スタッフブログ

中堅社員が「伸び悩み」から脱出する3つのコツ

ue_mezasu_man

こんにちは、コンサルタントの石黒です。
今回は、自分の実体験を書きます。

対象は、「ある程度今の仕事に慣れて、成長もした。けど最近どうもマンネリで、あまり成長していない」という、中堅社員の方です。あるいは、部下が伸び悩んでいると感じている上司の方にも、参考になるかもしれません。

※企業によって中堅の定義が違うかと思いますが、ここでは「もう新人ではない」「ある程度は後輩に教えられる」「でもマネージャーではない」という段階のイメージです。

主な内容は「怠ける自分との上手な付き合い方」です。散々悩んだ結果、いまは少し状況が良くなりました。その際の経験談についてお話しさせて下さい。

[正社員募集]コンサルタントになってみませんか

はじめに

新人の頃はよかった・・

思えば、新人時代は手とり足とり教えてもらえていました。与えられた仕事をこなし、怒られたとしてもアドバイスは具体的で、何が足りないか・何をすべきかが明確でした。自分は長年某ネットショップに努めていましたが、上司に怒られ、先輩に教わり、成長「させてもらって」いました。

それが、新人時代を過ぎると、あまり怒られなくなり、社内の事は大体わかるようになりました。そうすると、今度は誰も成長の仕方を教えてくれなくなります

私の場合は、30歳あたりでマンネリを感じ、伸び悩んでいました。成長してないな…と感じつつも、日常業務に流されて、どうも自己投資ができず、空回り。

つい自己投資を怠けてしまう

毎日、担当した業務をこなすだけで1日が終わるという日々でした。誰もお尻を叩いてくれません。なので、本を読んで勉強しようとしても「今日は疲れたから後にしよう!」などと、ついつい怠けてしまっていました。

しかし徐々に、成長の鈍化が、具体的な形に表れ始めます。会議で発言が出せない、難しい仕事を任されても上手くこなせない。力技だけでは通用しなくなってきます。自分よりあとから入社した人も、どんどん増えてきます。そこで初めて「これはイカン」と思い始めました。しかし、一応先輩なので、妙なプライドがあり、謙虚に振る舞えないことも多くありました。

完全にこじらせてしまい、一時期は「頑張って結果を残している人」を見るだけで、激しい自己嫌悪に陥っていました。飲み会で友人の出世話を聞くのがしんどがったり、テレビでオリンピック選手や売れている芸能人を見るだけで、辛くなっていたほどです!

マンネリから脱する3つのコツ

ですが、ある時、解決の糸口を見つけました。
何をしたのか。

簡単にいうと、「怠ける自分」を認める、ということでした。「自分(人間)は怠ける生き物だ」と認識し、責めずに上手にコントロールする、という対処を考えつきました。「抵抗をやめた」のです。そうすると、自然と前に進めるようになりました。

これらのコツを、以下の3項目にまとめました。
どれも、怠ける自分の「心理」をコントロールするための、ちょっとした工夫です。

1)「失敗を恐れない」勇気の作り方
2)「途中でダレない」怠け心への対策
3)「着実に成長する」継続力の伸ばし方

実行したところ、今では、昔みたいな自己嫌悪に陥る事も無く、自分の成長に必要な事を自分で選択できる、くらいにはなりました。毎日、仕事やプライベートを楽しく過ごしています。これから、1つずつ掘り下げて説明していきます。

コツ1:「失敗を恐れない」勇気の作り方

課題:挑戦するのが怖い

挑戦しないと何も変わらない。失敗を恐れずにチャレンジしよう・・といって動けるのは、元々勇気がある人です。

私は以前まで、極度の「気にしい」でした。たとえば会議中も人の反応が怖くて強く意見を言えなかったり、報告の仕方を考えすぎてやたら時間がかかってしまったり。自分から新しい事を提案するなんて、怖くて怖くてできず、自分から動く事を諦めていた時期があります。

でも、何事も「やってみたら意外とできた」という事って結構あると思うんです。また、落ち着いて考えてみると、大概の失敗では、致命的な損失にはなりません。だから、「怖い」「失敗するのが不安」といった気持ちとどう向き合うか・・が必要です。

対策:一旦、受け流す

仕事で何かをすると、良かったときも悪かったときも、その結果に対して何かの評価を受けます。私は、この評価に対し「イチイチ喜んだり落ち込んだりする」のをやめました

結果を正面から受止める事をやめて「受け流す」というイメージです。良い結果が出たり褒められても、表には出さず心の中で小さくガッツポーズをするに留め、逆に失敗したり詰められても「あ、石黒って奴が失敗したぞ」という感じで、他人事のように振舞います。

そうして、一旦受け流した後、落ち着いて、受け流した事実を丁寧に拾いにいきます(これをしないと、ただの「気にしないだけ」になります笑)。そこで初めて、じっくりと冷静に結果に対して評価をします。

「評価された瞬間に受動的に反応する」のではなく、もらった評価を一旦受け流し、落ち着いたあと、能動的に「自己評価する」イメージです。

このように、「一旦受け流す」だけで、気持ちの負担が全然少なくなるということに気づきました。これを繰り返すうちに、評価されること自体が自然と気にならなくなりました。100%気にしなくなったと言えばウソになりますが、大分軽くなったと思います。

冷静になれたことで、自分の課題の発見、次のアクションの判断も、かなり早くなりました。

背景:「一喜一憂しない」のが大切

同じような事例が、とあるテレビ番組でやっていました。「打たれ強さ」についての実験です。けん玉初心者を十数人集め、難易度の高い技に1時間トライしてもらいます。どういう人は気持ちが折れるか、あるいは折れないか、という実験です。

上手くできたときにすぐ喜ぶ人は、できないときには辛くなるので、すぐに諦めてしまいました。いまのはよかった、いまはここが違った、などと「独り言を言いながら黙々とやった」人は、気持ちが折れず、上達が早かったそうです。

まさに前述した「結果を一旦受け流し」問題解決に向かう姿勢だと思います。こういう「逆境へ向き合う力」の事を「レジリエンス」と言うそうです。私は、まさに後者の一喜一憂してしまうタイプでしたが、意識と訓練で緩和する事ができました。

コツ2:「途中でダレない」怠け心への対策

課題:努力が続かない

禁煙、ダイエット、自主勉強などの地道な努力は、始めるのは簡単でも、「習慣化する」までが大変ですよね。私は元々の性格が飽き性なので、まさに「続けられない人」典型例でした(笑)

例えば「読書」・・私はビジネス本などの、勉強のための読書が苦手でした。興味はあるのですが、買っても読まずに積んだまま、という事もしばしば。自分の成長に繋がるとわかっていても、ついつい「怠け」てしまう。仕事が忙しかったり疲れてたりすると、さらに怠けます。厄介な事に、もう新人ではないので、強制力も作用しません。

なぜ、良い事なのに、つい怠けるのでしょうか。ダイエットや禁煙も同じです。やった方が良いのに、怠けてしまう。

対策:「嫌がっている自分」を一旦認める

答えは簡単で、それらが「嫌だから」です。

本を探していたある日、気がつきました。私は本を買う際に、「自分が本を読むメリット」をかなり漠然としか意識していなかったのです。これを読むとプラスに「なりそうだ」という程度のイメージで、勢いだけで買っていたのです。ダイエットでも、「痩せているほうがよい」という程度の動機よりも、「絶対に結婚式までに痩せなければならない(さもないと・・)」という必然性があるほうが、成功しますよね。

そこで、「本を読む行為」へのハラオチ感を強め、脳に納得してもらうために、「メリットを具体的にする」ことを試してみました。

具体的には、「本を読んで得られたメリット」を細かく書き出してみたのです。たとえば「接客時、本の話を活かした提案ができた」「頭の回転が増して、いつも議論で負ける上司と対等に話ができた」など。書き出す作業は、手軽なものが良いです。殴り書きのメモ、書くのが苦手なら携帯のボイスメモ機能、なんでもいいです。

面倒に思う人もいるでしょう。頭の中だけでやろうとする人も多いはずです。しかし、あえて実際に手を動かす(あるいは口を動かす)ことで、効果が出ました。一旦言語化して、吐き出し、それを読んで(聞いて)、解釈するというプロセスを踏みました。ひとりで考えるのではなく、一旦吐き出して、それを受け取るイメージです。

これにより、それまで漠然としていた「何となく良いこと」が「どう良いのか」はっきり明文化され、ハラオチしました。そうなると、自然に本を読めます。しばらく続けてみたところ、自然に本を読むようになっていました。ここまでになると、習慣化した、と言えそうです。

背景:安易に納得せず、ハラオチ感を重視する

とある本いわく、人間という動物には元々、心理的に「嫌な事を避ける」「快適さを維持したがる」習性があるそうです。本能や深層心理と行った類のものですから、理性では対抗できません。

つまり、「自分にとって嫌な行為」だと脳が認識している内は、深層心理が努力を拒否するので、長続きしません。

しかし、前述のように「メリットを具体的にする」だけで、「これは自分にとって良いことだ(もっとやろう)」と脳が覚えてくれるようです。逆にデメリットも合わせて書いておくのも良いでしょう。「やらないと上司に意見が出来ず怒られる」とか。

ちなみに、これをやってもメリットが曖昧なままだったり、ハラオチしないのであれば、おそらく続けない方がいいでしょう。心が拒否しているので続かず、時間の無駄になるはずです。

理性だけで「納得したつもり」にならず、心の底からハラオチすることを大切にしましょう・・という話でした。

コツ3: 「着実に成長する」継続力の伸ばし方

課題:面倒な仕事を溜めてしまう…

仕事をつい後回しにしちゃう事ってありませんか?
「急がないけど重要」な仕事ほど危険です。わかっていても、後回しにしてしまいます。

例えば、
・未登録商品の商品登録作業
・梱包部屋のレイアウト改善
・マニュアル作り
など。

そしてある日、上司に「あれどうなってる??」と聞かれ、ヒヤリとする。。私は昔、よく怒られていました(笑)

対策:「一口サイズの作業」に小分けする

なぜ手をつけられないのか。それは「面倒さ」を感じているからです。

対策として、「面倒臭さ」を抑えられるよう、作業工程を小分けにしました。 大きな壁があったら登れるように、「一旦階段を付けてあげる」イメージですね。

例えば、「出荷場のレイアウト改善」という仕事を小分けにする場合は

  • 「レイアウト案を考える」
  • 「片付ける」
  • 「レイアウトを変える」
    という工程に分けます。

更に、「レイアウト案を考える」という作業も、

  • 「問題点を現場スタッフにヒアリングする」
  • 「レイアウト案を自分で考える」
  • 「上司に相談する」

更に更に「現場スタッフへのヒアリング」は、

  • 「○○さんに声を掛ける」
  • 「何について聞きたいか伝える」

などと、どんどん小分けにします。

そうすると、作業の難易度が下がるので、頭が「○○さんに声を掛けるだけ・・それならできそう」と判断し、取り組みやすくなります。また作業を始めても、一つ一つはすぐに終わるので、その時々プチ達成感を味わい、脳が興奮し、やる気もわきます。

背景:脳は「一緒くた」で認識してしまう

人間は、その習性上、作業や様々な概念を「一緒くた」で捉え、覚えてしまうようです。

例えば、「粗大ゴミを捨てる」作業を想像してみてください。急に「これを粗大ゴミで捨てて」と言われても、「あれ?最初に何をするんだっけ?」となりませんか?ちょっと悩みます。そのように「ピンと来ない作業」は、結局後回しになってしまいます。

そこで、現代人の理性を動かして、まず「粗大ゴミを捨てる工程はどうなっていたっけ」と考えます。「ネットで『○○市 粗大ゴミ 捨て方』と検索する」「市役所の該当ページを読んで捨て方を把握する」「他に粗大ゴミがないか調べる」・・などと分割できます。となると、最初の作業は「検索」です。すぐに手が動かせますよね。

何も意識しないと、人間の脳は、仕事を「一緒くたのかたまり」として覚えます。しかし、一緒くたのかたまりは、どこから手を付けるべきかが不明確です。そして、これも人間の習性で、ちょっと考えてよく分からないと、後回しにしてしまうんです。たとえば「マニュアル作り」「レイアウト改善」といった仕事を、分割せず大きなカタマリ単位のまま放置すると、脳が億劫に感じるのです。

だから、理性を使って、まず「一緒くたのかたまり」を分割しておきます。下ごしらえをするイメージです。そうすると、最小単位は「まず○○さんに声を掛ける」とか「検索する」です。これなら、スムーズに動き始めることが出来ます。

ちなみに、ライザップに代表される、プライベートダイエットサービスが(高額であるにも関わらず)ヒットしてますよね。あれは、痩せるまでの計画立て、手順をトレーナーが細かく設計、かつ管理までやってくれる事で、「次に何をすればいいのか」が明確になっているそうです。これも「小分け」の一例ですね。

もし、「重たいなあ」と感じたら、一旦立ち止まって小分けにしてみましょう。

まとめ

以上、怠ける自分をコントロールするためのコツをお伝えしました。

結果や評価を正面から受け止めず、一旦受け流し、そのあとで考える
   → 心が折れなくなり、冷静に・粘り強くなれます

納得したフリをせず、心底ハラオチするまで考える
  → 怠け心がなくなり、努力が続くようになります

仕事を一緒くたにしないで、細かく刻んでおく
  → 後回しが減り、着手がスムーズになります

私はまだまだですが、これらの3つを実践する事で、結構変わりました。どれも「自分に無理をさせない」工夫で、怠け者ですぐにへこたれてしまう自分には、ぴったりです(笑)

こうやって書いてみると当たり前の話ばかりのようですが、こんな当たり前のことでも、ちゃんと実践すれば効果がある(だから実践が大事)、とも言えます。

長い人生、どうせなら、少しずつでもいいので成長し続けて、少しでも豊かな人間になりたいものです。もし同じような事で悩まれている方がいましたら、ぜひ試してみてください!

この記事を書いた人

石黒健
エクステリア通販会社にて、店長業務に加えて物流・ユーザサポート・システム開発まで幅広く担当。市場ニーズと競合度を見極めて自社オリジナル商品を企画、自ら販促全般まで行って人気商品を量産。楽天ショップオブザイヤーにてジャンル賞を受賞したが、独自ドメイン店にも明るい。休日はバンド活動中。

このブログについて

楽天に出店している中小規模のネットショップのコンサルティングを行う「コマースデザイン株式会社」の社員ブログです。

ネットショップ運営相談室