スタッフブログ

散らかった仕事が一瞬で片付く、超シンプルな「問いかけ」

こんにちは、コンサルタントの大邉です。

先日、オフィス倉庫の片づけをしていて「物を捨てる難しさ」に頭を抱えることがありました。

たとえば、細かいケーブル類!(LANとか)
どう見ても余剰しているのに、いつか使う気がして躊躇してしまうんですよね。

おかげで一向に片付かないという悪循環。

これは困ったぞ、と解決策を探していたら、とある本(※)で紹介されていた、あるシンプルな「問いかけ」にたどりつきました。

その「問いかけ」を自問自答したところ、倉庫だけでなく、手持ちの仕事まで、面白いくらい片付くようになったんです!

ということで、今回は、この連休中に「部屋や仕事をスッキリ片付けたい」あなたに、ぜひ役立てて欲しい、とっておきの「問いかけ」をご紹介します。

今すぐ使えますよ!

「今、それがなかったとしたら…」

もったいぶらずに参ります。そのシンプルな問いかけというのは、こちらです。

「今、それがなかったとしたら、もう1度、お金を払って買いますか?」

もし答えがNoなら、迷わず捨てよ、ということです。

さきほどの倉庫の例です。PC10台に対して、予備のLANケーブルが5本あったとします。ここで普通に判断しようとすると、「断線もするし、5本くらいなら予備があってもいいな」と考えがちですよね。

が、ここで上記の問いかけです。

「PC10台分の予備ケーブルを買うとしたら、5本買いますか?」

いかがでしょう。買い過ぎな気がしてきませんか。せいぜい2~3本もあれば十分ですよね。あっさり割り切って、不要な分を捨てることができました。

仕事のタスク整理にも効果絶大

この問いかけは、仕事のタスク整理にも有効です。

「長らくTodoリストに滞留し、日々プレッシャーを放ち続ける塩漬けタスク」。働く人なら、誰しも心当たりがあるのではと思いますが……

ここでも、上記の問いかけです。

「滞留しているそのタスクを、今、思いついたとしたら、どれだけのコストを払って実行しますか?」

平たく言い換えれば、「いま冷静に見ると、やらなくて良くない?」という感じです。

思いついた時は、「時間を掛けてでもやるぞ(あしたの自分が)」と興奮気味に考えていたタスクが、実はそれほどでもなかった、なんてことはよくあります。1つや2つなら良いのでしょうが、それほどでもないタスクが4つ5つと滞留して、重荷になるのは、あまり健全とは言えませんよね。

考えてみると、「せっかくあるのに捨てるのもったいない」と「一度立てた計画は実行せねば」とは、似た心理だと思いませんか。

買ってしまった自分、思いついてしまった自分に義理立てする必要はありません。上記の「問いかけ」を使って、思い切って捨てる勇気を持ちましょう。

* * *

みなさんも、何だか片付かないな、やることが多いな、というときに、ぜひ、問いかけてみてください。今日から断捨離のプロになれるかもしれません!

(※出典:グレッグ・マキューン著『エッセンシャル思考』 2014年)

この記事を書いた人

大邉 勇介
TSUTAYAにて、リアル店舗の新規出店業務に携わる。マーケティングからコンセプト立案、在庫調達、売場作成まで幅広く経験。2000坪の大型店、海外、図書館内出店まで、手掛けた店舗は120を超える。楽天市場の超ヘビーユーザーでもあり、豊富な事例知識を使った提案に強みを持つ。映画の目利きに自信あり。

このブログについて

中小ネットショップ専門のコンサルティングを行う「コマースデザイン株式会社」の社員ブログです。

値引きや広告に頼らない販促施策を中心に、小さな会社や1人事業のための業務改善・組織運営術など、経営全般にわたって支援をしています。

当社について

Eコマースの運営ノウハウ本を出版し、10回以上増刷されて業界で1位のベストセラーとなりました。



弊社の知見や取り組みは、NHKなど多くのメディアでも紹介されています。

ネットショップ運営相談室

代表ブログ