質問「このチーズケーキって、他のとどこが違うの?
自分の返答「うーん・・実はすべて手作業で作っているので1日限定20個しか生産できないんです。実店舗でも凄く人気で、10年リピートしているお客さんもいます。」

.

というように、実際に口に出しながら話を進めて、出てきた言葉を書き留めましょう。

口から出る言葉って、不思議と反射的じゃないですか。
いざ目の前に人がいる状態で話すと、「準備していなかった言葉」が出てきたり。

だから、「反射的な言葉」を自分から引き出して、それを書き留めるのがオススメ。
もう1人同席させて、その人にメモしてもらってもいいかも。

.

肩肘を張りすぎて「どこかで見たようなキャッチコピー」や「プロっぽいオシャレ文章」を書こうとすると、かえって分かりづらくなってしまうものなんです。

自然な言葉が一番。書き言葉より、飾らない話し言葉で書きましょう。
文章苦手な人ほど、魅力的な話し言葉を持っているはずです。

諦めないで頑張りましょう。

.

PS
この方法論は、弊社書籍から抜粋したものです。
多分いまネットショップ業界で一番売れているノウハウ本です。
1万部突破。3回増刷されました。損させませんので、まだ読んでない方は是非!

PPS
楽天専門コンサル、3月開始分を募集中です!残2枠。お早めに。

RSS / Facebook / Twitter もやってます

更新情報をお知らせします。フォローして頂けると喜びます!
カテゴリー: キャッチコピーのコツ, 商品ページのコツ タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。